ニュース
» 2009年10月01日 10時03分 UPDATE

パナソニック、ブラウン管から撤退 55年の歴史に幕

パナソニックは、子会社が出資している中国のブラウン管製造・販売合弁の持ち分すべてを合弁パートナーに譲渡し、ブラウン管事業から撤退する。

[ITmedia]

 パナソニックがブラウン管事業から撤退する。子会社が出資している中国のブラウン管製造・販売合弁「北京・松下ディスプレイデバイス」の出資持分(50%)すべてを、中国の合弁パートナー企業に譲渡すると、9月30日に発表した。

 世界で需要が薄型テレビにシフトしているためで、1954年以来、55年にわたって続けてきたブラウン管製造事業の幕を閉じる。国内生産は既に終了している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -