ニュース
» 2007年05月22日 11時10分 UPDATE

「Wooo」の高画質化技術+連続ワンセグ視聴7時間──「W52H」

日立製作所製の「W52H」は、同社の薄型テレビ「Wooo」の技術を取り入れたワンセグケータイ。大容量バッテリーの搭載で、ワンセグの最大連続視聴時間を7時間に伸ばし、画質や録画機能にもこだわった。

[遠藤学,ITmedia]
image

 日立製作所製の「W52H」は、回転2軸ボディにワンセグとデジタルラジオを搭載したWIN端末だ。ボディカラーはフレスコオレンジ、レリーフブラック、グレイズシルバーの3色を用意する。

 端末は直線的ながら、持ちやすさを意識したデザインで、しなやかで張りのある曲線を取り入れた。フレスコオレンジはマット、レリーフブラックは立体パターン、グレイズシルバーはクリアといったように、本体カラーによって端末背面の質感を変えているのも大きな特徴だ。

 メインディスプレイは日立製作所の薄型テレビ「Wooo」の技術を採用した約2.9インチワイドQVGA(400×240ピクセル)のIPS液晶。高画質処理エンジン「Picture Master for Mobile」を搭載し、ヒストグラム伸張型ガンマ補正、画面輝度対応イコライジング補正、彩度補正に加え、屋外での画質を向上する光センサー連動ガンマ補正といった高画質化機能を装備。また、視聴している番組に合わせて、「標準」「シネマ」「色鮮やか」の3種類から画質が選べるようになった。

 新たに1100mAhの大容量バッテリーを採用したことで、W43Hでは4時間15分だったワンセグ連続視聴時間は約7時間を実現。新バッテリーの恩恵はワンセグだけに留まらず、音楽の連続再生時間も約28時間に伸び、連続待受時間は約450時間、連続通話時間は約330分を実現している。

image

 録画予約に加え、録画中に着信やメール受信があっても、録画したまま通話やメールの返信が行えるバックグラウンド録画に対応。このほか、録画番組を音声付きの1.3倍速で再生する「音声付時短再生」や、ワンセグ視聴中に着信があった場合、通話終了後に自動でタイムシフト再生が始まる機能など、ワンセグを楽しむための機能が充実している。

 音楽機能は着うた/着うたフルなどをサポートし、LISMO ビデオクリップにも対応。PCサイトビューアーやPCドキュメントビューアー、オープンアプリプレーヤーを搭載しており、高速赤外線通信が可能なIrSimpleも備える。

機種名 W52H
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×106×22(最厚部約25ミリ)ミリ
重さ 約141グラム
連続通話時間 約330分
連続待受時間 約450時間
カメラ AF・手ブレ軽減付き有効207万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売り)
メインディスプレイ 約2.9インチワイドQVGA(240×400ピクセル)IPS液晶
サブディスプレイ 約1.1インチ(128×36ピクセル)
ボディカラー フレスコオレンジ、レリーフブラック、グレイズシルバー

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



この記事に関連するキーワード

W51HW52HワンセグデジタルラジオWoooauKDDI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.