ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W55T」最新記事一覧

「W55T」レビュー:
違いの分かるオトナへ──触れた瞬間に感じる“極上プレミアム”「W55T」
必要な機能だけをクレジットカードサイズのボディに詰め込んだ、極薄+“プレミアム”デザイン──。厚さ9.9ミリの極薄ステンレスボディを採用するauの秋冬モデル「W55T」は、どれだけ“プレミアム”で、どれだけ“エレガント”に使えるだろうか。ビジネスユーザー向けの機能を軸に使い勝手をチェックする。(2007/12/18)

厚さ9.9ミリのカードサイズケータイ「W55T」、12月7日から順次発売
KDDIは、厚さ9.9ミリの東芝製端末「W55T」を12月7日から順次発売する。クレジットカードを意識したデザインで、カラーもゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの3色を用意する。(2007/12/6)

最薄部9.9ミリの「W55T」premium version、11月30日発売──3000台限定
KDDIは11月30日に、クレジットカードをイメージした最薄部9.9ミリの東芝製WIN端末「W55T」premium versionを特設販売サイトで発売する。11時からの先着順販売で、価格はフルサポートコースが3万1500円、シンプルコースなら5万2500円。(2007/11/20)

写真で解説する「W55T」
ステンレスパネルを採用し、クレジットカードと同じくゴールド/プラチナ/ブラックの3色を揃える厚さ9.9ミリの“CARD SIZE SLIM”ケータイ、それが東芝製の「W55T」。そのサイズゆえ決して多機能ではないが、ターゲットユーザーとする30〜40代の男性や携帯に高い機能を求めない層に“プレミアム”感で訴求できる端末に仕上げた。(2007/10/17)

動画で見る「W55T」
厚さ9.9ミリを実現した“CARD SIZE”ケータイ──それが東芝製の「W55T」。採用カラーは「プラチナ」「ゴールド」「ブラック」の3色で、クレジットカードの種類に由来する。カラーネームからして“プレミアム”なイメージを演出する極薄端末だ。(2007/10/16)

厚さ9.9ミリ、クレジットカードサイズの極薄ケータイ――「W55T」
10ミリを切る極薄WIN端末として登場するのが東芝製の「W55T」。クレジットカードサイズのボディは背面がステンレスパネルで覆われ、ヘアライン加工や鏡面処理を施して金属の高級感を演出した。(2007/10/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。