ニュース
» 2007年01月16日 12時10分 UPDATE

スリム&スクエアのエレガントケータイ──光りの演出も新しくなった「W51S」

「スリム、スクエア、おしゃれ」──それほど高機能は求めないが、所持する携帯のデザインにはこだわりたい。「W51S」そんなユーザーをターゲットにするエントリーモデルだ。

[岩城俊介,ITmedia]

 2006年は「W41S」(折りたたみ)、「W42S」(スライド)、「W43S」(折りたたみ)、「W44S」(デュアルオープン)と、形状やデザインに特徴のある端末を4機種も投入したソニー・エリクソン・モバイル。今回の2007年春モデルは、スリムでエレガントな印象を受ける折りたたみ形状のモデルとなった。

photo ソニー・エリクソン・モバイル製「W51S」。カラーはフローピンク、ラティスブラック、ラスターベージュの3色を用意する

 その折りたたみ形状のボディは、W43Sの後継という位置付けとなるだろうか。W43Sと同じく、裏面に約0.9インチのサブディスプレイを搭載し、EZ FeliCa機能を装備。メインディスプレイはQVGA表示対応の2.7インチのワイド液晶を採用する。

 光りの演出は、背面全体が光り、パネル着せ替え型だったW43Sとは少し趣きを変え、音声着信時やメール着信時に、本体表面のテクスチャーの内側からアイコンが浮かび上がる仕掛けなどを設ける。

 カメラは有効約201万画素CMOS。プリセットアプリには、バンダイナムコゲームスのアクションパズル「メテオス」や、脳科学者の茂木健一郎博士が監修を務める「アハー! ピクチャー」に加え、ケータイを開ける度にちょっとした豆知識が表示さえる「まちうけ文庫」を用意する。


機種名 W51S
サイズ(幅×高さ×厚み) 約48×105×19.3ミリ
重さ 約115グラム
連続通話時間 約210分
連続待受時間 約270時間
カメラ 有効約201万画素CMOS
外部メモリ メモリースティックDuo、メモリースティックPRO Duo(別売り)
メインディスプレイ 2.7インチワイドQVGA液晶(240×432ピクセル)
サブディスプレイ 約0.9インチ液晶(120×27ピクセル)
ボディカラー フローピンク、ラティスブラック、ラスターベージュ

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.