ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W53SA」最新記事一覧

関連キーワード

“大人の癒し”を演出する防水ワンセグケータイ――「W62SA」
「W62SA」は、防水ワンセグケータイW53SAの進化モデル。ヒーリングイルミネーションやEZケータイアレンジで“大人の癒し”を追求し、リラックスしながらワンセグを楽しむのに適したスタイルを採用した。(2008/1/28)

KDDI、「W53SA」のソフト更新を開始──電源リセットなどの問題を修正
KDDIが11月21日、三洋電機製WIN端末「W53SA」のケータイアップデートを開始した。添付ファイル付きメールを外部メモリへコピーした場合やEZニュースフラッシュ更新時などに発生する不具合を解消する。(2007/11/21)

防水にかける心意気はパーツに宿る──機構設計担当が解説する「W53SA」(後編)
鳥取三洋電機の「W53SA」は、ワンセグも音楽もキッチンやバスルームで楽しめる防水ケータイ。パーツの細部に至るまで、防水機構へのこだわりが見られる。(2007/8/1)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ぱぱっとすすっと、カメラで“遊べる”防水ケータイ──「W53SA」
キルティング加工を施したような特徴のあるデザインに、ワンセグと防水性能を備えた三洋電機製の「W53SA」。特にカメラ機能を強く意識した端末ではないが、防水性能による活用範囲の広さや「ぱぱっとパノラマ」など、カメラで“遊べる”機能を搭載する。早速、本機のカメラ性能はどうか、どう遊べるか試してみよう。(2007/7/31)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

“女”防水ワンセグの中身はこうなっている──機構設計担当者が解説する「W53SA」(前編)
厚さ20ミリのスリムなボディにワンセグと防水機能を搭載した「53SA」。“防水Xacti”開発チームの協力を得て開発されたこの端末は、緻密な防水構造を持つ端末に仕上がった。この防水の仕組みについて、鳥取三洋電機の機構設計チームに聞いた。(2007/7/27)

防水ワンセグで新規価格が約1万円──「W53SA」
7月12日から各地で順次、発売される三洋電機製の防水ワンセグケータイ「W53SA」。都内量販店の新規価格は約1万円。(2007/7/12)

キルティング加工風の防水ワンセグ「W53SA」、7月12日から順次発売
背面にキルティング風の加工を施した、女性向け防水ワンセグケータイ「W53SA」が7月12日から順次店頭に並ぶ。au端末としては2機種目の防水ワンセグケータイで、バスルームやキッチンなどの水回りでWebやメール、ワンセグを楽しめる。(2007/7/11)

「W53SA」の“ここ”が知りたい(1):
メールの「一括送信ボックス」は健在?──「W53SA」
防水ワンセグとして登場する三洋電機製の「W53SA」。ワンセグに加え、キッチンやバスルームなどの水回りでも使える防水性能も備えるため、普段使いの携帯としてその具体的な実用面への関心も高いようだ。(2007/6/20)

写真で解説する、女ワンセグ「W53SA」と男ワンセグ「W52SA」
三洋電機のワンセグ携帯は、女性を意識した防水ワンセグ「W53SA」と、デザインを男性に振ったソリッドな「W52SA」。両者の違いと特徴を見ていこう。(2007/5/25)

お風呂で使える防水ワンセグ、ボディは優美なマトラッセ風──「W53SA」
ワンセグケータイが防水機能を手に入れた──。それが三洋電機製の「W53SA」だ。IPX5、IPX7相当の防水に対応し、バスルームやキッチンなどの水回りでもワンセグや音楽、メールなどの機能を楽しめる。(2007/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。