ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W52H」最新記事一覧

関連キーワード

伊東美咲さんテレビCMの裏側公開──日立の携帯情報サイト「forケータイLovers」
日立製作所の携帯情報サイトで、伊東美咲さんが出演するW52HのテレビCM動画やCM撮影の裏側などが公開されている。(2007/9/5)

「W52H」の“ここ”が知りたい(1):
スピーカーとイヤフォンの自動切り替えはできるか──「W52H」
薄型液晶テレビ「Wooo」の高画質化技術を取り入れたワンセグケータイ「W52H」。質問もワンセグに関するものが多かった。(2007/6/12)

最大7時間の連続ワンセグ視聴が可能な「W52H」、新規価格は約1万円
1100mAhの大容量電池パックを搭載し、最大7時間のワンセグ視聴が可能な日立製作所製WIN端末「W52H」が発売された。都内量販店での新規契約価格は1万290円(ITmedia調べ、以下同)。(2007/6/8)

「D904i」「W52H」「W52SA」がモバイルSuicaに対応
ドコモの夏モデル「D904i」と、auの夏モデル「W52H」「W52SA」がモバイルSuicaに対応した。(2007/6/6)

“Wooo”の技術を採用したワンセグ端末「W52H」、6月7日から販売開始
薄型テレビ“Wooo”の高画質化技術を採用した、回転2軸型の日立製作所製ワンセグ端末「W52H」が6月7日に沖縄地域から発売される。(2007/6/6)

写真で解説する「W52H」
「Wooo」の高画質化技術を採用した約2.9インチワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応のIPS液晶を搭載する「W52H」。新たに1100mAhの大容量バッテリーを採用するなど、ワンセグを楽しむための機能を追求している。【写真追加】(2007/5/23)

「Wooo」の高画質化技術+連続ワンセグ視聴7時間──「W52H」
日立製作所製の「W52H」は、同社の薄型テレビ「Wooo」の技術を取り入れたワンセグケータイ。大容量バッテリーの搭載で、ワンセグの最大連続視聴時間を7時間に伸ばし、画質や録画機能にもこだわった。(2007/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。