ニュース
» 2009年05月15日 07時00分 UPDATE

ソニー、国内3拠点を統廃合 「今後も削減プランある」

ソニーはデジカメモジュールなどを生産する国内の3事業所での生産を、12月に終了する。大根田CFOは「今後も拠点の削減プランがある」と話した。

[岡田有花,ITmedia]

 ソニーは5月14日、デジタルカメラモジュールなどを生産する国内の3事業所での生産を、12月に終了すると発表した。生産拠点を集約し、効率化とコスト削減につなげる狙い。

 同社の大根田伸行CFOは、「発表したのは今年度の計画のみ。今後も拠点の削減プランがある」と話し、リストラが継続する見通しを示した。

 生産を終了するのは、ソニーイーエムエスの3工場で、携帯電話用カメラモジュールなどを生産する小見川テック(千葉県)、光学ピックアップなどを手掛ける浜松テック(静岡県)、FeliCaリーダー/ライターなどを製造する千厩(せんまや)テック(岩手県)。海外の2拠点(メキシコの液晶テレビ工場とインドネシアのケーブル工場)の閉鎖・事業譲渡も発表した。

 同社が昨年12月に発表した1万6000人の削減はすでに完了したという。大根田CFOは「引き続き効率化を進めていきたい」と話し、さらなる人員削減の可能性も示唆した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -