ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「生産終了」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生産終了」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
ホンダが社長交代を正式発表、「エンジンが全くなくなるとは思っていない」
ホンダは2021年2月19日に開いた取締役会において、専務取締役の三部敏宏氏を、2021年4月1日付で代表取締役社長とする人事を決定した。三部氏はエンジン開発を中心に四輪車の研究開発に携わってきた。2019年に本田技術研究所の代表取締役社長に就任。2020年からホンダの専務取締役を務めている。(2021/2/22)

「SR400」ラストモデルに注文殺到、6000台が即完売
なくさんといてや……。(2021/2/9)

13年ぶり全面改良、スズキの怪物バイク「隼」がフルモデルチェンジ 速すぎるので二輪車初「スピードリミッター」搭載
こりゃ速そぉぉぉ♪(2021/2/8)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが通期業績見通しを上方修正、テスラ向け電池は年間39GWhに増産
パナソニックが2020年度第3四半期業績について説明。アプライアンス社やライフソリューションズ社、オートモーティブ社、インダストリーソリューションズ社の業績が前年同期比以上の水準まで回復。為替や非連結化の影響を除いた実質ベースの売上高は前年同期比で増収、利益も第2四半期に続き増益となった。(2021/2/3)

パナソニックの太陽電池生産終了 国内各社に逆風 システム開発で活路
パナソニックが太陽電池の生産から撤退する。2017年に太陽電池事業が赤字転落。20年に米Teslaとの太陽電池生産の協業を解消し、工場売却案も頓挫した。関係者は「シェアを拡大してきた中国メーカーの勢いを止められなかった」と振り返る。(2021/2/2)

三菱鉛筆、アニメ業界定番の「硬質色鉛筆」を生産終了 6月末までに
2015年にも生産終了が発表されていましたが、その際は関係者の働きかけで一旦生産継続となっていました。(2021/2/1)

パナソニックの太陽電池生産終了 国内各社に逆風 システム開発で活路
価格競争力を高めてきた中国などの海外メーカーに押され、かつて世界シェア上位にいた国内勢が厳しい環境に置かれている。(2021/2/1)

ヤマハ「SR400」3月に最終モデルを発売、生産終了へ ファンから「43年間ありがとう」別れを惜しむ声
43年の歴史に幕を閉じます。(2021/1/23)

目に優しい「カラーノート」、コクヨが発売 きっかけは視覚過敏を抱える高校生のツイート
高校生のうったえを受けて、2019年から始動。(2021/1/22)

自動車メーカー生産動向:
2020年11月はトヨタホンダスズキが前年超え、乗用車メーカーの生産実績まとめ
日系乗用車メーカー8社の2020年11月のグローバル生産実績は、トヨタ自動車、ホンダ、スズキの3社が前年実績を上回った。このうちトヨタは11月としては過去最高となった他、世界販売でも過去最高を更新した。全体的な傾向としては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で大きなダメージを受けた自動車需要の回復傾向が続いているものの、欧州での再感染による主要都市でのロックダウンや、変異種の感染が広がるなど、世界の自動車市場は依然として不透明な状況が続いている。(2021/1/12)

PS4 Pro、2020年秋で出荷完了していた PS4は今後スタンダードモデルのみの販売へ
PS4 Proは実質PS5にバトンタッチする形に。(2021/1/6)

兄弟車や派生車種を整理:
トヨタ、「プリウスα」「プレミオ」など5車種を生産終了
トヨタ自動車は、セダンやワゴンなど5車種の生産を終了すると公式サイトで発表した。12月上旬に「ポルテ」「スペイド」、2021年3月末には「プレミオ」「アリオン」「プリウスα」の生産を終了する。(2020/12/2)

自動車業界の1週間を振り返る:
クラウンが生産終了!? それでも最先端の技術はセダンから始まる
みなさんこんにちは、金曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週も自動車業界ではさまざまなニュースがありました。ゆるゆると振り返ってみたいと思います。(2020/11/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がトヨタと組む「燃料電池電車」 “水素で動く車両”を目指す歴史と戦略
JR東日本がトヨタ自動車などと燃料電池を活用した試験車両の開発で連携する。業種の垣根を越えた取り組みは各社にメリットがある。JR東にとっては、次世代車両として燃料電池電車を選択肢に加え、最終目標のゼロエミッションを目指す一歩となる。(2020/10/16)

湯上がりの定番「小岩井フルーツ」が10月末で終売に また一つこの世からフルーツ牛乳が消える……
2019年には明治も「明治フルーツ」の生産終了をアナウンスし衝撃が走っていました。(2020/10/13)

三菱自「i-MiEV」生産終了へ 世界初量産EVも販売伸び悩み
三菱自動車がi-MiEVを年度内にも生産終了する方針だ。発売から約10年で販売台数は2万4000台にとどまった。今後はPHVタイプの「エクリプスクロス」や新たなEVの市場投入を目指す。(2020/9/23)

ニンテンドー3DSが生産終了 「2DS」「LL」など関連モデルも
任天堂が携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の生産を終了。「Newニンテンドー3DS LL」や「ニンテンドー2DS」も。(2020/9/17)

ニンテンドー3DSシリーズ生産終了 9月16日に公式サイトで発表
初代3DSは2011年発売。(2020/9/17)

大きくなっちゃった! ちっちゃくてカワイイ「ビートル」をトラックサイズで完全再現したカスタムカーがすごい
元のビートルより、4割増しの大きさになっています。(2020/9/5)

Rochester Electronics Colin Strother氏/藤川博之氏:
PR:半導体供給の“最後の頼みの綱”、EOL品提供で存在感増すRochester
Rochester Electronicsは、メーカーの都合により生産終了となった製品、いわゆる「EOL(End of Life)品」を供給するディストリビューターだ。オリジナルの半導体メーカーから認定を受け、再生産だけでなく時に再設計も行う。メーカーとしては採算などの理由から生産を終了したいが、ユーザーとしては終了されては困る――。双方にとって、EOL品を扱うRochester Electronicsは“最後の頼みの綱”なのである。Rochester Electronicsでエグゼクティブバイスプレジデントを務めるColin Strother氏と、日本オフィス代表の藤川博之氏に、EOLビジネスの重要性や同社の戦略について聞いた。(2020/8/18)

ロクダボ復活きたぁぁぁ! ホンダ、新型スーパースポーツバイク「CBR600RR」を先行公開
ヤマハのR6も復活したし、今年は600SSが豊作だなぁ。(2020/8/10)

瓶の「キリンレモン」が生産終了へ キリン「販売数減少のためやむを得ず」 瓶の「烏龍茶」「オレンジきりり」も終売に
広島で稼働中の販売機に終売が予告されたことから話題を呼んでいました。(2020/8/5)

苦戦を強いられた半導体の巨人:
Intel「10nmノード」の過去、現在、未来
Intelは現在、10nmプロセスの進化に向けて開発を進めているが、このプロセスノードは長年Intelを苦しめてきた。10nmにおけるIntelの闘いを振り返る。(2020/7/31)

えっ、生産終了なの!? アウディが「TTロードスター ファイナルエディション」発売
みゅるんと丸っこいタマゴ型デザインだった初代TTを思い出します。(2020/7/15)

コンビーフを身に着けろ 缶詰リングコレクションに「ノザキのコンビーフ」登場、新旧両デザインの缶を用意
ごっついリング。(2020/7/14)

あぁぁかっこよすぎ 古き良き70年代風デザインを再現した新型車「ケータハム・スーパーセブン1600」登場
雨が降ったらどうするの? 「……、フッ」。【写真25枚】(2020/6/5)

1994年発売「らあめんババア」が生産終了へ 26年にわたって愛された定番ラーメン菓子
原材料費の高騰と、新型コロナウイルスの影響で安定供給が難しくなったことから。(2020/5/22)

え? 生産終了? 27年の歴史に幕、レクサスの高級スポーツセダン「GS」に最後の特別仕様車
2020年8月に生産を終了します。【写真13枚】(2020/4/24)

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:
【5年前の今頃は?】ガラケー終了のお知らせ 生産終了報道に「困る」「ひとつの時代が終わった」とネット騒然
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/4/24)

【令和】ドリキャスを遊んでいる人インタビュー:
“ドリキャスを遊び続けている人”に聞くあのころの思い出「夜中、家族に隠れてネット接続」「本体より先にVMを購入」
もう20年もたつのかあ。(2020/5/29)

「ネットワーク機能は使えなくなったが、ドリームキャストで誰かとつながれる」 “今でもドリキャスを遊んでいる人”インタビュー
ドリキャス20年選手にお話を伺いました。(2020/5/22)

マ゛マ゛ア゛ア゛ア゛! スネ夫の叫び声に聞こえる掃除機の動画に「思った以上にスネ夫」「予想の何千倍もスネ夫」の声
掃除機になったスネ夫……?(2020/3/8)

「Switch Lite」の新色コーラル、3月20日に発売 新型コロナで生産遅れるも「3月出荷分は生産終了」
任天堂が「Nintendo Switch Lite」の新色「コーラル」を3月20日に発売する。同社は新型コロナウイルスの影響でNintendo Switchの生産や出荷に影響が出ると発表していたが、本商品の3月末出荷分は生産を終えているという。(2020/2/19)

フェラーリ打ち破った名車「GT40」をオマージュ フォード「GT」がアップグレード、スペックアップとルマン優勝マシン再現カラー追加など
素材のカーボンファイバーにクリアコート塗装を施した「リキッドカーボン」も登場。(2020/2/10)

「Wii」修理受付終了 予定より2カ月早く 「予想をはるかに上回る依頼」のため
任天堂は2月7日、2006年発売の家庭用ゲーム機「Wii」の修理受付を終了したと発表した。3月31日到着分まで受け付ける予定だったが、予想をはるかに上回る依頼があり、修理に必要な部品の在庫が想定よりも早くなくなったため。(2020/2/7)

PR:中小企業も待ったなし! 令和時代に対策急務の経営課題、5つのポイント
いま企業が考えるべき経営課題は何か、そしてその対策は――働き方改革支援で豊富な実績を持つ大塚商会に聞く。(2020/1/7)

水銀規制で2020年6月に“LED時代”が本格到来:
PR:“工期2日が4時間に!”185万台の需要を見込む、基礎工無しのLED街路灯
照明器具の市場は、2020年に大きな転換点を迎える。2013年に国際的な水銀規制が採択されたことを受け、一般照明用水銀ランプの製造/輸出/輸入は2021年以降、禁止される。これまでなかなか普及してこなかった照明のLED化工事がここを起点に屋内外で急速に進み、本格的なLED化の時代へ突入することが期待されている。「暮らし」に関わるあらゆる場面で事業展開しているパナソニック ライフソリューションズ社では、こうした市場動向を背景に、街を照らす照明としてさまざまな屋外空間に設置されている街路灯に着目。建設現場で叫ばれる技術者不足をも解決する省施工の街路灯リニューアル専用ポールを開発した。(2020/1/6)

PR:“IntelとAMDの共演”で実現したスリムでパワフルなゲーミングノートPC「G-Tune P3」を徹底チェック
マウスコンピューターが、久しぶりにモバイルPC「G-Tune P3」を投入した。パワフルな性能を自在に持ち運べる秘密は何か。実機を徹底的にチェックしてみた。(2019/12/18)

ヤマハ「セロー250」生産終了へ ファイナルエディションを2020年1月に発売、ファン「寂しい」別れ惜しむ声
最後のセロー250は初代リスペクトの2色展開。(2019/12/5)

製造マネジメントニュース:
パナソニックの中期戦略目標は「低収益体質からの脱却」、聖域なく見直しを断行
パナソニック 社長の津賀一宏氏が、2019〜2021年度の中期戦略の考え方と、この半年間での取り組みの進捗について説明。津賀氏は「今中期戦略は低収益体質からの脱却が目標。これを実現した上で、より長期の目標として、2030年に向けて『くらし』で役に立つ、くらしアップデートの会社を目指す」と強調した。(2019/11/25)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが液晶パネル生産を終了、中小型に注力するも市場環境の激化で
パナソニックは2019年11月21日、2021年をめどに液晶パネルの生産を終了すると発表した。市場環境の激化により事業継続は困難であると判断した。(2019/11/21)

2021年をめどに:
パナソニック、液晶パネルの生産終了を発表
パナソニックは2019年11月21日、液晶パネルの生産を2021年をめどに終了すると発表した。(2019/11/21)

パナソニック、液晶パネル事業から撤退 2021年めどに生産終了
パナソニックが、液晶パネル事業から撤退。傘下のパナソニック液晶ディスプレイで、2021年をめどに生産を終了する。(2019/11/21)

センチュリー、3系統入力を備えた10.1型液晶ディスプレイ
センチュリーは、サブディスプレイなどに向く10.1型ワイドディスプレイ「LCD-10000VH6」を発表した。(2019/11/21)

「トランスフォーマー」×「G-SHOCK」第2弾はマスターネメシスプライム 11月18日から予約抽選販売
ブラック&ブルーグリーンのデザインがかっこいい。(2019/11/18)

カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーのコラボ商品、第2弾が登場
カシオ計算機とタカラトミーが、腕時計の「G-SHOCK」と変形ロボット「トランスフォーマー」を合体させたコラボレーション商品を発売する。第2弾では、闇に落ちた戦士「マスターネメシスプライム」をモチーフにした。価格は3万円(税別)で、12月7日に発売。(2019/11/7)

WP29サイバーセキュリティ最新動向(1):
自動車メーカーとサプライヤーはどう連携してセキュリティに取り組むべきか
本連載では、2019年9月の改訂案をベースにOEMに課されるWP.29 CS Regulationsのポイントを解説し、OEMならびにサプライヤーが取り組むべき対応について概説する。目次は下記の通り。(2019/10/10)

東京モーターショー2019:
スバルは新型レヴォーグに「持てる最先端技術を結集」、最後のEJ20型水平対向も
SUBARU(スバル)は2019年9月25日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、「レヴォーグ」の新型車のプロトタイプを世界初公開すると発表した。(2019/9/26)

プログラマブル直流安定化電源の基礎知識(1):
プログラマブル直流安定化電源の市場動向や種類
直流電源はさまざまな分野で使われているため、多くの製品が市場にある。今回の解説では、製品の開発や生産の現場で使われているプログラマブル直流安定化電源のうち、対象物にエネルギーを供給する試験用電源について、「製品の種類、機器選定での留意点、製品の内部構造、使用上の注意点、利用事例の紹介」などの基礎知識を紹介していく。(2019/9/20)

HP Jet Fusionシリーズ:
後発でも勝負できる! HPの3Dプリンティング事業が目指すもの
参入から数年、同社の3Dプリンティング事業は今どのような状況にあるのだろうか。HP Jet Fusionの優位性、新シリーズの特長、そして金属3Dプリンタへの取り組みについて、日本HP 3Dプリンティング事業部 事業部長の秋山仁氏に話を聞いた。(2019/8/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。