ニュース
» 2009年03月11日 07時48分 UPDATE

英新聞Guardian、オンラインコンテンツの無料転載サービスを立ち上げ

英国の大手新聞社Guardianが、オンラインコンテンツを無料で転用できるシステムを立ち上げた。

[ITmedia]

 英Guardianは3月10日、同社サイトguardian.co.ukで公開しているコンテンツを、他社が無料で転用し、自社サイトで利用できるサービス「Open Platform」を立ち上げた。企業は、Guardianのコンテンツを利用して独自のアプリケーション(商用を含む)を構築できる。

 現在はβトライアルの段階だが、将来的には広告ネットワークを構築し、コンテンツ利用にはGuardianの広告掲載を条件とする見込み。

 Open Platformは2種類のコンテンツ共有サービスで構成されている。1つはGuardianが提供する「Content API」を用い、Guardianのコンテンツを取り入れたアプリケーションやサービスを構築するというもの。もう1つは、Guardianの編集者が編集、管理するすべての統計データを集めた「Data Store」で、このデータも自由に利用できる。

 現在彫刻ギャラリーのCass Sculpture Foundationが、Content APIを利用して、英国のアーティストに関するGuardianの記事を自社サイトに取り入れている。

api アーティストの紹介ページの右端にGuardianの関連記事へのリンクが表示されている

 なおContent APIで利用できるのは、GuardianとObserver(Guardianの日曜版)の記者、Guardianと契約を結んでいるフリーランスライターの記事など、Guardianが著作権を保有する記事のみ。現在利用できるのはテキストのみだが、将来的にはビデオなども提供する予定という。

 Data Storeでは、これまでGuardianの編集者が収集してきた各種統計データを提供する。現時点では、英国の児童貧困に関するデータ、世界各国の二酸化炭素排出量など、80種類の統計データがGoogle DocsのSpreadsheetで用意されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -