ニュース
» 2009年10月16日 12時16分 UPDATE

宇宙を知るイベント「宙博」 12月に開催

宇宙についての最先端の研究成果や、環境エネルギー関連の展示・講演を行うイベント「宙博(ソラハク) 2009」が、12月3日〜6日まで、東京国際フォーラムで開かれる。

[ITmedia]
画像 宙博2009公式サイト

 宇宙についての最先端の研究成果や、環境エネルギー関連の展示・講演を行うイベント「宙博(ソラハク) 2009」が、12月3日〜6日まで、東京国際フォーラムで開かれる。

 宇宙/環境エネルギー分野のトップクラスの講師陣を招いた講演や、最新の研究成果の展示のほか、子どもも楽しめる参加型・体験型イベントも。宇宙映像を立体視できる国立天文台の「4次元デジタル宇宙シアター」体験や、“宇宙日本食”を食べられるコーナー、望遠鏡の制作体験などができる。

 ナノオプトメディア(藤原洋 社長)が運営し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や国立天文台などが後援。国立天文台の観山正見 台長やJAXAの立川敬二 理事長などが実行委員に名を連ねる。ガリレオ・ガリレイが初めて天体観測を行ってから400年となる国際天文年の今年を皮切りに、毎年行う予定だ。

 時間は午前10時〜午後6時(最終日のみ午後5時閉場)。入場料は大人1500円、中高生1000円。保護者同伴で小学生以下は無料。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -