ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
自作PC - ITmedia PC USER
質問!PCパーツ・周辺機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でPCパーツ・周辺機器関連の質問をチェック

古田雄介の週末アキバ速報:
長尾製作所のオープンフレームケースにE-ATX版が登場!
PCパーツの“魅せる化”を牽引する長尾製作所から、E-ATXマザーボードに対応したオープンフレームケースが登場。お盆にウルトラハイエンドマシンを組む人に朗報だ。(2020/8/8)

3Dプリンタ買っちゃいました:
光造形3Dプリンタでオリジナル人体フィギュアが簡単に作れた 次はどうする? え、FDM?
SLAにはとても満足しているんですが、次の段階に進むことに。(2020/8/6)

古田雄介の週末アキバ速報:
5.5万円でRTX 2070 SUPERが買える!――今週末の掘り出しモノ
新型コロナウイルスの感染者が再び増加する中で迎えた8月。アキバの店頭ではスポット入荷した特価品が並ぶ一方で、今後の動向を気にする声も見られた。(2020/8/1)

お手軽ゲーミングPCの道:
今ベストな「5万円台スト5PC」の形を再考する【追加ベンチマーク編】
2020年3月からスタートした本連載だが、この4カ月間で外部環境が大きく変化した。それらの最新動向をチェックしつつ、初号機のAMDモデルに加え、弐号機のIntelモデルを作り、格安ゲーミングPCの勘所を探った。(2020/7/31)

「Zen 2+Vega」の実力は? AMDの最新デスクトップ向けAPU「Ryzen PRO 4000シリーズ」を検証
AMDが8月8日、デスクトップ向け第3世代Ryzen APUの一部においてトレイ(バルク)販売を開始する。Zen 2アーキテクチャのCPUと、VegaアーキテクチャのGPUを統合した新APUの実力をチェックしていこう。(2020/7/30)

ブーストクロック“微増”の効果はいかに? 「Ryzen 3000XT」実力をベンチマークで検証!
6月16日に突如発表された「Ryzen 3000XTシリーズ」。その実力はいかほどのものか、ベンチマークテストを通して検証していく。(2020/7/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
160円の160GB HDDと制作費100万円超の北欧家具風PC
レジ前で2.5インチHDDのジャンク品を特価販売中のオリオスペックには、構想期間3年の北欧家具風自作PCが展示されている。いずれも、売り場でしか体験できないインパクトがある。(2020/7/18)

「地球で一番ホットなオタク」 スーパーマン俳優ヘンリー・カヴィル、ゲーミングPC組み立て動画が「職場で見るには危険すぎる」と大反響
PC組み立てただけなのに。(2020/7/17)

英Kano、日本の「GIGAスクール」にも対応するWindows 10搭載ハイブリッドノートの新モデル
教育向けコンピュータメーカーの英Kano Computingが、Windows 10搭載ハイブリッドノートの第2世代モデルを発売した。約3万2000円の価格は据え置きでプロセッサとバッテリー持続時間を改善し、日本でも販売する。(2020/7/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
18TBと過去最大容量を塗り替えるHDDが7.6万円で登場!
Western Digitalから、18TBの容量を持つ3.5インチHDD「WD Gold WD181KRYZ」が売り出された。超大容量HDDのトレンドやいかに。(2020/7/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
新型コロナとは別の理由でアキバの往来が落ち着く
7月最初の週末を迎えるアキバ。どこのPCパーツショップも来客が落ち着いたと話していたが、新型コロナが原因との見方はどこもしていなかった。(2020/7/4)

古田雄介の週末アキバ速報:
アキバで続く「10万円コース」特需
PCパーツショップでは、特別定額給付金の10万円でPC一式を買い求めるブームが続いている。10万円ゲームPCにちょうどいいパーツの人気が加速中だ。(2020/6/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
「AMD7〜8割」からのB550搭載マザーが相次いで登場!
Socket AM4に対応するAMDの新チップセット「AMD B550」を搭載したマザーボードが、週末に一斉に売り出された。既に主流となっているAMDプラットフォームの人気を後押しすると期待されている。(2020/6/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
4TB HDDが6688円で買える――多くのPCパーツショップが通常営業モードに
多くのPCパーツショップが通常営業モードになり、週末特価セールも活気づいている。久しぶりに際立っているのは、大容量HDDの特価だ。(2020/6/20)

古田雄介の週末アキバ速報:
店舗再編の影響でTSUKUMO eX.の一角に中古パーツが並ぶ
グループ店舗の閉店は周辺店舗の品ぞろえにダイレクトな変化をもたらす側面がある。今週、TSUKUMO eX.で掘り出しモノが充実したり、中古パーツの扱いが見られるようになったりしたのもそうした背景があるようだ。(2020/6/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
アキバの往来は準「日常」に戻った感じ
東京アラートが灯る6月初旬。街を訪れる人は多く、休業店舗の再開も進んでいるが、開放感に浮かれる雰囲気はない。そんなアキバ電気街の今を切り取った。(2020/6/6)

古田雄介の週末アキバ速報:
“ニューノーマル”を迎えて初めての週末を迎えた秋葉原
大半の人はマスクをしている。店内に入るときは消毒もしている。それでいながら往来や店内はずいぶんとにぎわっているように見えたアキバ。緊急事態宣言が解除されてから、初めて迎える週末だ。(2020/5/30)

7色に光る都庁に「ゲーミング都庁」とツッコミ続出 本来の主旨は感染症の警戒状況だけれど
光りもの、はやってますしね(そういうことではない)。(2020/5/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
10コア20スレッドの第10世代Core iシリーズがデビュー
第10世代Core iシリーズと対応するIntel Z490搭載マザーボードがPCパーツショップに並んだ。ただし、CPUは当初の予想通り品薄傾向で、特にCore i9-10900Kは週末を待たずに売り切れるショップが多かった。(2020/5/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
テクノハウス東映が現店舗で最後の週末、アキバの街中に変化は?
週明けの5月25日にラジオデパート店と統合するテクノハウス東映が、移転セールのラストスパートをかけている。街の往来も回復傾向にある。(2020/5/23)

お手軽ゲーミングPCの道:
5万円台スト5PCを作る――テスト結果から見えてきた必要十分なパフォーマンス【ベンチマーク編】
IntelのeSportsトーナメント「Intel World Open」(2021年に延期)に採用されたゲームタイトル「ストリートファイターV」。これを満喫できるPCを作り、その過程をお届けする本連載。今回は、さまざまなテストでスト5PCの実力をチェックした。(2020/5/22)

Intelの10コア20スレッドCore i9+Z490:
第10世代Core×Quadro RTX 4000のパワーはいかに? マウスのクリエイター向けPCを試す
Intelが投入したデスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake)と、Intel Z490チップセットを搭載したPCが続々と登場している。その中から、マウスコンピューターのクリエイター向けモデル「DAIV Z7-QR4」を取り上げる。新モデルの性能はどの程度のものなのだろうか。(2020/5/21)

古田雄介の週末アキバ速報:
閉店POPもセールもなく――ツクモDOS/Vパソコン館とツクモ12号店が幕を閉じる
「一部店舗の統廃合のお知らせ」がリリースされた翌日、ツクモDOS/Vパソコン館とツクモ12号店は週末を待たずに閉店した。店舗を訪ねても、閉店を知らせるPOPは見当たらなかった。(2020/5/16)

シリーズ「私とテレワーク」:
マシンスペックよりも4画面が大事――ライター古田雄介氏の場合
自宅で本格的に仕事をできるように、テレワーク環境を構築するにはどうしたらいいのか。PC USERには、以前から自宅で仕事しているライター諸氏が多数いる。彼ら彼女らからその極意を伺っていく。トップバッターは、連載「アキバPickUP!」の担当ライターである古田雄介氏だ。(2020/5/14)

古田雄介の週末アキバ速報:
シャッターが降りだして1カ月経ったアキバの今
緊急事態宣言が出された4月8日から1カ月が経過した秋葉原を歩くと、「当面の間、休業いたします」と貼られたシャッターを何十となく目にする。もちろん、Webカメラは今も枯渇したままだ。(2020/5/9)

男を落とす女子高生のテクニックいろいろ「かぐや様は告らせたい?」4話 純粋な男子を1日で攻略できるか?
御行の誠意が問われる。(2020/5/3)

古田雄介のアキバPick UP!:
アクションカム、無線LANアダプタ、電源タップ……アキバで人気急増のテレワークアイテム
アキバのPCパーツショップの売れ筋が、緊急事態の様相を深めてきている。動きの激しいアイテムは、どこのショップもテレワークに関連したものだった。(2020/4/13)

お手軽ゲーミングPCの道:
5万円台スト5PCを作る――ハイブリッドストレージ「FuzeDrive(StoreMI)」の性能チェック編
インテルのeSportsトーナメント「Intel World Open」(2021年に延期)に採用されたゲームタイトル「ストリートファイターV」。これを満喫できるPCを作り、過程をお届けする。(2020/4/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
緊急事態宣言で変わりゆくアキバ電気街の様子
東京都や大阪などを中心に緊急事態宣言が発令されて以降、秋葉原電気街の様子は明らかに変わった。休業する店舗が大幅に増え、往来を行き交う人がはっきりと少なくなっている。(2020/4/11)

お手軽ゲーミングPCの道:
5万円台スト5PCを作る――SSDとHDDで組むハイブリッドストレージ「StoreMI」(FuzeDrive)編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/4/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
Webカメラやヘッドセットが急に枯渇!――テレワーク需要の爆発
アキバのPCパーツショップで、にわかにWebカメラとビジネス向けヘッドセットの在庫が薄くなっている。10万円台以下のノートPCのまとめ買いもここ1週間で始まったという。(2020/4/4)

古田雄介の週末アキバ速報:
臨時休業や営業時間縮小が続出、週末特価も声を大にできない電気街
東京都の外出自粛要請から、今週土日の営業を自粛するショップや営業時間を短くするショップが複数見られる。金曜日の時点で街は特殊な空気に包まれていた。(2020/3/28)

お手軽ゲーミングPCの道:
PC版「ストV」を最高画質でストレスなく楽しめるモデルを5万円台で自作する方法――パーツ選定編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/3/26)

古田雄介のアキバPick UP!:
1.8万円のREALFORCE初のマウスがアキバに登場&大人気
REALFORCEブランド初のマウスが、初回から好調に売れている。同じく新登場となるASUSTeKのPCIe 4.0対応M.2拡張カードがコアなユーザーの注目を集めた。(2020/3/23)

お手軽ゲーミングPCの道:
PC版「ストV」を最高画質でストレスなく楽しめるモデルを5万円台で自作する方法――導入編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/3/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
長尾の“見せるケース”、ATXとmicroATX版にもホワイトカラーが登場!
長尾製作所のオープンフレーム「N-FRAME」のATXとmicroATX版にもホワイトモデルが登場して話題になっている。“パーツを閉じ込めないケース”の需要は着実に広がっている様子だ。(2020/3/20)

古田雄介の週末アキバ速報:
2万円台半ばで買えるCrucial「BX500」2TBモデルがデビュー
大容量SSDの在庫不足が叫ばれる中で、Crucialからエントリーシリーズ「BX500」の2TB&1TBモデルが登場した。現状で容量帯の最安クラスが手に入るチャンスだ。(2020/3/14)

モバイルディスプレイの道:
実売2万円台半ばの15.6型モデル MSI初のモバイルディスプレイ「Optix MAG161V」を試す
ゲーミングPCやPCパーツでおなじみのエムエスアイコンピュータージャパン(MSI)から、同社初となるモバイル液晶ディスプレイ「Optix MAG161V」が発売された。その出来栄えをチェックした。(2020/3/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce GTX 1080搭載カードのバルク品が税込み2.8万円で掘り出される
流通の緊急時は、意外な掘り出し物が出回ることもある。今週末はZOTACの「GeForce GTX 1080 Blow」のバルク品がスポット入荷して話題を呼んでいる。(2020/3/7)

古田雄介の週末アキバ速報:
在庫不安に臨時休校の影響は?――2月末のアキバ電気街に漂う空気感
新型肺炎による影響は、さまざまな形でアキバに表れている。これまでの在庫不安に加え、今週は小中高校の休校というトピックスも増えた。けれど、ガラリと変わった感じは意外とない?(2020/2/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
1.6万円で6コアのRyzenがついに登場!――早くも人気に
AMDno「Ryzen 5」に1万6000円前後の高コスパモデル「3500」が加わり、ショップで話題となっている。また、IPSパネルで240Hz動作の27インチモニターも登場した。いろいろあるけれど、新製品も粒ぞろいだ。(2020/2/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
板モノからPCケースまで――全方位で“危機”がチラ見えしてきたアキバ
新型肺炎は物流にも大きな影響を与えている。PCパーツショップでも穴の開いた棚を見かけるようになった。そして、祝日月曜のau Pay祭りに身構える店員さんの声が聞こえる。(2020/2/22)

古田雄介の週末アキバ速報:
パーツの値上げに品不足といろいろあるけど、週明けに盛り上がっているアキバ自作街
2月10日からスタートしたau PAYの「誰でも! 毎週10億円! もらえるキャンペーン」がPCパーツショップでも大反響となっている。長期的な品薄の懸念もあるけれど、いろいろなことが起きているようだ。(2020/2/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
約50万円のCPU 64コア128スレッドの「Ryzen Threadripper 3990X」が登場!
第3世代Ryzen Threadripperの最上位となる「3990X」が登場した。税込みで50万円弱の高価なCPUながら、以前から狙ってたユーザーが少なからずいた様子だ。(2020/2/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
メモリやSSDの値上がり、PCパーツの品薄が新生活準備シーズンを直撃する恐れも
春節休みの延長は、秋葉原電気街にも影響を与えている。今週末はまだ目立った品切れ傾向は見られないが、「新生活準備シーズンはまずいかも……」との声が、深刻なトーンで聞こえてくるようになってきた。(2020/2/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
光らずともROG――ASUSTeK製ライザーカードが出回る
PCパーツの流通がストップする春節休み(延長前の)と重なった先週だが、それでも多くの新製品がショップの店頭をにぎわせている。ROG STRIXブランドのライザーケーブルや、32GBのDDR4 SO-DIMMなどが登場した。(2020/2/3)

古田雄介の週末アキバ速報:
マスク姿も増えたが、流通の長期停止化に懸念――新型コロナウイルスの影響がアキバにも
猛威をふるう新型コロナウイルスの影響は、秋葉原のPCパーツショップかいわいにも現れるようになってきた。直接的な客足よりも、春節休みの延長が大きいと答えるショップが多い。(2020/2/1)

スマホが世界をちょっと狭くしたなあ
台湾を旅しました。台湾の人たちは、スマホの翻訳アプリを使って話しかけてくれ、とても親切にしてくれました。スマホがある海外旅行は、“アウェイ感”をあまり感じずに済むなあと思いました。(2020/1/29)

全コア5GHzのi9-9900KS+RTX 2070 SUPERの「G-Tune HP-Z」で快適WQHDゲーミングを楽しんだ
マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」シリーズの最新モデルが「G-Tune HP-Z」だ。その圧倒的なスペックをチェックした。(2020/1/27)

ドスパラ、最大20%をポイントで還元する「半期決算セール」開催中
ドスパラは、特価ゲーミングPCやPCパーツなどを販売する「半期決算セール」を開始した。(2020/1/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。