ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「行政処分・行政指導」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「行政処分・行政指導」に関する情報が集まったページです。

大阪王将「ナメクジ」事件、告発者はなぜ逮捕されるのか? 内部通報“後進国”ニッポンを考える
不正を暴く人が守られなければ、社会全体の損失につながる。ではどうあるべきか。(2024/2/22)

情報流出拡大:
LINEの安全性に疑念 専門家「使うか使わないかの二択しかない」
 通信アプリ「LINE(ライン)」の利用者や取引先などに関する最大44万件の情報が外部に流出した可能性がある問題で、LINEヤフーは14日、調査する中で新たに最大約7万9000件が流出した可能性があると発表した。(2024/2/15)

嘉門タツオ、自粛からの活動再開を報告 被害者が後押し 2023年に飲酒運転で追突事故
65歳の誕生日である3月25日に恩人・宇崎竜童さんをゲストに迎え「反省と叱咤の会」を開催。(2024/2/10)

NTT西日本に行政指導 900万件個人情報流出問題で 総務省
総務省が、NTT西日本の子会社から900万件を超える個人情報が流出した問題で、電気通信事業法とNTT法に基づき同社を行政指導した。個人情報の取り扱い方法の見直しや顧客対応の徹底など再発防止策の実施状況について、3月29日までの報告を求めた。(2024/2/9)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【前編】違反者は社名公表リスクも
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/9)

金融庁、SBI証券に一部業務停止命令 IPOの株価操作で
金融庁は、SBI証券に対し一部業務停止命令と業務改善命令の行政処分を行った。SBI証券が引受主幹事を務めた3銘柄の新規上場株式(IPO)において、初値を釣り上げるなど株価を操作したとされる。(2024/1/12)

ソフトバンクに行政指導、11月の固定電話通信障害で 2度目の障害は1度目の対応が原因だった
ソフトバンクは27日、固定電話サービスの「おとくライン」などで11月18日と20日に発生した通信障害で、総務省から書面による指導を受けたと発表した。(2023/12/27)

ソフトバンク、固定電話サービス障害で行政指導 加入者情報データベースの故障が原因
ソフトバンクは、11月18日と20日に発生した「おとくライン」「おとく光電話」の障害について総務省から書面による指導を受けたと発表。影響数や原因、再発防止策についてまとめている。(2023/12/27)

SBI証券、IPOめぐる株価操作報道に「認識している事実ではない」
ネット証券大手のSBI証券は13日、IPO銘柄を巡り不適切な注文を受託していたとする一部報道について「認識している事実ではない」とした。(2023/12/13)

石野純也のMobile Eye:
「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に?
ソフトバンクは、Xiaomiのハイエンドモデル「Xiaomi 13T Pro」を12月8日に発売する。このモデルは発売直後から“実質24円”で販売されることが明かされ、衝撃を与えた。端末購入補助が2万2000円に規制される中、なぜこのような売り方が可能なのか。(2023/12/2)

「糸を引いていた」とSNSで報告のマフィン、販売店は閉業で営業再開の予定なし SNS削除後Webサイトで対応説明
保健所と警察の指導に従って対応すると説明しています。(2023/11/22)

山浦恒央の“くみこみ”な話(171):
イチから全部作ってみよう(2)ワインのECサイトを作るためにイメージを深めよう
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶシリーズ「イチから全部作ってみよう」。第2回は準備編として、開発対象となるワイン販売用のECサイトのイメージを深める。(2023/11/16)

小寺信良のIT大作戦:
徳島の「学校タブレット大量故障」にみる、GIGAスクールの“想定外” なぜそんなに壊れるのか
10月27日に朝日新聞が報じたところによれば、徳島県教育委員会が手配した約1万5000台のWindowsタブレットのうち、3500台以上が故障で使えなくなり、授業に支障が出ているという。なぜこのようなことが起こるのか、そして教育デバイスに求められる現実解を考える。(2023/11/10)

法制度・規制:
CO2の「海底下貯留」商業化に向けた課題とは? 環境省が関連制度を見直しへ
カーボンニュートラルの達成に向けた方策として導入検討が進んでいる「CCS(二酸化炭素回収・貯留)」。その貯留先の一つとして検討されているのが「海底」だ。環境省では専門の委員会を設置し、今後の海底下CCSに係る海洋環境の保全の在り方や制度見直しについての検討を開始した。(2023/11/8)

食中毒発生の駅弁メーカー「吉田屋」、営業禁止の行政処分解除 患者は554人
吉田屋は9月に発生した食中毒事故により、9月23日に八戸保健所から営業禁止処分を受けていました。(2023/11/4)

Q&A これって違法ですか?:
新卒が「残業が多い」と激怒 訴えられても勝てますか?
卒の社員が「募集要項より残業が多い」と激怒しています。確かにその新卒社員が配属された部署は忙しく、募集要項の記載よりも残業時間が長くなっているのは事実です……。新卒は「訴える」と言っているのですが、これは当社が悪いのでしょうか。(2023/11/2)

ペッパーランチ、体調不良の利用客6人からO157 2店舗が営業停止に
4店舗で10人の体調不良が確認されていました。(2023/11/1)

ビッグモーターの支援先はどこか 3社に絞り込み
経営危機に陥っている中古車販売大手、ビッグモーターがオリックスとテレビショッピング大手のQVC、中古車販売店「ガリバー」を運営するIDOMの3社を支援先候補に絞り込んだことが、関係者への取材でわかった。(2023/10/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「六甲のおいしい水」はどこへ? “水買いブーム”の先駆けを、店舗で見なくなった理由
国内ミネラルウオーターの先駆けである「六甲のおいしい水」。1983年の発売以降ヒットを続け、飲料各社がミネラルウオーターを販売する呼び水にもなった。一方、最近は小売店で目にする機会もなくなっており、どうなっているのか。(2023/10/24)

小寺信良のIT大作戦:
「ステマ規制」スタートで混乱も? 「ステマ」は何が問題なのか、改めておさらいする
10月1日より景品表示法の一部が改正され、「ステルスマーケティング」が規制の対象となった。ただこのガイドラインの書き方が回りくどいこともあり、誤解や臆測を生んでいるのもまた事実だ。今回はこのステマ規制で、誰のどういう行為が対象になるのかを整理したい。(2023/10/19)

2024年4月に改正再エネ特措法が施行:
FIT/FIPの認定要件となる「説明会」と、違反時の交付金停止措置の方針が明らかに
2024年4月から施行される改正再エネ特措法。施行に向けて、このほどFIT/FIP認定要件となった事前周知や説明会の具体的なルール、また関係法令に違反した場合にFIT/FIP交付金を一時停止する措置等の詳細設計案が公開された。(2023/10/5)

デジタル庁に行政指導 松野官房長官「重く受け止め」
松野博一官房長官は9月20日の記者会見で、政府の個人情報保護委員会がデジタル庁に行政指導したことについてコメントした。(2023/9/20)

銀座三越、漂白剤入りの水を提供した「銀座 天一」の食中毒を謝罪 「多大なる苦痛とご迷惑をおかけした」
すでに9月13日11時から営業を再開しています。(2023/9/19)

「『D2Cの会』フォーラム2023」レポート:
オルビス、北の達人コーポレーション、やずや D2C業界のトップランナーが「しくじり」から学んだこと
ビジネスの世界に必勝法はないが、「これはやったら絶対失敗する」というような“必敗法”はある。そして、それを学べば成功確率は上がるはず。優良通販企業のトップが失敗経験から得た学びとは?(2023/8/31)

総務省がヤフーへ行政指導 事前に周知せず位置情報などをNAVERへ提供
総務省は、ヤフーに対して検索関連データの提供に関する利用者周知と安全管理措置の実施を文書で指導。約756万のデータを利用者に対して事前の十分な周知を行わず、NAVER Corporationへ提供し利用させていたため。(2023/8/30)

総務省、ヤフーに行政指導 位置情報などを韓国NAVERに提供していたとして
総務省がヤフーに行政指導した。同社がユーザーに適切な周知をすることなく位置情報などを韓国NAVERに提供していたことや、NAVERにおいて情報の十分な安全管理措置が取られていなかったことが分かったとしている。(2023/8/30)

ダイエーVS.西友の「赤羽戦争」はなぜ起きた? 駅東口2大スーパー、半世紀の歴史に幕
東京・赤羽駅東口を代表する老舗スーパーとして約半世紀にわたり親しまれた「西友赤羽店」と「ダイエー赤羽店」が今年、相次ぎ閉店。かつて両店は「赤羽戦争」と呼ばれる歴史的商戦を繰り広げていたことをご存知だろうか――。(2023/8/28)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「スマートシティー」にも活用広がる ブロックチェーン活用サービスの最前線を解説【前編】
「お試しPoC」を終えて普及期に入るブロックチェーン。決済や資金調達、スマートシティーや地方創生などにおける最前線の活用事例を紹介しつつ、課題と展望をアナリストが解説する。(2023/8/25)

製造マネジメントニュース:
“島津タイマー”問題で、島津製作所子会社に熊本県から業務改善命令
島津製作所は、同社の子会社で医用機器製品の販売や保守業務を手掛ける島津メディカルシステムズの保守点検業務に関する不正行為に対し、熊本県から業務改善命令を受けたと発表した。(2023/8/21)

自社の「不正」を大炎上で知る前に 企業が準備すべきこと
不正検査や不正会計など、企業の不祥事の発生・発覚は枚挙にいとまがない。自社の「不正」を大炎上で知る前に、企業が準備すべきこととは?(2023/8/10)

働き方の「今」を知る:
「謝罪会見のNG例」となったビッグモーター 何が炎上を加速させたのか?
(2023/7/28)

消費者庁の「不当処分」疑惑 優良企業はなぜ「1年間の一部業務停止」をくらったのか
昨今、順法意識の低い企業を取り締まるはずの消費者庁による、ずさんな処分が物議を醸している。消費者保護の現場で今何が起きているのか、消費者庁による「不当処分」被害に遭ってしまった企業の実録をレポートする。(2023/7/26)

スマホをドライブレコーダーとして使う方法と注意点 役立つ機能はコレだ
自宅に使っていないスマホが眠っている人も少なからずいるだろう。そんなスマホの活用例として、ドライブレコーダーがある。古いスマホは画質が低く難しい面もあるが、近年発売されたハイエンド機なら暗がりも正確に撮影できて便利だ。(2023/7/24)

個人情報委、トヨタ情報漏えい事案で行政指導 「個人情報と認識していなかった」と指摘
個人情報保護委員会は7月12日、5月に発生したトヨタ自動車における個人情報漏えいについて行政指導したと発表した。「研修が不十分だった」「個人情報として認識していなかった」「取り扱い状況を把握していなかった」などと指摘している。(2023/7/13)

ソフトバンクで不当値引き 総務省が行政指導 4カ月超で3020件
総務省は、ソフトバンクで不適切な端末代金の値引きが行われていたとして、同社に行政指導を行った。同社オンラインショップで通信プランの契約などを条件に法で定める以上の値引きを行っていたとしている。(2023/7/6)

総務省がソフトバンクに行政指導 オンラインショップにおける端末値引きで法令違反を3020件確認
総務省がソフトバンクに電気通信事業法に基づく行政指導を行った。同社の運営するオンラインショップにおいて法令違反の値引きが3020件行われていたことに伴うもので、法令順守と再発防止を求めている。(2023/7/6)

フランス、Googleに3億円の罰金 消費者に必要な情報を提供しなかったとして
フランス政府は、米Googleが消費者に適切な情報提供を行わなかったとして同社アイルランド支部に201万5000ユーロ(約3.2億円)の罰金求める行政処分をした。(2023/7/5)

いまだにChatGPTの禁止を議論している組織が知っておくべき、AI開発競争の未来
ChatGPTのリリースから半年が経過。AI関連サービスの拡がりや進化している。ただ、生成系AIがあまりに急速に普及した関係で、サービスの倫理や規制の議論が追いついておらず、ネガティブな印象を受けている方も少なくない。(2023/6/30)

「ペダル付き特定原付」は走行した時点で道交法違反になる可能性 業界団体が注意喚起
JEMPAは「ペダル付き特定小型原動機付自転車」をうたい、インターネット上で販売されている一部の車両は道路交通法上の特定原付の基準を満たさないと注意喚起した。(2023/6/27)

慶大生との対話を取材:
「ChatGPT過剰規制」への危機感 OpenAI創業者が“世界行脚に奔走”したワケ
ChatGPTを開発した米OpenAIのサム・アルトマンCEOが4月から6月にかけて、“世界行脚”に奔走した。その背景には何があるのか?(2023/6/23)

個人情報保護委、ChatGPT提供の米OpenAIに行政指導 人種や信条、病歴などを取得しないよう要請
個人情報保護委員会は、AIチャットサービス「ChatGPT」などを提供する米OpenAIに対し、個人情報保護法に基づく行政指導を行ったと発表した。(2023/6/2)

個人情報取得を懸念:
個人情報保護委、「ChatGPT」開発元に行政指導
個人情報保護委員会が生成AI「ChatGPT」を手掛ける米OpenAIに対し、行政指導した。利用者の個人情報取得に対して、本人の同意を求めた上で、利用目的の日本語での通知や公表を求めている。(2023/6/2)

NTT西、大阪府の一部で通信障害 行政指導翌日にネット・通話できない状態に【復旧済み】
西日本電信電話(NTT西日本)は5月25日、大阪府の一部のエリアで通信障害が発生していると発表した。(2023/5/25)

総務省がNTT東西に行政指導 4月3日の「フレッツ光」「ひかり電話」障害を受けて
NTT東日本とNTT西日本の「フレッツ光」と「ひかり電話」において4月3日付で発生した通信障害を巡って、総務省が行政指導を行った。障害について厳重注意した上で、再発防止に向けた取り組みを進めるように求めている。(2023/5/24)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ騒動から考える、炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策は、有効か否か
ジャニーズ事務所での性加害疑惑が大きな話題となっている。事務所による謝罪動画では、明確な回答をせずに事態をやり過ごそうとしている姿勢が見えた。こうした炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策を講じる企業の事例が散見されるが、果たして有効な策なのだろうか。炎上トラブル対応の専門家が考察する。(2023/5/24)

帝国データバンク調べ:
「粉飾」「業法違反」などコンプラ違反倒産が急増 過去最多を更新した背景は?
コンプライアンス違反による倒産が増加している。帝国データバンクの調査によると、2022年度に発生したコンプライアンス違反倒産は300件。05年4月の集計開始から最多だった15年度(289件)も上回った。(2023/5/15)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「ステマは何でやっちゃだめなの?」 ChatGPTにしつこく聞いたら真理が見えた
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「ステルスマーケティング」です。(2023/4/29)

房野麻子「モバイル新時代」:
「白ロム割引」規制で「1円スマホ」消滅か? 公取委「独占禁止法上問題となるおそれ」も
総務省の電気通信市場検証会議下にある競争ルール検証WGが開催中で、回線契約に依存しない「白ロム割引」が過剰な割引額になっているため、規制が求められている。(2023/4/21)

太陽光:
川崎市も太陽光発電の設置を義務化へ!東京都との違いと制度の詳細を解説
川崎市が新築建築物に太陽光パネル設置を義務付ける条例改正を実施。東京都に続く新たな設置義務化条例として注目されている。本稿ではその制度概要と、東京都版の制度との違いなどを解説する。(2023/4/19)

嘉門タツオ、飲酒運転事故を謝罪「絶対にやってはいけないこと」 “生涯禁酒”宣言、免許の再取得はしないと約束
被害者は治療を継続中とのこと。(2023/4/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。