ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「体験型」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「体験型」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。(2019/6/14)

プロジェクト:
清水建設が500億円を投じ、潮見に研究・研修施設や「渋沢邸」など2万m2を整備
清水建設は、東京・江東区潮見に土地代も含めた500億を投資して、研究・研修施設、歴史資料館など新たなイノベーションセンターを計画している。敷地内には、同社の相談役だった渋沢栄一氏の邸宅も青森県六戸町の星野リゾート青森屋敷地内より移築。2代・清水喜助氏が手掛けた建築物として後世に伝えていく。(2019/6/13)

ソニー・エクスプローラサイエンス、2019年10月に閉館 17年間で230万人が来館した科学館
今後も次世代を担う子どもたちの支援は継続されます。(2019/6/11)

お台場の「ソニー・エクスプローラサイエンス」10月に閉館 17年の歴史に幕
東京・お台場のサイエンスミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」が10月に閉館。「施設の賃貸契約の更新がきっかけで、ソニーの子ども向けCSRについて再検討した」結果という。(2019/6/10)

BAS:
ビルシステムとAIの連携で最適な空間提供、メルセデスとのコラボ施設「EQ House」で実証
竹中工務店はメルセデス・ベンツとコラボした体験施設「EQ House」で、ビルオートメーションシステムとAIを融合させ、次世代のビル設備管理に向けた実証実験を行う。将来的には、ビル設備や居住者データのビッグデータを解析し、AIによる居住者ごとに最適な照明や空調などを提供することも見込む。(2019/6/10)

AIが肌診断、ロボットアームが商品選び――化粧品「SK-II」の新型店は、販売員が“グイグイ来ない”
化粧品ブランド「SK-II」が、テクノロジーを活用した体験型ショップ「SK-II Future X Smart Store」を東京・渋谷区にオープンする。営業期間は6月7日〜8月12日。AIやロボットアームが肌の診断や接客を担当し、販売員は“あえて一歩下がる”ことで、買い物をしやすい雰囲気を醸成する点が特徴だ。(2019/6/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
慰め・脅し・励ましよりも、生きる誘惑で、人は変わる
自分が落ち込んでいる時も、落ち込んでいる人を助ける時も、生きる誘惑とどのように出会うかが一番大切。(2019/6/6)

平野綾が4年ぶりのライブ開催 アニソンライブ/ミュージカルライブの2種類実施
通信交換できそう。(2019/6/4)

建設・測量生産性向上展2019:
匠の技能をアーカイブ?技術継承をデジタル技術で実現する、淺沼組の挑戦
淺沼組は、熟練技能者のワザやノウハウをデジタルデータとしてアーカイブし、次世代の建設生産管理に生かすことを目指した「Ai-MAP SYSTEM」の構築に取り組んでいる。(2019/5/28)

VR:
パナVR、システムキッチンから未来を体験できる空間を紹介
パナソニックは2019年5月23日、技術セミナー「VRシミュレーション技術の取り組み」を開催。これまでのVR技術開発の変遷に加え、2019年4月に開業したマンションセンター「HARUMI FLAG パビリオン」に導入しているVR設備の特徴などを紹介した。(2019/5/27)

スーツやバッグを買うのはムダ…… 就活グッズの月額レンタルシェア、丸井が実証実験
就活グッズをレンタルできるサービスが登場。(2019/5/23)

消費者庁、「ゲーム感覚で毎日3万稼げる」とうたう事業者に注意喚起 「1年後1080万円完全保証」との広告も
不審な点があった場合は消費生活センターや警察に相談を。(2019/5/21)

IoTスキンケアシステム「Optune」などを展示:
資生堂、「ビューティーテック」を体験できるショールームをオープン
来店客が自分に合った商品や美容情報を見つけられる出会いの場を提供。一方で、ここで得たリアルな反応をフィードバックさせて、デジタル領域のさらなる強化につなげる。(2019/5/13)

プロジェクト:
渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)2019年11月に開業
渋谷スクランブルスクエア、東急電鉄、JR東日本、東京メトロの4社は、建設を進めている大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」を2019年11月に開業することを決定した。(2019/5/8)

「民泊」より都市型コンドミニアム パナソニックが宿泊事業に本格参入する理由
パナソニック ホームズが宿泊事業に本格参入すると発表した。高まるインバウンド需要を背景に、多階層の工業化住宅を30年間一括借り上げのスキームと組み合わせて土地オーナーなどに売り込む。(2019/4/25)

講談社がKickstarterと協業 「出版の枠を超え世界のクリエイターを支援」
講談社がKickstarterとパートナーシップを結んだ。日本のクリエイターを世界に発信するとともに、世界のクリエイターの日本展開を支援する。(2019/4/18)

デザインの力:
単なるモノづくりの枠に収まらないデジタル職人たちが生み出すプロダクトの数々
デジタルアルティザンは2019年4月11日、新拠点である「DiGITAL ARTISAN STUDIO」のオープンハウスイベントを開催。大型3Dプリンタや全身3Dスキャナーによる体験展示、デジタル技術を活用したアート作品、クライアントワークの成果物などの一部を公開した。(2019/4/12)

安全体験VRで重篤災害の多発する“トンネル掘削工”のコンテンツを開発、戸田建設
戸田建設は、VR技術を活用したトンネル工事を対象にした安全教育ツール「バーチャルNATM」を開発した。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に投影した空間内を、専用のコントローラーを使って自由に行動し、安全巡視を体感する。さらに、臨場感のあるVRの中で事故を発生させる不安全行動や不安全状態、トンネル内で想定される災害に巻き込まれた状況も体験でき、危険予知能力や安全意識の向上を図ることができる。(2019/4/5)

池袋の新シネコンに日本初の体感型シアター「4DX with ScreenX」開設決定 2019年7月オープン予定
動くシートと水・風・香り・フラッシュによる演出、視野270度の3面スクリーンを導入。(2019/3/20)

財布のひも緩む?:
高級腕時計、イベント機に攻勢 大手メーカー、限定モデルや新店舗で販売加速を狙う
国内消費が足踏みを続ける中、「高額消費の代表選手」ともいえる腕時計のメーカーが反転攻勢に出ようとしている。腕時計市場では高価格商品の販売が回復傾向にあるほか、改元や国際スポーツイベントの開催も財布のひもを緩めるとの見立てだ。各社は新店舗の出店や収益性が高い限定モデルなどの発売で、販売加速を狙っている。(2019/3/13)

竹中技術実務研修センター「想」に躯体の“ハイブリッド工法”“PC工法”の実物大モックアップを新設
竹中工務店は、兵庫県川西市の体験型研修施設「想」を増築し、躯体のハイブリッド工法/PC工法の実物大モックアップを新設し、新たな研修プログラムをスタートさせた。(2019/3/8)

日本初のムーミンのテーマパークがいよいよオープン! 「ムーミンバレーパーク」行ってきたレポ
ムーミン初心者でも楽しめる、リスペクトいっぱいのテーマパーク。(2019/3/6)

AIの時代を生きるマーケターの生きる道:
データサイエンティストが語る2つの格言――そのデータ活用に落とし穴はないか?
データによる顧客とコンテンツのマッチングに落とし穴はないか。データサイエンティストが「売れる仕組み」を見いだすためのデータ活用について語った。(2019/3/4)

お酒も飲める!:
スタバ、焙煎工場併設の4階建て大型店舗「リザーブロースタリー東京」オープン 気になる内観は……
スターバックスコーヒージャパンは2月28日、「スターバックスリザーブロースタリー東京」を東京・中目黒にオープンする。4階建ての店内ではコーヒーの焙煎工程を見学できるほか、100種類以上のコーヒーなどを楽しめる。その気になる内観は……(2019/2/28)

VRリズムゲー「Beat Saber」PS VR版が3月7日に発売決定 ライトセーバーで音ブロックをぶった斬れ!
PS VR独自コンテンツも。(2019/2/26)

ネスレの「睡眠カフェ」が常設オープンへ 決まった時間の睡眠とコーヒーを提供
昼寝は仕事のクオリティーを上げてくれるそうですよ。(2019/2/25)

アガサ・クリスティをオマージュしたミステリイベントが伊勢丹で開催 「オリエント急行の殺人セット」などコラボメニューの名前もユニーク
島田荘司さんら有名なミステリー作家が参加するイベントも。(2019/2/14)

フォトジェニックうんこやクソゲーを展示 体感型施設「うんこミュージアム YOKOHAMA」が3月15日オープン
人類未体験のウンターテイメント。(2019/2/12)

モバイル決済の裏側を聞く:
“PayPay効果”で加盟店申し込みが急増 LINE Payが2018年につかんだ手応え
2018年はさまざまな決済サービスが登場して市場が盛りあがったが、「LINE Pay」にも追い風となった。PayPay効果で認知度が大きく上がり、加盟店の申し込みも急増したという。キャンペーンも積極的に打ち、「マイカラー」制度も改良した。(2019/2/8)

QUANT-U カスタマイゼーション・プロジェクト:
店頭で自分仕様のミッドソールを3Dプリント、ECCOがシューズの体験型購買を提案
フットウェア/レザーグッズブランドのECCO(エコー)が店頭で足型を3D計測し、シリコン製のミッドソールを3Dプリンタで製造するカスタムシューズ販売サービスを開始。店頭を訪れ、1時間程度で自分の足にぴったりとフィットしたカスタムシューズが手に入る“体験型購買”を提案する。(2019/2/7)

電子ブックレット:
東急建設が安全教育にVRを活用する理由
ウェブサイトに掲載した特集記事を、印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」に編集しました。会員の皆さまに無料でダウンロードしていただけます。今回紹介するのは「東急建設が安全教育にVRを活用する理由」です。(2019/2/5)

Apple幹部「小売業における悲劇」を語る
Apple直営店担当上級副社長のアンジェラ・アーレンツ氏が考えていること。(2019/2/1)

広島×産業×IT(前編):
宮島のストレスフリー観光、AIでどうやって実現する?――ひろしまサンドボックスが作る地方創生とITのちょっといい話
中堅中小企業が1社でITを活用するのは人的にも予算的にも難しい――そのような中堅中小企業に対して地方自治体はどのような取り組みを行っているのだろうか。広島県が企業にITを浸透させるために行った取り組みを紹介する。(2019/1/23)

ソニーの玩具「toio」、ようやく正式販売へ 先行販売分は新型に無償交換
ソニーの新規事業創出プロジェクトから生まれた体感型玩具「toio」をSIEが発売。2017年に発表して以来、発売延期を繰り返していたもの。仕様を変更したため、2017年に先行販売した旧仕様の製品は新型に無償交換する。(2019/1/17)

かわいいものおまとめ(2019年1月上旬):
Q-pot.のバレンタイン新作テーマは“天使の薬局から処方されるお薬”!など 今週ネットで見つけた5つのかわいいものおまとめ
Q-pot. バレンタインアクセサリー / Cafe de paris 日本初上陸 / VYNIL MUSEUMが名古屋で開催 / オロージャパン POP-UP STORE / 「ふーあーゆー?」パステルカラー登場……を紹介!(2019/1/12)

SNSのつぶやきから分析:
中国人が日本でしたいのは森林浴に握手会!? 意外な訪日旅行トレンド
SNSから中国人が日本旅行に求めることを調査。「したいこと」では森林浴や握手会が上位に。「行った場所」だと「ドン・キホーテ」などが浮上した。(2019/1/11)

イノベーター列伝:
躍進の秘訣は7年越しのブランド愛――マンダム 陳 佩蓉氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2018/12/27)

「インスタ映え」にも対応:
「腕時計は要らない」派の記者がセイコーの新型体験店に行ってみた
セイコーウオッチが12月20日、体験型の店舗「セイコードリームスクエア」をオープンした。同店には腕時計に関するさまざまな展示や体験設備が充実している。ふらっと立ち寄れるようにすることで新規ユーザー獲得を目指す。(2018/12/20)

「大人のキッザニア」東京でも開催決定 2019年1月16日夕方から
大人の時間がやってくる。(2018/12/13)

ドスパラ、秋葉原「GALLERIA Lounge」を大規模リニューアル
サードウェーブは、同社が運営するショップ「GALLERIA Lounge」の大規模リニューアルを発表した。(2018/12/6)

体当たりッ!スマート家電事始め:
ソニーの新規事業創出プログラムは“次のフェーズ”へ 社外連携に本気
ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」が始動して4年半が経過した。平井体制から吉田体制への転換は今後の方針に影響するのか。SAPを立ち上げたソニーの小田島伸至氏に聞いた。(2018/11/26)

ワコム、世界初の直営店は“売らないショップ” 狙いは
ワコムが初の直営店「ワコムブランドストア」を新宿にオープン。商品を“売らない”体験型のショップだ。(2018/11/16)

建機遠隔操作:
建機の遠隔操作に体感型コックピット、振動や傾きを操作席で再現
ソフトバンクグループでロボット・ソフトウェア事業を行うアスラテックは2018年11月12日、カナモトが開発した建設機械の遠隔操縦人型ロボット「KanaRobo(カナロボ、旧称・DOKA ROBO3)」向けの体感型コックピットコントローラーの開発に協力したことを明らかにした。(2018/11/13)

戸田建設の筑波技研で、2万kNの構造実験が可能な「複合実験棟」を新築
戸田建設の筑波技術研究所で、2万kN(キロニュートン)級の大規模構造実験が行える自由度の高い大空間を備えた「複合実験棟」の建設が計画されている。竣工は2019年10月末。(2018/11/13)

「みんな未成年じゃなくなりました!」 藤田ニコル、みちょぱ&越智ゆらのの20歳バースデーで友情確かめ合う
とうとう3人とも20歳か!(2018/11/7)

キッザニア、子どもが入場禁止の「大人のキッザニア」を初開催へ 12月13日の夕方から
1日限定の特別企画です。(2018/10/24)

建設テック2018:
建設業の重篤災害をいかに回避できるか、西武建設と岩崎が開発した省スペース型VR安全教育
西武建設と岩崎は、VR(ヴァーチャルリアリティー)技術を活用した建設現場の安全教育システム「リアルハット」を開発し、2018年から本格的な販売展開を行っている。このVRコンテンツは、体験者が自ら危険性を気付くことに主眼が置かれている。現在は建設業の重篤災害をテーマにした3つのVR体験があるが、2018年度内にはさらに9つコンテンツを拡充するという。(2018/10/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
人とは違う生き方をしよう
自分らしく生きている人は、自分らしさになんかこだわらない。(2018/10/11)

駅弁食べまくり! 「東日本のいいもの、いいこと」を集めたイベント、JR東日本が開催 お腹いっぱい必至
11月3日、4日に池袋で開催。鉄グッズ物販、シンカリオンコラボの巨大プラレールも。(2018/10/10)

KDDI、キッザニア運営元を買収 5G・IoTで「未来の職業」体験を提供へ
KDDIが「キッザニア」を運営するKCJ GROUPを買収した。キッザニアのパビリオンに、5GやIoT関連の技術を活用したサービスを導入する。(2018/10/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。