ニュース
» 2009年04月02日 07時00分 UPDATE

東芝松下ディスプレイ、合弁解消で東芝が単独経営

東芝とパナソニックが東芝松下ディスプレイテクノロジーの合弁を解消し、東芝の単独経営に。東芝傘下でリストラを加速する。

[ITmedia]

 東芝とパナソニックは4月1日、中小型液晶合弁の東芝松下ディスプレイテクノロジー(TMD)について、パナソニックが全保有株式を東芝に売却すると発表した。TMDは業績が悪化しており、東芝の100%子会社とすることで抜本的な構造改革を加速する。

 TMDの資本金は100億円で、東芝が60%、パナソニックが40%を保有。4月28日付けで東芝がパナソニックから株式を取得し、社名を「東芝モバイルディスプレイ」に変更する。

 TMDは2002年に両社合弁で設立。携帯電話など向けの中小型液晶に強いが、パネル価格下落と需要減を受け、業績が悪化している。東芝単独経営でリストラを加速するほか、中長期的には有機ELディスプレイを成長の柱に据える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -