ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W53K」最新記事一覧

関連キーワード

写真で解説する「W64K」
「W64K」は2007年秋冬モデルのW53Kのコンセプトを継承したスタンダードなコンパクトワンセグモデル。背面パネルの全面にメタリック調パーツを使用し、鏡面仕上げのような“派手目”なデザインが特徴だ。(2008/6/5)

開発陣に聞く「W53K」:
スタンダード端末「W53K」に見る京セラの“こだわり”
 W44Kのイメージをそのままに、ワンセグを搭載したauの京セラ製スタンダードモデル「W53K」。機構上は約1年前に登場した「W51K」の後継モデルとなり、なんとW51Kから4.6ミリも薄くなった。(2008/1/17)

au「W53K」発売、“フルサポートコース”での新規価格は1万円台後半
auのスリムワンセグ端末「W53K」が関東・九州エリアで発売された。au買い方セレクトのシンプルコースを選択した際の価格は3万9980円。フルサポートコースを選択すると1万8900円になる。(2007/11/22)

厚さ15.4ミリのスリムワンセグ「W53K」、11月17日から順次発売
KDDIは、2007年au秋冬モデル第2弾「W53K」(京セラ製)を11月17日から順次発売する。(2007/11/16)

井川遥を“その気に”させた、スリムワンセグ「W53K」
11月下旬に発売されるauの京セラ製端末「W53K」。発売を前に、井川遥さんが出演するCMが発表された。黒と白の世界に“2人の井川遥”が登場し、これまでにない表情の井川さんを見ることができる。(2007/11/14)

写真で解説する「W53K」
京セラの人気端末「W44K」のコンセプトを踏襲し、厚さ15ミリ台のスリムな回転2軸ボディにワンセグ機能を搭載した「W53K」。基本スペックを充実させ、スタンダードモデルとしての使い勝手をさらに改善した。(2007/10/16)

ハーフミラーにイルミが美しく浮かぶ“15.4ミリのスリムワンセグ”――「W53K」
京セラ製の「W53K」は、厚さ15.4ミリのスリムな回転2軸ボディにワンセグを搭載するWIN端末。ハーフミラー処理された背面には、有機ELによる多彩なイルミネーションが浮かび上がる。(2007/10/16)

携帯秋冬モデルが続々JATE通過──シャープ製の「SH905i」、京セラ製の「W53K」
2007年秋冬モデルと思われるドコモ向けの「SH905i」、au向けの「W53K」がJATEを通過した。(2007/9/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。