ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
自作PC - ITmedia PC USER
質問!PCパーツ・周辺機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でPCパーツ・周辺機器関連の質問をチェック

自作PCパーツの商社「マスタードシード」が破産
販売量が鈍化していたとのこと。(2019/6/13)

パナソニック、レッツノートを自分で組み立てる「手づくりレッツノート工房 2019」 8月3日
パナソニックは、小学生〜高校生が対象のイベント「手づくりレッツノート工房 2019」の開催を発表した。(2019/6/10)

マウス、“訳あり品”を現金特価で販売する「訳ありセール」 7月27日
マウスコンピューターは、箱汚れ品や再整備品などを特価販売する「訳ありセール」の開催を発表した。(2019/6/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
AMDがIntelに完勝する?――アキバを覆う非日常の風
5月末に発表された第3世代Ryzenの評判は時を待たずに自作PC街を駆け巡り、現行世代の売れ行きにも影響を与えている様子だ。主流の座をIntelから奪うのでは、という声も少なからず聞こえる。(2019/6/4)

マウス、「夏休みこども自由研究 in 沖縄コンベンションセンター2019」にブース出展 PC組み立て教室を実施
マウスコンピューターは、沖縄県宜野湾市で開催される「夏休みこども自由研究 in 沖縄コンベンションセンター2019」への出展を発表した。(2019/6/3)

マウス、親子でPC組み立てを体験できる「親子パソコン組み立て教室」 7月27日開催
マウスコンピューターは、小学6年生の児童と保護者を対象とした「親子パソコン組み立て教室」の開催を発表した。(2019/6/3)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:待望の機能アップデート「Windows 10 May 2019 Update」の主な変更点
Windows 10の2019年春の機能アップデート「May 2019 Update」がやっと提供開始となった。仮想マシンによるソフトウェアテスト環境「Windowsサンドボックス」など大きな機能追加が行われている。どのような機能変更があるのかをまとめてみた。(2019/5/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
10連休中にRyzen躍進! ショップによってはシェアがIntelを超える
PCパーツの一式買いが多かった連休中、全体的に品薄なCore iシリーズを尻目に各ショップでRyzenの売れ行きが目立っていたという。中にはシェアが逆転したという声も。(2019/5/14)

週末アキバ速報:
Core iシリーズのバルク品を売る店と売らない店 苦悩が続くアキバの今
Intelのコンシューマー向けCPU「Core i」シリーズは長らく品薄傾向が続いている。バルク品を扱うショップもあり、逆にBTO向けのCPUが足りないと嘆く声もあり、それでもどうにかやりくりしている様子だ。(2019/4/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
今時のゲーミングPC、予算感は15万〜30万円が標準的?
最近のアキバでは、ゲーミングPCを一式組むのに「本体で20万円、周辺機器込みで25万円」なんて話も耳にする。数年前の「10万円でもまぁOK」という時代から相場観が大きく変わっている……?(2019/4/22)

PR:18コアの衝撃――ワークステーションクラスのCPUを搭載した「Endeavor Pro9000」
メニーコアCPU「Core-X」を採用した「Endeavor Pro9000」の実力を徹底検証。(2019/4/19)

週末アキバ特価レポート:
新生活特需を後押し!? DDR4 32GBキットが税込み1万8980円
ここ最近、週末特価で目立っているのがSSDとDDR4メモリだ。税込み1万円を切る16GBキットが複数のショップで人気を集めており、新生活前の一式買いに一役買っているとか買っていないとか。(2019/3/30)

これぞ高根の花 「Xeon W」が使える20万円のROGマザーがデビュー
40万円弱のアンロックCPUに7万円の専用水冷クーラー、CPUの性能をフルに引き出せる20万円マザーが登場。趣味方面では久方ぶりの突出具合だが、各ショップで順調に売れている様子だ。(2019/3/25)

引っ越しシーズン いらないPCや携帯電話を処分するぞ!
新生活に向けて、引っ越しが盛んになるこの季節。部屋を片付けていたら不要なPCや携帯電話がたくさん出てきた、なんてことがあると思います。その場合、どうやって処分すればいいのでしょうか。簡単にまとめてみました。(2019/3/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce GTX 1660の登場に見る「3万円の壁」 アキバの評価は……
新GPU「GeForce GTX 1660」の評価で、アキバのPCパーツショップから聞こえてくる「3万円を切ってからが勝負」の声。1つ上のGTX 1660Tiカードは「4万円を超えると厳しい」とも言われている。そのあたりの価格感を追ってみた。(2019/3/18)

PCパーツ卸のマスタードシードが事業停止
PCパーツや周辺機器の卸販売を手掛けていた専門商社のマスタードシードが3月4日に事業を停止し、債務整理を弁護士に一任した。(2019/3/6)

PR:第9世代Core×GeForce RTX 2060×超静音 「Silent-Master Pro Z390-Mini」がコンパクトなのにすごい!
サイコムの「Silent-Master Pro Z390-Mini」は、最新の第9世代CoreとGeForce RTXというイマドキの旬なパーツを使い、無音に近いレベルの優れた静音性を実現したコンパクトデスクトップPCだ。(2019/2/25)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
Intel NUCで最新SSDを比較してみた
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。今回は完成したNUCを使ってNVMe SSDの最新モデルをチェックしてみました。(2019/2/22)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
最新のIntel NUCで自作して分かった2つの驚き
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。すっかりさび付いていた“自作魂”に火をつけたものとは何だったのでしょうか。(2019/2/20)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
Intel NUCの最新モデルに触って分かった2つのこと
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。すっかりさび付いていた“自作魂”に火をつけたものとは何だったのでしょうか。(2019/2/18)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
自作PCユーザーが5年振りに目覚めた2つのきっかけ
とある自作PCユーザーが平成最後の年にふと目覚め、ほぼ5年ぶりにPCを新調しました。その過程を含め、今どきの自作事情をお届けしたいと思います。(2019/2/9)

Steamの旧正月セールが開始 トークンイベントも開催中
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」で「旧正月セール」が開催中。数千におよぶタイトルが2月13日午前3時までセール価格で購入できる。(2019/2/5)

手が届かないPCパーツも自由自在:
自作PCをPC内で楽しむ「PC Building Simulator」の正式版が公開
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」において長らく早期アクセスで提供されていた、自作PCシミュレーター「PC Building Simulator」の正式版が公開された。2月6日ではキャンペーン価格で提供される。(2019/1/30)

Chromeがメモリを“食い続ける様子”の擬人化動画が人気 見た後にタスクマネージャーを開いてみよう
Chrome「うおおぉぉバリバリムシャムシャ」(2019/1/28)

机の上ではコンパクト、そしてCPU性能はトップクラス――現代のスリムPC「LUV MACHINES Slim」レビュー
CPU処理性能の高い省スペースPCを探している人は、最新の第9世代Core i7を搭載した「LUV MACHINES Slim」シリーズに注目だ。(2019/1/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
Windows 7サポート終了まで1年を切るもアキバが無風な理由
Windows 7のサポート期限が1年を切ったということで、PCパーツショップにはWindows 10への移行を進めるキャンペーンが始まっている。しかし、Windows XPのときとは空気が違うようだ。(2019/1/21)

2018年アキバまとめ後編:
光るSSDに電源ケーブル、枯渇が続くRTX 2080 Tiカード……2018年アキバを振り返る
グラフィックスカードはGeForce RTX 2000シリーズが登場し、ストレージは14TB HDDの投入やSSDの値下がりが注目を集めた。そして、コンスタントに週の主役を張っていたのが光モノだ。前編に引き続き、2018年アキバ自作街のトピックスを網羅したい。(2018/12/30)

Core i9-9900K&GeForce RTX 2080 Tiを搭載 G-Tuneの最新フラグシップをぶん回す
ゲーミングPCブランド「G-Tune」の最上位に君臨する「MASTERPIECE」シリーズの中でも、今回取り上げるプラチナモデルカスタムモデル「i1640PA2-SP2」は、Core i9-9900KとGeForce RTX 2080 Tiを搭載する、フラグシップの名にふさわしい製品だ。(2018/12/27)

指でつぶすと気持ちいい「プチプチ」、実は“数千種類ある”って知ってた?
どれも同じだと思ってた……。(2018/12/27)

週末アキバ特価レポート:
アキバでSSDが値下がり傾向 キャンペーン併用でさらに安く
今週末のアキバはSSDの値下がり傾向に加えてSamsungの限定キャンペーンもあり、ストレージの強化に持ってこいだ。また、オリオスペックではQNAPの新製品体験会も開かれる。(2018/12/22)

2台分のPCパーツを同時に検証できるアクリル製の2段ベンチ台
サードウェーブは、アクリル製のPCベンチ台「DN-915606」の取り扱いを開始した。(2018/12/19)

「転がってる一斗缶で組みました」 トランセンドジャパン主催“変態PC博覧会2018”にPCらしき何かが集う
PCという概念についてもう一度考えたい。(2018/12/19)

PR:さすがサイコムRTX 2080もいち早く水冷化しちゃうぜ! 「G-Master Hydro Z390II」徹底検証
サイコムの「G-Master Hydro Z390II」は、NVIDIAの最新GPUであるGeForce RTXシリーズを国内で初めて水冷化した製品だ。第9世代Core+GeForce RTXのデュアル水冷による強力なゲーミング性能を明らかにしていこう。(2018/12/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Core iが潤沢な年末」は絶望的
IntelのCPUは「Core i9-9900X」などの新モデルが登場しているが、依然として主力のCore i-8000シリーズは枯渇したまま。きらびやかなパーツが光る年末のアキバだが、不安の影は消えない。(2018/12/17)

アーク、各種ハイエンドPCパーツを割引価格でチョイスできる「年末年始キャンペーン」 最大4万円引き
パソコンSHOPアークは、各種BTOデスクトップPCでオプション選択可能なパーツを値引き価格で提供する「2018年BTO年末年始キャンペーン」を開始した。(2018/12/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバ自作街を二分したPayPayフィーバー
先週のアキバは、新製品以上にPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」による盛り上がりが目立っていた。対応店舗と非対応店舗とで売れ筋に違いが表れるほどの反響をみせている。(2018/12/10)

PR:冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!
冬休みは最新ゲームタイトルをとことん楽しみたい! でもゲーミングPCは高価だし……そんな人にオススメなのが「G-Tune」。幅広いラインアップやBTOメニューで自分にぴったりの製品を選べるだけでなく、ゲーマーのニーズを追求したデザインや抜群のコストパフォーマンスが見どころだ。性能と価格のバランスがいい鉄板構成を紹介する。(2018/12/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
ジュエルな輝きを持つRGBメモリがアキバで話題に
輝きを放つRGB LEDを搭載したG.SKILLのメモリが、複数の店舗で先行展示されて話題を呼んでいる。入り口に光モノの巨大オブジェ(?)を掲げるショップもあり、光る自作の勢いは2019年も続きそうだ。(2018/12/3)

週末アキバ特価レポート:
860EVO 500GBが1万円切り! 冬ボの季節、3連休もSSD特価が目立つ
特価POPに「冬のボーナス」の文字がみられるようになった3連休。各ショップの特価の中でもSSDが目立っているのはここ最近の傾向といえる。(2018/11/23)

エンプラこぼれ話:
MS平野社長、中学生のSkype授業に参加 自作PCについての“ガチ質問”にびっくり
日本マイクロソフトの平野社長と札幌市の中学校2年生との間で、Skypeを使った“課外授業”が行われた。同社では、Skypeを使った授業を広めることで、教育分野のユーザー層を拡大しようとしている。(2018/11/15)

週末アキバ特価レポート:
6TB HDDが税込み1万1980円も「注目は1万円割れから」
大容量HDDの特価は最近6TBモデルが目立っている。今週も税込み1万2000円切りのSeagate「ST6000DM003」が見つかるが、まだ主流は4TBだという。(2018/10/20)

CFD、「CFD PC DIY フェス 2018」イベントの詳細を発表
CFDが10月28日に開催する「CFD PC DIY フェス 2018」のイベント詳細を発表した。(2018/10/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
第8世代Coreシリーズの品薄傾向が深刻化
第9世代Coreシリーズに対応するZ390マザーが登場した一方で、現行の第8世代Coreシリーズの全体的な品薄傾向が表面化している。年明けまで尾を引きずるといったコメントも複数ある。(2018/10/9)

PCパーツメーカー10社がアキバに集結する「CFD PC DIY フェス 2018」 10月28日
CFD販売は、PCパーツメーカー10社が参加するイベント「CFD PC DIY フェス 2018」の開催を発表した。(2018/10/5)

六本木ヒルズの特設ブースでPC組み立て教室――マウスコンピューターが「MOUSE COMPUTER PC LAB」を開催
マウスコンピューターは六本木で行われたテック系イベント「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018」でPC組み立て教室を開催した。(2018/10/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
壁に! 背中に! “自作空間”を拡張するアイテムがアキバで注目を集める
ROGロゴを壁に照射できるスポットライトやCORSAIR製チェアなど、マシンの枠組みを超えた新製品が複数見られるようになった。次世代GeForceの深夜販売イベント情報も。(2018/9/19)

マウス、「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018」に出展 PC組み立て体験を実施
マウスコンピューターは、2018年9月29日〜30日に開催される「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018」への出展を発表した。(2018/8/31)

新生「NEXTGEAR」はPCゲーマーの理想か? ダブル水冷プラチナモデルを徹底レビュー
G-TuneブランドのミドルタワーPC「NEXTGEAR」シリーズが、ゲーマーの声を反映した新デザインのケースにリニューアル。最高峰のW水冷モデルを徹底検証。(2018/8/29)

PR:小さいのに6コアCore i7で高性能 コスパも優秀な省スペースPC「Radiant SPX2700H310」
6コア・12スレッドの最新CPUを搭載できる超小型PCがサイコムから登場。静音性を追求するサイコムならではのこだわりにも注目だ。(2018/8/9)

小学6年生がPC自作に挑戦――「親子パソコン組み立て教室」レポート
マウスコンピューターによる夏の恒例イベント「親子パソコン組み立て教室」が開催。31組の親子がPC自作に挑む!(2018/8/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。