ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年05月12日 12時29分 UPDATE

重さ85グラム:Windows Embedded CE搭載のウェアラブルPC「Golden-i」登場

KopinがTech・Edで発表した「Golden-i」は、ワイヤレスで接続したPCやスマートフォンの画面を仮想ディスプレイに表示し、それらのデバイスを音声でコントロールできるヘッドセット型デバイスだ。

[ITmedia]

 小型ディスプレイメーカーの米Kopinは5月11日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催のTech・Edカンファレンスにおいて、Microsoft Windows Embedded CE 6.0 R2搭載の小型ヘッドマウントデバイス「Golden-i」のコンセプトモデルを発表した。

kopin1

 Golden-iはBluetooth、Wi-Fi、携帯ネットワーク経由でPCやスマートフォンといったホスト端末にアクセスし、ホスト端末の画面をカラーの仮想15インチディスプレイ(解像度は720×480ピクセル)に表示する。また音声によりリモートでPCを起動し、アプリケーションを利用できるという。

kopin2

 Texas Instruments(TI)のOMAPプロセッサを搭載し、リチウムイオン充電池で約8時間使用できるという。mini USBポートと32Gバイトまで拡張可能なMicroSDスロットを備える。重量は約85グラム。

 同社はGolden-iを2010年に製品化する見通し。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.