ニュース
» 2009年10月19日 20時03分 UPDATE

ねとらぼ:女性はYahoo!派、男性はGoogle派!?

女性はYahoo!JAPANが圧倒的、男性はGoogle利用者も多い――検索サイトに関する調査でこんな傾向が見えた。

[ITmedia]
photo 最も多く利用する検索サイト

 女性はYahoo!JAPANが圧倒的、男性はGoogle利用者も多い――英会話学校GABAが行った、検索サイトに関するモバイルリサーチで、こんな傾向が見えた。

 仕事で英語を使用したことがある20〜50代の男女1000人に、最も使っている検索サイトを聞いたところ、女性は64.9%がYahoo!JAPANで、次点のGoogleは29%。対する男性は、Yahoo!JAPANが50.5%、Googleが41.4%と、Google派も多かった。


photo 仕事での英語利用頻度別に見た検索サービスの利用率

 仕事で英語を使っている頻度によって、利用する検索サービスにも違いが。週に数回以上英語を使っている人は、「exicite」「livedoor」「バイドゥ」「NAVER」の利用率が比較的高く、特にNAVERは利用者の90%をヘビー層が占めていた。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -