ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年10月16日 10時01分 UPDATE

AMD決算、グラフィックス製品が堅調で赤字幅縮小

AMDの7〜9月期決算は、グラフィックスプロセッサ出荷が前期比18%増加し、純損失1億2800万ドルと前年同期からは縮小した。

[ITmedia]

 米AMDが10月15日に発表した第3四半期(7〜9月期)決算は、売上高は前年同期比22%減の13億9600万ドルで、純損失は1億2800万ドル(1株当たり18セント)と前年同期の1億3400万ドルからは縮小した。

 粗利率は42%で、前年同期の51%から下降したが、前期の37%からは上昇した。

 ダーク・マイヤーCEOは「マイクロプロセッサとグラフィックス製品に関しては、売上高が前期比で18%増加したほか、工場稼働率およびプロセッサの平均販売価格(ASP)の上昇、45nm製品の出荷増などの結果、前期よりも粗利益率が上昇した」とコメントした。

 第4四半期の見通しについては、売上高は小幅増としている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

AMD | 決算 | 赤字 | ASP | GPU


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.