ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年11月30日 09時07分 UPDATE

ブラックフライデーのオンライン売上高、前年比11%増――comScore調査

米国の年末商戦スタート日と目されるブラックフライデーのオンライン消費額は昨年より好調だった。ユニークビジター数ではAmazonがトップだった。

[ITmedia]

 米調査会社comScoreは11月29日、11月1〜27日の米国におけるオンライン消費額に関する調査結果を発表した。世界的な景気後退の中、オンライン年末商戦は前年よりは回復しているようだ。

 米国では感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日は小売り販売店の売り上げが黒字になることから「ブラックフライデー」と呼び、年末商戦スタート日としている。11月27日のオンライン消費額は前年のブラックフライデー(11月28日)比11%増の5億9500万ドルとなった。comScore会長のジャン・フルゴーニ氏は、「ブラックフライデーは従来、実店舗の小売店にとっての稼ぎ時だったが、オンラインショッピング市場にも浸透してきている。オンライン小売りにとっての本番はサイバーマンデー(職場のPCからオンラインショッピングをする人が増加する休暇明けの月曜日)だが、ブラックフライデーの売上高が今シーズンの好調なスタートを示している」とし、「この結果は、大幅な値引きおよびFacebookやTwitterなどのSNSを活用したプロモーションの成果でもある」と分析した。

2009年11月1〜27日のオンライン消費額(単位:百万ドル)
期間 2008年 2009年 変動(%)
11月1〜27日 10,254 10,570 3
感謝祭 288 318 10
ブラックフライデー 534 595 11
旅行、オークションを除く(資料:comScore)

 ブラックフライデーに400万人以上のユニークビジターを獲得した小売りサイトは5つあり、いずれも昨年よりビジター数を伸ばした。Amazon.comへのビジター数が最も多く、前年比では28%増となった。

ブラックフライデーのユニークビジター数トップ5
順位 サイト名 前年からの増加率(%)
1 Amazon 28
2 Wal-Mart 22
3 Apple.com 22
4 Target 2
5 Best Buy 24
eBayなどのオークションサイトを除く(資料:comScore)

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.