ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年11月12日 09時52分 UPDATE

AMD、CPU+GPUのハイブリッド製品を2011年にリリース

AMDは2010年に初のデスクトップPC向け6コアプロセッサを、2011年にCPUとGPUを組み合わせたAPU製品の第一弾を投入する。

[ITmedia]

 米AMDは11月11日、2010年以降の製品ロードマップを発表した。CPUとGPUを統合したハイブリッド製品を2011年に投入する。

 2010年の計画としては、クアッドコア(4コア)モバイルプロセッサを中心としたノートPCプラットフォーム「Danube」を提供する。Danubeではバッテリー駆動時間は7時間以上になる見込み。同様のバッテリー駆動時間を実現する、第3世代の超薄型ノートPCプラットフォーム「Nile」も投入する計画。

 低価格サーバ市場向けには、DDR3メモリに対応する「San Marino」「Maranello」プラットフォームを投入する。Maranelloには8コアと12コアの「Magny-Cours」プロセッサが含まれ、San Marinoはクラウドコンピューティング向けに電力効率を高めるという。

 初のデスクトップPC向け6コアプロセッサを含むプラットフォーム「Leo」も、ハイエンドPC向けに提供する。

 2011年には、CPUとGPUを組み合わせたAPU(Accelerated Processing Unit)プラットフォームを投入する。第一弾のAPUプロセッサとして、メインストリームのデスクトップPC・ノートPC向けの「Llano」をリリースする。

 Llanoリリース後、サーバ、デスクトップPC、ノートPC向けのハイエンド向けAPUアーキテクチャ「Bulldozer」を、省電力の超薄型ノートPC向けAPUアーキテクチャ「Bobcat」を導入。Bulldozerコアを基盤とする最大8コアのプロセッサ「Zambeni」をデスクトップ向けに、Bobcatベースの「Ontario」プロセッサを中心とするプラットフォーム「Brazos」を低価格ウルトラポータブルPC向けに提供する。

関連キーワード

Bulldozer | Maranello | San Marino | AMD | GPU | CPU | AMD Fusion | Danube | Llano | DDR3 | Ontario


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.