ニュース
» 2009年06月10日 07時44分 UPDATE

Exchangeサーバが不要に:Google、Microsoft OutlookとGoogle Appsの同期ツールをリリース

Googleは企業のMicrosoft OfficeからGoogle Appsへの移行を促進すべく、「Google Apps Sync for Microsoft Outlook」をリリースした。

[ITmedia]

 米Googleは6月9日、同社のオフィススイートとMicrosoft Outlookのデータを同期するツール「Google Apps Sync for Microsoft Outlook」をリリースした。Google AppsのPremierまたはEducationエディションのユーザーは、Google Appsのサイトからプラグインをダウンロードできる。対応OSはWindowsのみ。Googleはこの機能で企業によるGoogle Apps採用の促進を狙う。

 同プラグインをOutlookにインストールすると、ユーザーはGoogle Appsのメール(Gmail)、カレンダー、連絡先をOutlookで利用できるようになる。例えばGmailの連絡先に追加したデータやGoogleカレンダーで変更した予定などが、Outlookに反映される。

 Googleは、Outlookに固執するユーザーを抱える企業は、この機能によりExchangeからGoogle Appsにスムーズに移行できるとしている。

 Googleは、Google Appsの企業での採用を拡大する目的で、これまでGmailのオフライン機能やBlackBerryとの同期機能を追加してきた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -