ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W51SA」最新記事一覧

「W51SA」の“ここ”が知りたい(1):
スライドの操作感は?──「W51SA」
三洋電機製の端末では、W31SA II以来のスライド端末として登場する「W51SA」。ワンセグ&横向きスタイルに各社が工夫を凝らす中、プレーンな機構を採用したスライド機構に関心が集まった。(2007/2/19)

内蔵メモリ1Gバイトのワンセグ端末「W51SA」発売──新規は2万円台半ば
「W31SA II」以来となるスライドボディを採用した三洋電機製のワンセグ端末「W51SA」が都内で店頭に並んだ。(2007/2/16)

ドコモの「F903iX」「D903iTV」「P903iTV」、auの「W52T」「W51SA」がモバイルSuicaに対応
JR東日本がモバイルSuica対応機種に、ドコモの「F903iX HIGH-SPEED」「D903iTV」「P903iTV」、auの「W52T」「W51SA」を追加した。(2007/2/16)

スライド型ワンセグ端末「W51SA」とワンセグ普及機「W51T」発売──2月9日から
三洋電機製のスライド型ワンセグケータイ「W51SA」と、ワンセグ+デジタルラジオの受信に対応した東芝製の普及モデル「W51T」が、2月9日以降に順次発売となる。(2007/2/8)

ワンセグを“スマート”に楽しむためのスライドボディ──開発者に聞く「W51SA」
「ワンセグを入門用として手軽に使ってもらうための“スライド・ワンセグ”。2007年春モデルとしてずらりと並んだワンセグ・ケータイの中で、W51SAがスライドを採用したのは、“手軽にテレビを見てもらう”ためだった。(2007/2/1)

写真で解説する「W51SA」
「W51SA」は三洋電機のワンセグケータイ最新モデル。ワンセグや着うたフルなど、さまざまなコンテンツを1Gバイトの大容量内蔵メモリーに保存できるのが特徴だ。(2007/1/17)

1Gバイトのメモリを内蔵したスライド型ワンセグ端末──「W51SA」
「W51SA」は、三洋電機製端末としては「W31SA II」以来となるスライド型ボディを採用したワンセグ端末だ。1Gバイトの内蔵メモリを搭載する。(2007/1/16)

京セラ製「W52K」、三洋電機製「W51SA」がJATE通過
W5xの型番を持つ、京セラ製と三洋電機製のau向け端末2機種がJATEを通過した。京セラ製端末は2006年9月認定のW51Kに続く2機種目(2007/1/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。