ニュース
» 2009年03月19日 08時36分 UPDATE

YouTubeに善処を求む:「Wiiポイントを無料でゲット」、宣伝動画でマルウェア配布

「2000ポイントが無料でもらえる」などの文言につられてファイルをダウンロードすると、キーロガーやトロイの木馬に感染する。

[ITmedia]

 任天堂のゲーム機Wiiのポイントが無料で手に入るとうたった宣伝動画がYouTubeで流れている。これはキーロガーやトロイの木馬に感染させることを狙った詐欺動画だと、セキュリティ企業のFaceTime Communicationsがブログで伝えた。

 FaceTimeのSpywareGuideブログによると、問題の映像は「Wiiポイントジェネレータ」のタイトルが付き、「Wiiポイントカード」の画像を表示。「2000ポイントが無料でもらえる」などの文言につられてユーザーがファイルをダウンロードすると、偽のエラーメッセージが表示され、不正ファイルの実行を促される。このファイルはユーザーのPC上でログを記録して外部に送信してしまうという。

wiispam.jpg マルウェア感染を誘う偽広告(F-Secureより)

 F-Secureによると、YouTubeには数カ月前から、Wiiを狙った同じような詐欺ビデオが多数投稿されている。さらに、「XBoxポイントジェネレータ」「iTunesギフトカード」の名称でも、マルウェアやフィッシング詐欺サイトに誘導する動画が見つかった。

 F-Secureはこの問題をYouTubeに通報したが、YouTubeには映像の内容に関する規定はあっても、このような詐欺目的動画について注意を促すような規定は見当たらないといい、YouTube側の早急な対処を望むとF-Secureは述べている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -