ニュース
» 2009年03月25日 13時04分 UPDATE

MozillaとOpenGLのKhronos、高速3Dグラフィックスのオープン標準策定へ

「Accelerated 3D on Web」イニシアチブは、高速なオンライン3Dゲームを実現させるかもしれない。

[ITmedia]

 米Mozilla Foundationとグラフィックス標準化推進団体のKhronos Groupは3月24日、3Dグラフィックスのオープン標準策定のためのイニシアチブ「Accelerated 3D on Web」を発表した。Khronosの開発プロセスの下、向こう1年以内に最初のパブリックリリースを目指す。

 今日のWebアプリケーション開発者は、高速な3Dグラフィックスを提供するWebアプリケーション開発が可能な環境を求めはじめている。Webアプリケーション開発に用いられているJavaScriptのパフォーマンスは急速に向上している。またKhronosのオープン標準「OpenGL」はほとんどのデスクトップOSに対応しており、開発者にとって馴染み深い。Mozillaはこうした背景から、Khronosに対し、クロスプラットフォームの3D Webアプリケーション開発のためにOpenGL ES 2.0 APIの公開とJavaScriptの標準規格ECMAScriptへの対応を提案した。

 Mozillaは同社の次世代Webブラウザ「Firefox 3.5」のリリース後、3Dグラフィックス技術を基本機能として組み込む予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -