ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「体験型」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「体験型」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
デザイン思考で新規ソリューションを、パナソニックが空質空調の共創拠点を新設
パナソニック 空質空調社は2022年5月25日、空質空調ソリューションの実験施設「AIR HUB TOKYO(エアハブトーキョー)」を同年6月1日に東京(日本橋)に開設すると発表した。非住宅空間における空気質の課題解決を目的とし、不動産オーナーや施工業者などとの共創拠点として活用する。(2022/5/26)

物流のスマート化:
自動倉庫やAGVなど最新物流機器が見学可、ダイフクが総合展示場を大規模刷新
ダイフクは2022年5月19日、同社の滋賀事業所にあるマテリアルハンドリングやロジスティクス機器の体験型総合展示場「日に新た館」を同年6月1日からリニューアルオープンすると発表した。自動倉庫やAGVなど同社が開発、製造した最新の物流関連機器を中心に、デモ展示を見学できる。(2022/5/24)

LINE、「LINEでふるさと納税」のサービス提供開始 さとふると協業
 LINEは、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するさとふると、ふるさと納税事業に関する協業について基本合意書を締結した。LINEアプリを通じてふるさと納税が可能となる「LINEでふるさと納税」の提供を開始する。(2022/5/23)

「LINEでふるさと納税」スタート
LINEアプリを通じてふるさと納税できる「LINEでふるさと納税」がスタート。(2022/5/18)

横浜と福岡に7月開業:
バンダイナムコ、グループの公式ショップを集めた施設 「バンダイナムコ Cross Store」オープン
バンダイナムコアミューズメントは、バンダイナムコグループのキャラクター、商品、体験イベントを一堂に集めた「バンダイナムコ Cross Store」をオープンする。(2022/5/11)

大阪のシンボルで滑る:
通天閣に新アトラクション「TOWER SLIDER」がオープン
通天閣(大阪市)の体験型新アトラクション「TOWER SLIDER」が、5月9日にオープンした。(2022/5/10)

複合エンタメ商業施設:
新木場STUDIO COASTが「YOKOHAMA COAST」として移転 横浜駅直通の「アソビル」がリニューアルオープン
横浜駅みなみ東口直通の複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」がリニューアルオープン。東京・新木場の「STUDIO COAST」が、地下1階と2階の2フロアを使って生まれ変わる。(2022/5/2)

検温と消毒、そしてマスク 3年ぶりのリアル開催「ニコニコ超会議2022」コロナ禍を超えて帰ってきたニコ厨たちの祭典レポート
雨で少しひんやりした1日でした。(2022/4/30)

イケア渋谷店がリニューアル:
一番人気は「サメのぬいぐるみ」 3店舗しかない“都心型イケア”は何が違うのか
イケア渋谷店(東京都渋谷区)が4月25日、リニュアルオープンした。利用客の要望を受け、個人向けだけでなく、ビジネス向けのアイテムやルーム展示を拡充。フォーマルなオフィス空間と自宅のアットホームな空間の融合を図るなど、北欧家具を扱うイケアならではのビジネス空間を提案する。(2022/4/29)

埼玉に初の郊外型店舗オープン:
b8ta、“売らない店“戦国時代でどう生き残る? カギは「脱セレクトショップ」
体験型ストア「b8ta」(ベータ)を運営するb8ta Japanは4月27日、「b8ta Koshigaya Laketown」をイオンレイクタウン2階KAZE(埼玉県越谷市)にオープンした。「体験」を強化した新店舗で、乱立する“売らない店”の中での生き残りを図る。(2022/4/28)

勝ち組の研究:
「ららぽーと福岡」オープンの衝撃 ショッピングセンター飽和の時代、勝算は?
2022年4月、ショッピングセンター(SC)業界の雄「ららぽーと」が福岡に出店した。SCは飽和しているといわれている。どこに商機を見い出しているのか、現地で分かったこととは?(2022/4/26)

店舗とECはどうつなぐか? 都心大型旗艦店でアルペンが実践した店舗DX
ローコード開発環境を使ったアジャイルな手法はオンライン/オフラインを融合した店舗DXの仕掛けにどう役立つか。都心部に旗艦店を出店したアルペンのケースからECサイト全盛の今、小売業がリアル店舗を置く意味を考える。(2022/4/25)

ゲームエンジンを本格利用した初の博物館アプリ「ハイパー江戸博」公開 江戸東京博物館
江戸東京博物館は22日、Unityで開発したスマートフォンアプリ「ハイパー江戸博」のiOS版を公開した。初音ミクのバーチャルライブやPlayStation用ゲームを手掛けるライノスタジオと共同開発した。(2022/4/22)

標的型攻撃メールを疑似体験し、ランサムウェア攻撃への対応力を強化――ラックが新研修サービスを開始
ラックは、従業員のセキュリティリテラシーを高める教育プログラム「標的型攻撃メール訓練 T3 with セキュリティ教育」の提供を開始した。ランサムウェア攻撃を疑似体験するメール訓練とフォローアップする研修をパッケージで提供する。(2022/4/22)

社員間ボーナスや仮想オフィス コロナ禍で注目の働き方
コロナ禍でテレワーク導入が急速に広がる中、直接顔を合わせなくても、社員同士のつながりが補完できるオンラインサービスが多様化している。互いの仕事ぶりを褒め合う仕組みや、メタバースを使った仮想職場など、法人向けのサービスも充実してきた。(2022/4/19)

東京タワーの足元にeスポーツをテーマにしたアミューズメント施設、20日開業 特別ライトアップも
東京eスポーツゲートは東京タワーに「日本最大規模」をうたうeスポーツ施設「RED゜TOKYO TOWER」を4月20日にオープンする。(2022/4/18)

“箱形メタバース空間”、ブイキューブが開発 少人数向けテレワークブースを転用
ブイキューブはテレワークブース内に映像を投影することで、VRヘッドマウントディスプレイなどを使わずにバーチャル空間を体験できる設備「メタキューブ」を開発した。(2022/4/18)

潜入:
10分で売り切れ USJオフィシャルホテルの大人気「ホラールーム」の秘密
散乱する調度品、室内に飛び散った「血」――。ホテルの客室内でホラー感あふれる「謎解き」を楽しむ宿泊プランが人気という。発売から10分で1カ月分が売り切れるという、ホテルユニバーサルポートヴィータのプランに潜入した。(2022/4/12)

4月22日より順次:
イオンモール常滑がリニューアル、専門店29店舗を刷新
イオンモール常滑は4月22日より、専門店29店舗をリニューアルオープンすることを発表した。(2022/4/12)

VR/AR/MRニュース:
立命館とSOLIZE、対面と同等以上の学習効果が得られるVR教材の実現目指す
立命館大学 教育・学修支援センターとSOLIZEは、VR技術の特徴を効果的に活用した学習教材の開発を共同で開始すると発表した。SOLIZEと連携し、学生が主体となって仮想空間で対面環境と同等以上の学習効果が得られる教材の設計/開発を進める。(2022/4/12)

2022年秋開業:
イオン、横浜市保土ケ谷に新ショッピングセンター 体験型ライフスタイル店舗の旗艦店
イオンリテールは4月8日、横浜市保土ケ谷区に「イオン天王町ショッピングセンター」を出店すると発表した。(2022/4/11)

ホテルが都市を変える:
OMO7大阪が開業 星野リゾートが繰り広げる「あえての1ブランド」戦略
4月22日、総客室数436室という大規模なホテル「OMO7大阪 by 星野リゾート」が開業する。星野リゾートが繰り広げる「あえての1ブランド」戦略に迫った。(2022/4/8)

アクアヴィレッジ京都天橋立:
京都・宮津湾に体験型グランピング施設 マリンアクティビティを通年提供
「リゾートグランピングドットコム」を運営するブッキングリゾートが、京都・宮津湾のグランピング施設「アクアヴィレッジ京都天橋立」の予約受付を開始した。(2022/3/28)

休館から一転、法人利用が増加:
三菱地所の30代社長がつくった「瞑想プログラム」がコロナ禍で予約殺到なワケ
三菱地所の新事業提案制度から生まれた没入体験型メディテーションスタジオ「Medicha(メディーチャ)」がコロナ禍で活況だ。コロナ禍で一時は休業を迫られていた状況から一転、なぜ売り上げを伸ばせたのか。Medicha共同代表の長嶋彩加さんと山脇一恵さんに聞いた。(2022/3/27)

Link del mar(リンクデルマー):
愛知・常滑のりんくうビーチに“グランピングスタイル”のBBQ施設 4月オープン
体験型飲食店を運営するイートジョイ・フードサービスが、愛知県常滑市の「りんくうビーチ」にグランピングスタイルの屋外バーベキュー施設「Link del mar(リンクデルマー)」をオープンする。(2022/3/24)

藤田観光、「箱根小涌園ユネッサン」を体験型複合リゾート施設に刷新 特徴は?
藤田観光が、箱根小涌園再開発の一環として「箱根小涌園ユネッサン」を複合リゾート施設へリニューアルすると発表した。(2022/3/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
40代 「進化するチーム」のリーダーは部下をどう成長させているか
リーダーの役割は、チームを強くすることではなく、自ら進化するチームを作ること。どうすればいいのか。(2022/3/17)

あの会社の「SDGs」:
“豆まるごと”でバカ売れ 新たな主食を目指したミツカングループの“ZENB ヌードル”とは?
ミツカングループのZENB JAPANが展開する「ZENB ヌードル」だ人気を博している。2020年9月に販売を開始し、22年3月までに累計300万食を突破した。その特徴とは?(2022/3/10)

ガチの“廃墟”を利用した謎解きイベント「キューサーチ!」が開催 参加者で協力し謎を解く
過去にホテルだった建物でイベントを行います。(2022/3/9)

被災地と自分のために今できること、学べることは? 東日本大震災からまもなく11年
まだ被災地は復興途中。(2022/3/8)

導入事例:
施工現場再現した実習棟、現場管理技術者向け「体験型研修施設」開設
高松建設が、施工現場を再現した実習棟を備えた「体験型研修施設」を大阪機材センター内に開設。新たに施工現場を再現した実習設備を使用しての現場実務研修を可能とし、現場係員の知識やスキルの習得レベルの均一化をはかり、即戦力となる建設技術者の育成の場として活用していく。(2022/3/7)

国内初:
西武園ゆうえんちに「銭天堂」アトラクション 今春登場
西武園ゆうえんちは、国内外で人気の児童小説でアニメ化もされている「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の世界観を再現した体験型アトラクションを今春から開設する。「銭天堂」をテーマとするアトラクションは国内初。改装開業から5月で1年を迎えるのに合わせ、集客力のさらなる強化を図る。(2022/3/3)

くずはモール店:
体験型アウトドア店「Alpen Outdoors」が大阪初出店 テントの試し張り体験も
アルペンが、3月18日、体験型アウトドアショップ「Alpen Outdoors」の大阪初出店となる「Alpen Outdoorsくずはモール店」をオープンする。(2022/3/2)

b8ta Japanが米国本社から独立 米国は全店舗閉店済み、今後は日本で事業継続
ハイテクガジェット展示スペース「b8ta」を運営するb8ta Japanは、米国の本社から、日本国内向け事業における商標権とソフトウェアのライセンスを取得したと発表した。米b8taは22年2月18日に全店舗閉店したが、b8ta Japanは今後も独立し事業を続けるという。(2022/2/25)

九州初進出:
ららぽーと福岡、4月25日開業 9つの“パーク”で活気あふれる空間を創出
三井不動産は「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」の開業日が、4月25日に決定したと発表した。(2022/2/25)

体験型ワーケーションの事業化を検討:
小田急が「小田原ワーケーション」実証実験 収穫体験やバーベキューなどを提案
小田急電鉄が、3月1日〜5月31日に、ワーケーションを通じて小田原の魅力を再発見できる「小田原ワーケーション」の実証実験を行うと発表した。(2022/2/21)

ストIIの売り上げは1550万本:
「ストリートファイター」35周年記念『俺より強いやつらの世界展』が開催 カプコンとDNPがタッグを組む狙い
「ストリートファイター」の35周年を記念した展示会「ストリートファイター展『俺より強いやつらの世界展』」が始まった。カプコンとDNPがタッグを組む狙いに迫る。(2022/2/17)

おいしさと適正糖質を両立するブランドSUNAOから「パスタ」と「ソース」が発売
糖質が気になる人の味方。(2022/2/16)

3月19日から:
茨城県・土浦に「グランピングヒルズ アウラテラス茨城」オープン 「食」「浴」「癒」のテラスを設け、差別化を図る
マリントピアリゾート(京都府宮津市)は3月19日に、茨城県土浦市に全15棟のグランピング施設「グランピングヒルズ アウラテラス茨城」をオープンする。(2022/2/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流の人は、教わり方が違う
教わり方を考えたことがあるだろうか。教わり方を変えることで、他では手に入れにくい情報にふれ成長することができる。(2022/2/10)

プロジェクト:
登録有形文化財「通天閣」で体験型アトラクションが着工、竹中工務店ら
通天閣観光、竹中工務店、タンデムの3社は2021年9月、大阪市浪速区の展望台「通天閣」に体験型アトラクション「TOWER SLIDER」を取り付ける工事に着手した。TOWER SLIDERの完成後は、国内外の一般消費者に対して面白さと楽しさを訴求し、通天閣の新しい魅力発信ツールとして積極的に活用する。(2022/2/9)

4月28日開業:
イオンモール、スペースワールド跡地に「THE OUTLETS KITAKYUSHU」を出店
イオンモールは、福岡県北九州市八幡東区で開発中の「(仮称)八幡東田プロジェクト」について、正式名称を「THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット 北九州)」として4月28日にオープンすると発表した。(2022/2/7)

ドスパラが新店舗「ドスパラ姫路MEGAドン・キホーテ広畑店」をオープン
サードウェーブは、同社の新店舗「ドスパラ姫路MEGAドン・キホーテ広畑店」を2月26日に新規オープンする。(2022/2/5)

2022年4月に:
「ガンダムパーク福岡」、ららぽーと福岡にオープン 3つのエリアで構成
BANDAI SPIRITSとバンダイナムコアミューズメントは、2022年4月開業予定のららぽーと福岡に複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」をオープンすると発表した。ガンダムの世界観を楽しめる空間として訴求する。(2022/1/21)

「ガンダムパーク福岡」4月オープン ガンプラ組み立てスペースや限定「太鼓の達人」も
見せてもらおうか……ガンダムパークの性能とやらを。(2022/1/20)

「ガンダムパーク福岡」4月開業 限定ガンプラにガンダム仕様「太鼓の達人」など初登場
福岡ガンダム近くにオープンする複合施設「ガンダムパーク福岡」の概要が明らかに。限定ガンプラの他、ガンダム仕様の「太鼓の達人」なども初登場。(2022/1/20)

VR:
プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システムを開発、清水建設
清水建設は、プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システム「VR-Commons」を開発した。VR-Commonsは、室内の壁と床面に疑似立体投影した映像コンテンツを利用し、グループ学習や体験型学習の場を創出するVRシステム。利用者は、ゴーグル型ディスプレイなどのデバイスを装着せずに仮想現実の学習空間を体感でき、関連資料や教材を投影面に重ね合わせて表示することにも対応している。また、複数のVR-Commons拠点をつないで映像コンテンツを共有するため、遠隔地にいる学習者とも同一空間にいるかのような感覚で学び合える。(2022/1/19)

ソフトバンクと小田原市が高齢者向け「体験型スマホセミナー」を開催 小田原城付近を舞台に
ソフトバンクと小田原市が、体験型スマホセミナーを開催する。小田原城付近の屋外を舞台に、日常生活でスマホを利用する方法を学べるという。(2022/1/7)

若者の車離れに一石:
日産が提案する次世代のEVとは? 5年間で2兆円を投資
トヨタ自動車がEVの世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。米テスラをはじめとして世界の自動車メーカーは一気に「EVシフト」を進めている。EVの先駆けである日産リーフを発売した日産自動車は、この潮流をどう見ているのかを取材した。(2022/1/6)

野球は“オワコン”じゃない:
2022年、最も注目すべきは“ビッグボス”新庄! 日ハムにもたらされるすさまじい「経済効果」とは
“ビッグボス”新庄さんが日ハム監督に就任した。筆者はプロ野球ビジネスにとっても良い影響があると指摘する。日ハムの地域密着戦略とともに解説する。(2022/1/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。