ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マイレージ/ポイント制度」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スマートハウス:
低価格で軽量な宅配ボックス「COMBO-Light」、アンカー不要で接着施工に対応
国土交通省は2019年10月1日から次世代住宅ポイント制度をスタートする。同制度では、“家事負担軽減に資する設備”として、住宅用宅配ボックスが補助金の対象となる。これを受け、パナソニックは、同日から後付け用宅配ボックス「COMBO-Light」を全国のパナソニックショールームで展示を始めるとともに、受注を開始し拡販を図る。(2019/10/2)

コード決済の満足度1位は「PayPay」、店舗やキャンペーンが高評価 J.D.パワー調査
J.D.パワーが「2019年QRコード・バーコード決済サービス顧客満足度調査」の結果を発表。総合満足度ランキング1位は「PayPay」で、特に「利用できる店舗・ウェブサイト」「キャンペーン/ポイントサービス」の評価が高い。(2019/9/18)

端末半額サービスも継続:
KDDI、新料金プラン発表 楽天参入は「意識せず」 今度はポイントプログラムで“囲い込み”
KDDIが9月12日、10月からの新料金プランを発表。SNSのデータ消費がなくなるプランなどが登場。端末の半額サポートも維持する。ポイントプログラムへ新たにステージ制を導入。「通信と端末の分離」で進みそうなユーザー離れに歯止めを掛ける狙い。楽天の参入が遅れている件については「そこまで意識していない」としている。(2019/9/13)

新「au WALLET ポイントプログラム」が2020年3月に始動 ステージに応じてポイント付与
KDDIが2020年3月以降、新たな「au WALLET ポイントプログラム」を提供する。現在のポイントプログラムでは、auの利用期間の応じてポイントを付与しているが、今後はステージに応じてポイントを付与する。ステージは4つあり、auユーザー向けの特典も用意する。(2019/9/12)

Kyashが2%還元を終了 キャッシュレス還元対応でポイントサービス開始
Kyashは、これまでの2%還元を9月30日で終了し、新たに決済金額の1%をリアルタイムに付与するKyashポイントを開始する。「キャッシュレス・消費者還元事業」に対応し、対象加盟店での利用で5%または2%のポイント還元を実施。(2019/9/5)

ヨドバシカメラがSIMフリー「iPad」を販売開始 10%ポイント還元も
ヨドバシカメラは8月30日、マルチメディアAkibaとマルチメディア梅田の2店舗でSIMロックフリー「iPad」の取り扱いを開始した。8月30日から9月16日までの期間中に、ゴールドポイントカード・プラスでiPadを購入すると10%のポイントを還元する。(2019/8/30)

「au WALLETポイントプログラム」提供へ ステージに応じてポイント還元アップ
KDDIが「au WALLETポイントプログラム」を提供する。8月28日の「au UNLIMITED WORLD」発表会で高橋誠社長が発表し、「詳細は近日発表する」とした。4つのステージを設け、auサービスの“活動量”に応じてポイント還元率が上がる。(2019/8/28)

ヨドバシのポイントカード、石井スポーツに導入
ヨドバシHDは、4月に買収したアウトドア用品店・ICI石井スポーツとアートスポーツの各店舗に、「ヨドバシゴールドポイントカード」のシステムの導入を完了し、運用を始めた。(2019/8/26)

貯まったポイントをクーポンに交換できる「DiDiポイントプログラム」開始
DiDiモビリティジャパンがポイントプログラムを開始。前月の利用金額に応じて会員ランクが決まり、ランクによって1〜3ポイントたまる。貯まったポイントはクーポンに交換できる。(2019/8/14)

客単価が1割増 もう1つのキャッシュレス、店舗のプリペイドカードが伸びる理由
「◯◯Pay」の話題が尽きることがないが、その裏側では各店舗が発行する専用のプリペイドカード(ハウスプリペイド)が活況だ。事前にチャージするという仕組みが、強力な囲い込み効果を発揮する。また、ポイントカードに代わり、スマホと連携することでCRM利用も進みつつある。(2019/8/2)

楽天モバイルがDMM.comから「DMM mobile」「DMM光」を譲受 9月1日付で
MNO事業への参入準備を進める楽天モバイルが、DMM.comからMVNO事業とインターネット接続事業を承継する。基本的には承継後も同じサービスを受けられるが、ポイントサービスは変更される予定だ。(2019/7/9)

ファミペイで「お財布レス」目指すファミマ 88億円還元キャンペーンも実施
ファミリーマートは、バーコード決済「FamiPay」を7月1日から展開する。スマートフォンアプリ「ファミペイ」にはポイントカード機能やクーポン機能も盛り込み、「お財布レス」コンビニを目指す。(2019/6/27)

携帯キャリアや主要MVNOのユーザーが最もよく使うポイントは? MMDが調査
MMD研究所は、6月6日に「通信会社と利用ポイントに関する調査」の結果を発表した。通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスであり、満足度が最も高かったのは「楽天スーパーポイント」。通信会社の継続理由へのポイントの影響は、平均で68.4%となった。(2019/6/6)

「あなたの番です」袴田吉彦(久住譲)が袴田吉彦(本物)を殺したい――ドラマに「ポイントカード」自虐をぶっこんできた5話 “3人の実行犯”を推理
この世界には、袴田吉彦が演じる久住譲と、袴田吉彦が演じる袴田吉彦が存在している。(2019/5/19)

ドトールとエクセシオールで「dポイント」が利用可能に
NTTドコモの提供するポイントサービス「dポイント」が、6月3日からドトールコーヒーブランドで利用可能となる。会計200円(税込)ごとにdポイントが1ポイントたまり、カフェでの飲食にも使える。開始に先駆け、4月22日からコーヒーを無料でサイズアップするキャンペーンを行う。(2019/4/19)

ドトールがdポイントに対応 Tポイントは本日終了
ドトールとエクセルシオールが、6月3日からdポイントに対応する。先立って、dポイントカードを提示するとドリンクのサイズがアップするキャンペーンも実施する。(2019/4/19)

ドトールとスタバ、分かれる「モバイル決済」戦略 “自前主義”か“オープン主義”か
ドトールコーヒーが、プリペイドカード「ドトールバリューカード」の機能を搭載したスマホアプリを提供する。モバイル決済とポイントサービスで“自前主義”を貫くドトールに対し、スターバックスは「LINE Pay」とも協業。(2019/4/18)

公取委、アマゾン調査を打ち切り 出品者負担のポイント還元“強制ルール”撤回で
公正取引委員会がアマゾンジャパンのポイントサービス利用規則に関する調査を終了。商品の購入者に付与するポイントの原資を出品者に負担させるという方針を、アマゾンジャパンが撤回したため。(2019/4/11)

Amazonポイントプログラム、出品者のポイント付与義務撤回 規約変更受け公取もコメント
2月に発表された際に、物議を醸していました。(2019/4/11)

ファミマ、「dポイント」「楽天ポイント」を導入 「Tポイントのみ」から「オープン主義」へ
ファミリーマートが「dポイント」「楽天スーパーポイント」を11月から導入。従来はTポイントのみだったが、今後は「オープン主義のもと、さまざまなポイントプログラムとの連携を検討する」という。(2019/4/10)

ウェルネスを応援するポイントサービス「ウェルちょ」 ブロックチェーンで安全性も担保――三井物産ら、共同実証へ
三井物産は、健康を意識した買い物でポイントがたまる共通ポイントプログラム「ウェルネス貯金(ウェルちょ)」を開始。たまったポイントでマッサージや健康診断などを受けられる。システム基盤には、IBMのブロックチェーン技術を活用し、高い改ざん耐性やセキュリティを担保した。(2019/2/14)

ポイントカードはいつから始まった? 国内初導入したのはあの有名企業
ポイントの話をよく聞くタイプのお店。(2019/2/5)

トークンエコノミーで保険加入者の健康増進に貢献:
富士通エフ・アイ・ピー、住友生命に「ValueFrontポイントサービス」を提供
富士通エフ・アイ・ピーは住友生命保険に「FUJITSU リテイルソリューション ValueFrontポイントサービス」を提供開始した。(2019/2/1)

ドトール、Tポイント終了へ
ドトールコーヒーが「Tポイント」の付与や利用を終了する。今後、他社のポイントサービスを導入するかは未定という。(2019/2/1)

スマホのロック解除でJRE POINTがたまる JR東日本が実証実験アプリを提供
バズヴィルは、1月30日に同社のロック画面広告配信機能(BuzzScreen)を使用した実証実験用アプリ「貯まるスクリーン × JRE POINT」を提供開始。ロック画面上でJR東日本の運行情報やニュースを確認できるほか、ロックを解除するだけでJR東日本グループの共通ポイントサービス「JRE POINT」を貯めることもできる。(2019/1/31)

ポイント連携機能を備えた訪日外国人向けアプリ「Ponta JAPAN Wi-Fi」登場 2月上旬に配信開始
ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が、「Ponta」を提供するロイヤリティマーケティングと協力して、新たな訪日客向けWi-Fiスポットアプリを開発。Wi-Fiスポットへの無料接続機能に加えて、Pontaや「Ponta Global Alliance」に参画する海外ポイントサービスと連携したポイントサービスも利用できる。(2019/1/31)

スマートスタジアム構想を打ち出す楽天:
現金利用不可「楽天生命パーク宮城」と「ノエビアスタジアム神戸」が完全キャッシュレスへ
楽天グループのプロ野球、プロサッカーチームのホームスタジアム2カ所が、完全キャッシュレス化に対応。現金決済の取りやめ、QRコード決済「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy」、ポイントカード「楽天ポイントカード」、各種クレジットカードとデビットカードだけに対応する。(2019/1/10)

ちょっとした注意点も 「Ponta×Apple Pay」の使い方
ローソンなどが参加する共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」が、iOS 12以降を搭載する「iPhone」やwatchOS 5以降を搭載する「Apple Watch」でコンタクトレス(非接触)利用できるようになった。Apple Payの非接触決済機能と併用も可能だが、ちょっとした注意点もある。(2018/11/7)

LED光源から信号を送る:
スマホをスタンプカードにする「光スタンプ」 CCCマーケとパナソニックが開発
キャッシュレス決済の推進と並行して、従来紙に押していたスタンプカードにもスマホ化の流れが始まりつつある。LED光源からの光をスマホで読み取って電子的にスタンプを押す仕組みを、CCCマーケティングとパナソニックが開発した。(2018/11/5)

「ポイントカードの持ちすぎ」解消へ 紙のスタンプを電子化、CCCとパナソニック
CCCマーケティングとパナソニックが「電子スタンプ」を共同開発。商店街の店舗などのスタンプを電子化し、スマホアプリで記録・管理できるようにする。(2018/11/5)

Apple Payならローソン「Ponta」ポイント取得と支払いが同時に iPhone、Apple Watchかざして
ローソンのポイントシステムPontaがApple Payにフル対応。ポイントシステムとしては世界初だという。(2018/11/1)

LINEウォレット、ポイントカードやクーポンを一括管理できる機能を追加
LINEウォレットへ、新機能「マイカード」と「LINEクーポン」が登場。ポイントカードや会員証の情報を一括して管理できるほか、全国の店舗で展開するクーポンを集約して利用することができる。(2018/10/31)

Apple PayでPontaカードの利用が可能に 11月7日から
ローソンは、Apple Payの使用で共通ポイントサービス「Ponta」が貯まるサービスを提供開始。PontaカードをiOS 12のApple Walletに追加すれば、Pontaカードの提示やバーコード、QRコードのスキャンを行わずにPontaポイントが貯まる・使えるようになる。(2018/10/31)

Y!mobileの「パケットマイレージ」がリニューアル パートナー募集も
ソフトバンクは、Y!mobile向け「パケットマイレージ」をリニューアルしてマイルがたまる対象サービスを大幅拡大。これに合わせ、コンテンツパートナーの募集も行う。(2018/10/16)

Google Playでポイント制度「Google Play Points」開始 ためたポイントをアイテムやクレジットと交換可能
使用額に合わせて会員レベルが上がり、ポイントがたまりやすくなる仕組み。(2018/9/19)

Google Play、ポイントプログラム導入 アプリ購入でポイント付与、ゲーム内アイテムと交換も
Google Japanが「Google Play Points」を導入。Google Playの支払いなどで獲得したポイントを、ゲームアプリ内のアイテムなどと交換できるようになる。(2018/9/18)

JR西、新ポイントサービス「ICOCAポイント」10月開始
JR西日本が新たなポイントサービス「ICOCAポイント」を10月1日に開始する。1カ月の乗車回数などに応じて得たポイントをICOCAにチャージして使えるようにする。(2018/8/10)

法人向けポイントサービスの拡販および機能追加・改善を推進:
「LINE ポイントコネクト」、認定パートナー9社が取り扱いを開始
LINEは、同社の認定パートナー9社が、法人向けポイントサービス「LINE ポイントコネクト」の取り扱いを開始したと発表した。(2018/8/9)

広告主取材後にサイト消滅 関係者が語る「違法同人誌サイト」運営の手口 “有料ポイント制”で荒稼ぎも
違法同人誌アップロードサイト被害者は「違法行為だと理解して」と悲痛な胸の内を告白。(2018/7/20)

民泊でTポイントたまる Airbnbが年内に導入へ
AirbnbとCCCは6月14日、TポイントサービスをAirbnbに2018年内に導入すると発表した。民泊を利用するとTポイントがたまる。Airbnbを日本国内でも身近で使いやすいものにする狙い。(2018/6/14)

「タニタカフェ有楽町店」がオープン タニタが狙う“千代田区OL”
いっぱい歩くとグッズがもらえるポイントサービスも。(2018/6/5)

アンカー・ジャパン、ECサイト「Anker公式オンラインストア」をオープン
Ankerの公式ECサイトではポイント制度付き会員プログラムも提供している。(2018/5/31)

乗車履歴も確認可能:
Google Pay、SuicaとWaonも利用可能に
Google日本法人は5月24日、複数の電子マネーやポイントカードをまとめて管理できる支払いサービス「Google Pay」にSuicaとWaonを加えると発表した。(2018/5/24)

PR:ポイント制の人事評価システムは何がすごい? ITmediaの営業チームが使ってみた
(2018/5/21)

ダブルでポイントがたまる:
ドコモの「dポイント」がマツキヨでも利用可能に 両社の狙いは?
ドコモのポイントサービス「dポイント」が、4月30日からマツモトキヨシで使えるようになる。dポイントとマツキヨポイントの両方がたまる。両社がポイントサービスで協業する狙いは?(2018/4/18)

家電EC「楽天ビック」オープン ビックカメラ実店舗には「楽天スーパーポイント」導入
「楽天市場」内に、ビックカメラの実店舗の商品在庫の確認も可能な家電ECサイト「楽天ビック」がオープン。またビックカメラの実店舗に「楽天ポイントカード」を導入した。(2018/4/12)

居酒屋で指静脈認証 ポイントカード不要に 「くいもの屋わん」全店舗で導入
プリペイドカードシステムなどを提供するバリューデザインが、オーイズミフーズが運営する居酒屋「くいもの屋わん」全国293店舗に、指静脈認証を使ったポイントサービス「yubiPOINT」(ユビポイント)を導入したと発表。生体認証を使うことで、ポイントサービスの「カードレス化」を図るという。(2018/4/10)

クロネコヤマトで4月1日からTポイントサービス 宅急便利用でポイントがたまる
運賃支払いや包装資材の購入でTポイントがたまります。(2018/3/15)

「クロネコメンバーズ」には特典ポイントも:
ヤマト運輸、Tポイント4月から導入
ヤマト運輸は3月13日、Tポイントを4月1日から導入すると発表した。 宅急便や包装資材などの支払い時に、「Tポイントカード」または「モバイルTカード」を提示すると200円につき1ポイントがたまる。支払いにTポイントを利用することも可能になる。(2018/3/13)

三越伊勢丹とイオン、ポイント相互交換 今夏から
三越伊勢丹ホールディングスとイオンが、ポイントサービスの相互交換を2018年夏ごろに始める。三越伊勢丹は、Tポイントの付与・利用を3月末に終了。(2018/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。