ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NAVER」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NAVER」に関する情報が集まったページです。

韓国のスターバックスがSamsungとコラボで「Galaxy Buds2」のラテカップ型オリジナルケース発売
Starbucksの韓国オフィスとSamsungがコラボし、「Galaxy Buds2」のオリジナルケースを発売する。ラテカップ型のケースは5万9000ウォン(約6210円)。韓国でのみ限定個数を販売する。(2022/6/28)

“メタバースなソフトバンクショップ”開設 24時間365日いつでもサポート
ソフトバンクは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」を6月23日にオープンした。「ZEPETOアプリ」(Android/iOS)をスマホなどにダウンロードし、3Dアバターを作った上で同店へ来店すると、メタバース空間でアバターによる接客などが受けられる。サービスの契約や、端末、アクセサリーなどの購入はオンラインショップへ推移し、ユーザー自身が行わなければならない。(2022/6/23)

Innovative Tech:
作家とAIが小説を共作できるツール 主人公の変化する運勢を“手書きグラフ”で操作、AIが物語文を作成
米ミシガン大学、韓国のKAIST、韓国のNaver AI LABによる研究チームは、人間(作家)とAI(GPTベースの言語モデル)が小説の物語を共同制作できるツールを開発した。(2022/6/2)

スピン経済の歩き方:
海外は「賃上げラッシュ」なのに、なぜ“安いニッポン”は我が道を行くのか
多くの国で「賃上げラッシュ」が起きている。欧米だけでなく、マレーシアや韓国などでも賃上げの報道が続いているが、その一方で、なぜ日本は乗り遅れているのか。背景に何があるのかというと……。(2022/5/17)

Amazonプライム・ビデオ、日本だとApple TVより407倍人気 Appleが分析結果を公開
米Appleは、米Analysis Groupのエコノミストが発表したサードパーティーアプリに関する報告書を紹介する形で、自社アプリよりもサードパーティーアプリが人気を獲得しているとの分析を発表した。(2022/4/11)

台湾で2人に1人が利用:
1億DLを突破 オードリー・タン氏も認める詐欺電話・SMS防止アプリ「Whoscall」とは?
詐欺SMSや迷惑電話を未然に防ぐ台湾発のアプリ「Whoscall」が世界でユーザーを拡大させている。台湾では2人に1人が利用し、全世界のダウンロード数は1億に達する。デジタル担当大臣のオードリー・タン氏も評価するというアプリは、一体どのようにしてうまれたのか。(2022/4/24)

新たなビジネスになるか:
Zホールディングス川辺、出沢CEOに聞くメタバース、Web3、NFT 「大きなチャンスになる」
前編【Zホールディングス川辺、出沢CEOが語る展望 ヤフーとLINEの相互理解を深めて世界の“第3極”に】では、経営統合のシナジーやメディア事業好調の理由を聞いた。現在、3次元の仮想空間である「メタバース」が、世界的なトレンドになっている。中編では、同社がいかなるビジネス展開を考えているのかを聞く。(2022/3/30)

Go AbekawaのGo Global!〜具 彰昡編(後):
2021年を「新しい人生の元年にしよう」と決めた
仕事を始めることで人生の可能性を見つけて、本当の自分を出せるように努力しよう、心のブレーキを外していろいろなことをやってみようと思った。(2022/2/24)

2021年秋アニメ「満足度ランキング」 鬼滅の刃を抑えたトップ4は?
「Filmarks(フィルマークス)」を運営するつみきは「2021年秋アニメ 満足度ランキング」の集計結果を発表した。大人気アニメ『鬼滅の刃 無限列車編』は5位にランクイン。同作品の満足度を上回ったトップ4は?(2022/1/22)

PR:年収3000万超えも当たり前!? スマホ時代の縦読みマンガ「webtoon」について聞いてきた
スマホに最適化した縦読みマンガ「webtoon」。詳しく聞いてみるとかなりすごいことになっていました。(2021/12/17)

LINEがネットショップ作成サービス、開設から顧客対応までLINEで完結
LINEは、韓国のNAVER Corporationが提供するオンラインストア作成サービス「NAVER SmartStore」を日本向けにローカライズした「MySmartStore」を始める。本格提供は2022年春を予定。(2021/10/21)

サイバースパイが日本を破壊する【前編】:
経済安全保障の重要性を早くから指摘 気鋭の経済ジャーナリストに「米中経済戦争」による日本企業への影響を聞いた
岸田文雄新内閣では新たに「経済安全保障」を担当する閣僚ポストが新設される。経済安全保障の重要性を指摘してきたのが経済ジャーナリストの井上久男氏だ。井上氏インタビューの前編では中国が進める「軍民融合」の実態と、中国企業による楽天への出資について聞いた。(2021/10/4)

Go AbekawaのGo Global!〜崔 国編(前):
Amazonは知らなかったけど、Webでサービスをやりたかった
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はカインズの崔国(サイ・コク)氏にお話を伺う。コンピュータに夢中になった中国の少年は「閉じられたWeb」の世界でも新しいサービス開発を夢見ていた。(2021/9/28)

「ワールドトリガー」シリーズ初の音楽イベント開催が決定 ヒュースが戦う3rdシーズンの特報映像も
やったぁぁぁ!(2021/8/15)

「LINEMOの契約数は?」「プラチナバンド再割り当てはどう思う?」――ソフトバンク決算説明会一問一答(2021年8月編)
ソフトバンクが2021年度第1四半期の決算を発表した。この記事では、決算説明会における記者と宮川潤一社長との質疑応答の中で、特に注目すべきやりとりを紹介する。(2021/8/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
大赤字で“株価暴落中”の出前館、これは「良い赤字」か「悪い赤字」か
コロナ禍による巣ごもり消費の追い風を受け、急速に対応エリアと店舗を拡大している出前館。しかし、25日に発表された出前館の決算は惨憺(さんたん)たる結果として市場に受け入れられた。コロナ禍を経て赤字が7倍以上も膨らんだことになる。(2021/7/2)

「スマホの料金はまだ下がる?」 「PayPayとLINE Payは統合するの?」株主の質問にソフトバンク宮川社長はどう答えた?
ソフトバンクが定時株主総会を開催した。就任後初めて総会の議長に就いた宮川潤一社長は、株主からの質問にどう答えたのだろうか。(2021/6/22)

LINEのデータ国内移転、“アルバム”は2024年に 「当初は計画になかった」
LINEのアルバムに保存した、画像データの国内移転が2024年上半期になる見込み。データ量が膨大で、韓国のサーバからの移転に時間を要するため。6月中の国内移転を目指す対象は、トーク内の画像データで、アルバムは対象外。LINEは「説明が不十分だった」と釈明。(2021/6/2)

Windowsフロントライン:
IE11がついに2022年6月15日で終了へ 日本でのシェアは?
ついにInternet Explore 11のサポート終了日程が明らかにされた。その意味と今後の影響、日本におけるブラウザシェアから見えてきたことを考える。(2021/5/21)

「LINEの個人情報保護問題」で問われるデータ保管の透明性確保 LINE WORKSは万全か?
LINEのユーザー情報が中国のシステム開発委託企業で閲覧可能だった問題は、ユーザーはもちろん、SaaS提供企業の間で大きな波紋を呼んだ。サービスデータの透明性確保が重要になる中、「エンタープライズ向けLINE」とも呼べるLINE WORKSはどのような取り組みを進めているのか。提供元のワークスモバイルジャパン社長が語った。(2021/5/14)

石川温のスマホ業界新聞:
LINEが個人情報データの国内化を発表――出沢社長「おかしい、気持ち悪いへの配慮に欠けてきた」
LINEアプリに関するサーバに保存された情報が中国から確認できるようになっていたり、情報の一部が韓国のデータセンターに保存されていたりした問題に関して、LINEが日本のユーザーのデータを順次国内に移管する意向を表明した。「データが国内にあること」は、ユーザー目線では重要なのだろうか。(2021/4/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本にとって“渡りに船”だったのか? LINE騒動はゴタゴタ中
LINEの個人情報が、中国からアクセスされているとして大騒動に。多くのユーザーは以前と同じように使っていると思うが、3月に合併したヤフー側はこの騒動をどのように受け止めているのだろうか。(2021/3/29)

LINEのデータ保管、なぜ海外に? LINE幹部が会見で説明
LINEがユーザー情報の管理を巡る問題について開いた記者会見で、LINE社の舛田淳取締役は、ユーザー情報を海外のデータセンターに保管していた理由を説明した。(2021/3/24)

LINEの個人情報問題、グローバル開発体制で起きた“見落とし”とは?
LINE利用者の個人情報が一部中国から閲覧できる状態にあるなど、個人情報管理に関する問題を指摘されたことを受けて、LINEが詳細を説明。「LINEの個人情報にアクセスする業務を中国で実施していたこと」「トーク上の画像や動画を国外で保存していたこと」「プライバシーポリシーでその国名を明記していなかったこと」の3点を問題視。LINEの出澤剛社長は「ユーザーの分かりやすさに対する配慮が欠けていた」と謝罪した。(2021/3/24)

漫画『ワールドトリガー』が2.5次元舞台化! 空閑遊真役、植田圭輔らのビジュアルが公開
今度は舞台でトリガーオンッッ!(2021/3/4)

新生Zホールディングスの戦略:
ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。(2021/3/2)

平井大臣、LINEとZホールディングスの統合に言及 「利用者目線のプラットフォームを」
平井卓也デジタル改革担当相がヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)とLINEの経営統合に言及。「利用者目線に立ったプラットフォームを目指してほしい」と述べた。(2021/2/26)

3つの意味を込めた:
ヤフーとLINEの経営統合で、持ち株会社「Aホールディングス」誕生
ヤフーとLINEの経営統合に向け、ソフトバンクがNAVERと共同出資する持ち株会社の商号を「Aホールディングス」にすると発表。傘下にはZホールディングス、さらにその下にヤフーとLINEの事業会社がぶら下がる。(2021/2/24)

LINEが「Aホールディングス」に商号変更 ヤフーとLINEの経営統合で
ソフトバンクとNAVER Corporationは、2月24日に開催されたLINEの臨時株主総会で、LINEの商号を「Aホールディングス(AHD)」に変更すると決定した。(2021/2/24)

LINE、12月29日に上場廃止 ZHDとの統合で成長軌道に乗るか
東京証券取引所はLINEを12月29日に上場廃止すると発表した。15日から整理銘柄に指定される。15日に開いた臨時株主総会で、ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)との統合を可決したため。(2020/12/16)

LINE、日本語特化の汎用言語モデル開発へ 100億ページ分のデータを学習
LINEが、日本語に特化した汎用言語モデルを開発する。日本語データを100億ページ分学習させ、対話や翻訳、文章作成などができるAIを作る。(2020/11/25)

「何年待ってたことか」「テンションぶち上がり」 「ワールドトリガー」2ndシーズン、2021年1月9日から放送開始
10月30日の生配信で追加キャストを発表する予定。(2020/10/23)

NAVERまとめ終了 「最後のまとめ」を限定公開 11年で180万本の記事、PVは合計1718億に
キュレーションサイト「NAVERまとめ」のサービスが9月30日で終了する。まとめ編集部は11年の歴史を綴った「最後のまとめ」を24時間限定で公開した。(2020/9/30)

「NAVERまとめ」がサービス終了 記事ダウンロード機能を期間限定で提供
2009年にスタートした「NAVERまとめ」が終了。(2020/9/30)

Innovative Tech:
線画を自動着色、別画像の色合いを参照 KAISTなどが開発
既存技術と比較して良い結果が得られているという。(2020/9/11)

ヤフーとLINEの統合、合弁会社名は「Aホールディングス」? ソフトバンク「正式に決定したものではない」 しかしLINEが商標出願済み
ヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)とLINEが進めている経営統合を巡り、2社を統合するために設立する合弁会社の名前が「Aホールディングス」になると韓国聯合ニュースが報じた。これに対し、ZHD親会社のソフトバンクは「当社から発表したものではなく、合弁会社の名称は正式に決定したものではない」と声明を出した。(2020/8/25)

ヤフーとLINE、経営統合は2021年3月に
新型コロナウイルス感染症の影響で、準備の一環としていた競争法上の手続きが一部の国で滞っているとして、経営統合の延期を20年6月に発表していたもの。(2020/8/3)

NAVERまとめ終了 11年の歴史に幕
ネクストライブラリが、運営する「NAVERまとめ」のサービスを9月30日に終了する。終了後は全てのまとめ記事を公開停止する。(2020/7/1)

「NAVERまとめ」がサービス終了 「今後の成長性」など検討の結果
(2020/7/1)

LINE、出前館に計300億円を出資 「LINEデリマ」「出前館」を統合、フードデリバリー事業を強化
LINEが出前館と資本・業務提携を結んだ。NAVER傘下のファンドと共同で計300億円を出資する。フードデリバリーサービス「LINEデリマ」「出前館」のブランドを統合するなど、共同で事業を推進する。(2020/3/27)

LINE、出前館を傘下に グループで300億円を追加出資、関係強化でUber Eatsなどに対抗
フードデリバリー市場は競争が激化。(2020/3/26)

LINE、AI技術を活用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」を提供開始
LINEは、同社のAI技術を活用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」の提供を開始した。AIソリューション「LINE BRAIN」のAI技術を利用した「NAVER Business Platform」のサービスとして提供する。(2020/1/24)

テレビアニメ「ワールドトリガー」新シーズン製作決定! 村中知、梶裕貴、田村奈央、中村悠一、島崎信長が喜びのコメント
原作者・葦原大介さんのコメントも。(2019/12/21)

ヤフー×LINEは「AI」で世界に勝てるのか? 必要なのは「タイムマシンから降りること」
ヤフーとLINE、両社を追ってきた西田宗千佳氏が見る「One TeamでのAI戦略」。(2019/11/20)

今後1年間の変化にも言及:
ヤフーとLINEが経営統合 その“切実な動機”と法人向けサービスへの影響は?
ZホールディングスとLINEは、2019年12月をめどに、法的拘束力のある資本提携に関する最終契約の締結を目指す。マーケティング事業や集客、新規事業開発などで、経営統合による相乗効果を図るというが、競合関係にあるサービスや、多数の自治体や企業に展開するサービスの行方はどうなるのか。(2019/11/19)

ヤフーとLINE、統合の裏に「GAFAに負けっぱなし」への危機感 世界で勝つ戦略とは?
ヤフー親会社のZホールディングスとLINEが経営統合について基本合意した。両社は11月18日に記者会見を開き、川邊・出澤両社長が詳細を説明した。経営統合には、「GAFA」「BAT」と呼ばれる米中のIT大手が発展し続け、日本企業が後塵を拝している状況を変える狙いがあるという。(2019/11/19)

ヤフーとLINEはなぜ提携したのか? 2トップの川邊氏と出澤氏が語る
既報の通り、11月18日に、ヤフーを子会社に持つZホールディングス(ZHD)とLINEが経営統合の基本合意を発表した。統合の背景には、強力な海外勢に対する強い危機感があった。お互いの弱い分野を補うことで、世界をリードする“AIテックカンパニー”を目指す。(2019/11/18)

「第三極」になれるか:
【一問一答】ヤフーとLINE、米中IT巨大化への危機感 スマホ決済サービスはどうなる?
ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とLINEが経営統合を発表。11月18日、ZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長が経営統合に至った経緯や今後の方針について語った。(2019/11/18)

「ひ孫会社」まで登場 ヤフーとLINE、複雑すぎる経営統合の図式
(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合へ 記者会見の一問一答まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意。記者会見の質疑応答の模様をリアルタイムでお伝えする。(2019/11/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。