ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2009年02月25日 09時19分 UPDATE

Google、欧州のMS独禁法問題に協力申し出

Googleは、同社がChromeブラウザを立ち上げた経験から学んだことが調査の役に立つと考えている。

[ITmedia]

 米Googleは2月25日、欧州委員会が米Microsoftに対して独禁法違反容疑で行っている調査に、第三者として参加することを申請すると明らかにした。

 この調査は昨年、欧州委員会がOpera Softwareからの申し立てを受けて開始した。Operaは、Microsoftが行っているブラウザとOSの抱き合わせは独占禁止法に違反すると訴えている。同委員会は先月、Microsoftに同社が独占的地位を不正に利用したとする異議告知書を送った

 Googleは調査への参加を希望する理由について、ブラウザはインターネットに欠かせないものであることや、「MicrosoftがInternet ExplorerをOSと抱き合わせて、ほかのブラウザに対して不当に有利な立場を得ているため」ブラウザ市場はまだ競争がなく、それが革新を妨げているという同社の見解を挙げている。

 「この議論に貢献できると確信している。当社は昨年Google Chromeブラウザを立ち上げる際に多くのことを学んだ。当社の見解は欧州委員会が是正措置を検討する際に役に立つだろう」

 この独禁法問題に関しては、先にMozilla Foundationのベイカー・ミッチェル会長が欧州委員会を支持するコメントを発表している。

関連キーワード

Microsoft | 独占禁止法 | ブラウザ | EU | Google | Opera | Mozilla


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.