ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年10月02日 07時00分 UPDATE

ドコモ、NECなど4社、LTE対応通信プラットフォームを共同開発

ドコモ、NEC、パナソニックモバイル、富士通の4社が、LTEに対応した通信プラットフォーム「LTE-PF」の共同開発を進めている。

[ITmedia]

 NTTドコモ、NEC、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、富士通の4社は10月1日、LTE(Long Term Evolution)に対応した通信プラットフォーム「LTE-PF」の共同開発を進めていると発表した。対応チップセットのサンプル版開発が終了。今後、主要機能の性能評価を進める。

 LTE-PFはLTE規格に準拠したプラットフォームで、受信時最大100Mbps、送信時最大50Mbpsの高速データ通信が可能。W-CDMAとGSMの通信システムとも連携でき、LTEエリアとW-CDMA/GSMエリア間移動時にもスムーズに切り替えられるという。

 今後、国内外の携帯電話市場向けに、LTE-PFのライセンス提供を検討中。端末メーカーやチップセットメーカーが採用すれば、基本機能の独自開発が不要になり、開発期間の短縮や開発コストの低減が可能になるとしている。

 開発成果は、「CEATEC JAPAN 2009」(10月6〜10日、幕張メッセ)、「ITU TELECOM WORLD 2009」(10月5日〜10月9日、スイス・ジュネーブ)で一部展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.