ニュース
» 2009年06月08日 07時25分 UPDATE

Adobeが定例パッチを予告、MSと同じ9日にリリース

Adobeが初の定例セキュリティアップデートを予告した。

[ITmedia]

 Adobe Systemsは米国時間の6月9日、Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性に対処するセキュリティアップデートをリリースする。セキュリティ対策チームのブログにこのほど予告を掲載した。

 Adobeは、今年に入ってReaderとAcrobatのゼロデイの脆弱性を突いた攻撃が多発したことを受け、今後は四半期ごとに脆弱性の修正パッチを公開すると5月に表明した。今回は、それに基づいた初の定例パッチとなる。

 6月9日にアップデートが公開されるのは、Adobe ReaderとAcrobatのバージョン7.x/8.x/9.x。Windows版とMac版の深刻な脆弱性に対処する。詳細は9日に、同社サイトの「Security Bulletins and Advisories」ページに掲載する予定。「ユーザーは自分が使っている製品をアップデートする準備をしていただきたい」と呼び掛けている。

 なお、UNIX版のセキュリティアップデートについては準備ができた時点で告知する方針である。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -