ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wal-Mart」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Wal-Mart」に関する情報が集まったページです。

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの「西友切り」は遅すぎた? それなのに今、楽天が西友とタッグを組むワケ
ウォルマートが保有する西友株式の85%を手放す。売却する株式のうち20%は、新会社を通じて楽天が取得するという。長らく伸び悩む西友だが、あえて今、楽天がタッグを組む理由とは?(2020/12/24)

実例で探る「Apache Kafka」の可能性【後編】
ウォルマートが「Apache Kafka」に貢献してまで克服したかった“壁”とは
Walmartは「Apache Kafka」を利用して、自社サービスのオンライン取引の不正検出を実行するシステムを開発した。同社はある課題を解決するために、Kafkaプロジェクトへの貢献を惜しまなかったという。その課題とは。(2020/11/20)

楽天がスーパー大手の西友に出資 楽天の会員基盤やテクノロジーを小売業に活用
楽天とウォルマートは以前からネットスーパーなどで協業していました。(2020/11/16)

楽天、西友株式の20%を取得 DX加速
楽天は、米投資ファンドのKKRと、米Walmartが保有する西友の株式の85%を共同で取得する。小売店のDX化を支援する新会社「楽天DXソリューション(仮)」も設立。西友のDX化を進める。(2020/11/16)

オンラインと実店舗を融合:
西友に楽天と米投資ファンドが出資 2社で85%取得、デジタル化を加速へ
楽天が西友に出資すると発表。米投資ファンドのKKRと共に、西友の親会社の米ウォルマートから一部の株式を取得する。小売りの現場のデジタル活用を促進し、オンラインとオフラインを融合した顧客体験を充実させる。(2020/11/16)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
バイトダンスとオラクルの説明にズレ〜 TikTokは米中どちらの企業なのか
中国バイトダンスのショート動画アプリ「TikTok」と、米オラクル、米ウォルマートとの技術提携案が今月19日、トランプ大統領の「原則承認」を受けた。しかし、バイトダンス、米企業2社の発表文のニュアンスにずれが生じており、TikTok新会社の立ち位置を巡り、憶測や波乱の芽を生んでいる。(2020/9/24)

TikTok、米国での配信停止を回避へ Oracle・Walmartと提携、新会社「TikTok Global」を設立
配信停止騒動もやっと一段落。(2020/9/21)

TikTokのCEOが就任80日あまりで辞任、買収交渉にWalmartも参加
6月1日にTikTokのCEOに就任したばかりのケビン・メイヤー氏が、米企業による買収交渉の中、辞任を表明した。トランプ大統領から11月までに完了するよう命じられている交渉に、Walmartも参加したと報じられた。(2020/8/28)

Walmart、全米160店舗の駐車場をドライブインシアターに
米小売り大手のWalmartが、全米160店舗の駐車場でドライブインシアターを仮設する。新型コロナ対策で映画館に行けない家族も、大画面で映画を楽しめる。(2020/7/3)

WalmartがShopifyとの提携でAmazonマーケットプレイスに対抗
オンラインショップでは米Amazon.comに後れをとる米小売り大手Walmartが、ECプラットフォームのShopifyとの提携を発表。Shopify加入業者を自社のオンラインマーケットプレイスに呼び込む。(2020/6/16)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴いオンラインショッピングの市場が急拡大しています。(2020/5/29)

Walmart、正式発表前のワイヤレスイヤフォン「Powerbeats 4」を店頭販売中
画像流出していたPowerbeats 4が、正式発表前なのに店頭で売られているというツイートが。(2020/3/16)

意思決定者としてのAI【前編】
小売大手の事例に学ぶ、ビジネスの意思決定を「AI」に委ねるメリット
小売大手のWalmartが、ビジネスプロセスの意思決定にAI(人工知能)技術を利用しようとしている。同社の取り組みを見てみよう。(2019/12/3)

Walmart、“冷蔵庫まで直接お届け”サービスを再開へ
米小売り最大手のWalmartが、2017年にシリコンバレーでテストした顧客の留守宅の冷蔵庫に食料品を直接届けるサービスを「InHome Delivery」として今秋一部地域で開始する。(2019/6/10)

米大手スーパーWalmart、留守中に商品を冷蔵庫の中まで届ける配達サービス発表
配達の様子はスマホで見られます。(2019/6/8)

Walmart、「Amazon Go」対抗のAIコンセプト店をニューヨークに開店
米小売り大手のWalmartが、Amazonの無人店舗「Amazon Go」対抗のAI採用店舗をニューヨークに開店した。Amazon Goと異なり無人・レジなしではなく、AIは在庫管理などで店員を助ける。(2019/4/26)

Walmart、Googleアシスタントでの音声ショッピングを可能に
Amazonと競合する米小売り最大手のWalmartが、「Googleアシスタント」による音声ショッピング機能の提供を開始した。Amazonのプライム会員向けAlexa音声ショッピングに対抗する。(2019/4/3)

米FedExが歩道走行する配送ロボ Segway発明者が開発
Walmartをはじめとする小売り企業向けに提供する。(2019/2/28)

Microsoft、ドラッグストア大手のWalgreensと大規模提携 Azure採用やヘルスケアで
Microsoftが米ドラッグストアチェーン大手のWalgreens Boots Allianceと戦略的提携を結んだ。WalgreensがインフラをMicrosoft Azureに移行し、共同で新しいヘルスケアサービスを立ち上げる。Microsoftは昨年7月には小売り大手のKrogerと、今年1月にはWalmartとも提携を結んでいる。(2019/1/16)

バットモービル、デロリアン、バンブルビーも!? ウォルマート、最新CMで「奇跡のコラボ」をバーゲンセール
1分30秒にいくら使ったんだろう……。(2019/1/10)

Amazon.com、最低賃金を時給15ドルに引き上げ 「批評を受け」とベゾスCEO
“もうけすぎ”批判を受けている米Amazon.comが、米国での最低賃金を時給15ドルに引き上げると発表した。競合するWalmartやTargetは現在11ドル。「他社にも追随してほしい」とベゾスCEO。(2018/10/3)

供給経路をすぐに把握:
米小売大手Walmart、野菜などの管理にブロックチェーン導入へ 大腸菌対策で
米小売大手Walmartが、レタスなどの供給業者に対し、野菜の取り扱い状況をブロックチェーン上で管理することを求めた。ブロックチェーン上で保管状況などの情報を管理することで、食の安全の向上を図る狙い。(2018/9/25)

見放したわけではないというが……
OpenStackとの蜜月は終了? Azure移行を決めたWalmartのクラウド戦略
小売り大手WalmartはOpenStackを支持してきた企業の1社だが、Microsoftと5年間の提携を結び「Microsoft Azure」を選んだ。しかし同社は「OpenStackを引き続き利用する」と強調する。同社のクラウド戦略の狙いとは。(2018/9/21)

Adobeの小売業担当ディレクターが語る:
Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパートが語った。(2018/9/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
西友の買収にドンキが前向き、勝算はあるのか?
米ウォルマートが西友の売却を検討していると報道され、ドン・キホーテが買収に前向きな姿勢を示している。もしドンキが西友の買収に成功すれば、国内の小売業界の地図は大きく塗り変わるはず。ドンキはどのような将来像を描いているのだろうか。(2018/8/30)

Walmart、楽天のRakuten Koboと提携で電子書籍サービス参入
Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、日本の楽天との提携により、電子書籍市場に参入した。WalmartのオンラインショップでRakuten Koboの電子書籍リーダーや電子書籍、オーディオブックを販売する「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」を立ち上げた。(2018/8/23)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの日本撤退から東京一極集中を批判する
米ウォルマートが西友を売却し、日本から撤退するという報道が話題を呼んでいる。長年伸び悩んだ西友をよくここまで我慢していたというのが素直な感想だ。そもそも西友が衰退した理由とは……。(2018/8/22)

「手に入らないような立地が多数」:
ウォルマートが西友売却するなら「興味ある」=ドンキホーテHDCEO
ドンキホーテHDの大原孝治社長兼CEOは、米小売大手ウォルマートが傘下の西友を売却するならば「興味はある」と述べ、前向きな姿勢を示した。(2018/8/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“毎日安売り”のオーケーとコスモスが着々と進める“西友包囲網”
ウォルマートによる売却報道が飛び出た西友は、毎日安売りをするEDLP(Everyday Low Price)で苦戦している。しかし、同じスーパー業態のオーケーや、ドラッグストアのコスモス薬品のように、EDLPで成功しているケースもある。どこで差がついたのだろうか。(2018/8/7)

Waymo、Walmartと提携でネットショップ品ピックアップを自動運転車で送迎
Googleからスピンオフした自動運転企業Waymoが、米小売り最大手のWalmartと提携し、Walmartのネットショップで注文した商品を最寄りの実店舗で引き取るサービスで、Waymoの自動運転車の無料送迎をアリゾナ州フェニックスで開始する。(2018/7/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
米小売最大手のWalmartが米Microsoftと5年間の戦略的提携を結んだ。Microsoftのクラウド、AI、IoTサービスを全社で採用し、小売り分野でのデジタルイノベーションを加速するという。その背景にはもちろん米Amazon.comへの対抗があるわけだが、テクノロジーの全てをMicrosoftに委ねるわけではないようだ。(2018/7/19)

WalmartとMicrosoft、Amazon.com対抗で戦略的提携
Amazon.comをライバル視するWalmartとMicrosoftが戦略的提携を結んだ。Walmartは小売り業のデジタル変革を、Microsoftはクラウド市場でのシェア拡大を狙う。(2018/7/18)

「引き続き日本事業に従事」:
米ウォルマート「西友売却の協議行わず」、日本事業の継続表明
米Walmartは、傘下の西友を売却する決定はしていないとし、日本事業に引き続き従事する方針を明らかにした。(2018/7/13)

3000億〜5000億円規模:
米ウォルマート、西友を売却の方針 日本から撤退へ=報道
米Walmartが傘下の西友を売却する方針を固め、複数の流通大手や投資ファンドなどに売却の打診を始めた、と報じられた。(2018/7/12)

Walmart、インドEC最大手Flipkartの160億ドルでの買収を発表 ソフトバンクは株式売却
Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、インドECサイトの最大手であるFlipkartの買収を発表した。株式の77%を約1兆7500億円で取得する。主要株主だったソフトバンクは持ち株をWalmartに売却した。(2018/5/10)

楽天とウォルマートが提携 「楽天西友ネットスーパー」を協働運営へ
米国では楽天Koboがウォルマートで独占販売されることに。(2018/1/26)

楽天とWal-Mart、日米で提携 「楽天西友ネットスーパー」オープンへ
楽天が米Wal-Mart Storesと日米で提携。日本でネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」の運営をスタートするほか、米国ではWal-Mart実店舗やオンライン店舗で「楽天Kobo」の電子書籍の独占販売を始める。(2018/1/26)

電子書籍の海外展開も強化:
楽天、EC事業でWalmartと提携 西友とネットスーパーを共同運営
楽天が、EC事業で米Walmartと提携すると発表。両社の強みを生かして国内外のユーザーへのリーチ拡大・サービス向上を図る狙い。今夏にもECサービス「楽天西友ネットスーパー」をスタートする予定。(2018/1/26)

ビジネスモデルを変えたい:
「1ドルのセンサーがあれば」 IoT化狙うWalmart
米大手スーパーのWalmart(ウォルマート)が、1米ドルを切るセンサーの実現を熱望している。スーパーマーケットの業界もIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)に強い関心を寄せているのだ。(2017/12/12)

Walmart、“冷蔵庫まで直接お届け”サービス開始
米小売り最大手のWalmartが、スマートホーム企業August Homeとの提携により、配達員がワンタイムコードで不在宅のドアを解錠し、家の中に注文品を届けるサービスのテストをシリコンバレーで開始した。配達の様子はモバイルアプリでリアルタイムで確認できる。(2017/9/25)

GoogleとWalmart、「Google Assistant」での音声ショッピングでAmazon.comに対抗
米小売大手のWalmartが「Google Express」に参加し、「Googleアシスタント」搭載の「Google Home」での音声によるショッピングサービスを9月に始める。Googleはまた、Expressの会費を無料にした。(2017/8/24)

Walmart、店員が帰宅のついでに配送するプログラム
米小売り最大手のWalmartが、オンライン受注した品物を最寄り店舗の店員が帰宅途上に配送するプログラムを試験的に開始した。店員のプログラム参加は自由で、給料とは別に配送料をもらえる。(2017/6/4)

日本企業はトップ100に5社:
世界の小売業ランキング、Amazonが初のトップ10入り
デロイトトーマツコンサルティングは「世界の小売業ランキング2017」を発表。トップ3は昨年と変わらずWal-Mart Stores、Costco Wholesale、The Kroger。Amazon.comが調査開始以来初のトップ10入りを果たした。(2017/4/4)

米ウォルマート発、どのクラウドでも単一のオペレーションを実現:
クロスクラウド対応の”PaaS 2.0”「OneOps」がOSSで公開される
米ウォルマートが、AWS、Azure、OpenStackなどクロスクラウド対応の新しいPaaS「OneOps」を公開しました。継続的デリバリ、オートスケール、自動復旧などを実現します。(2016/1/28)

ダメなプライベートクラウド導入とは?
導入が進むOpenStackに潜む「間違ったアプローチ」に注意
Walmart、eBay、CERN、Comcastなど、大手企業や組織による採用が進むOpenStack。企業は今、この技術を真剣に検討すべきかもしれない。だが、多くの企業は間違ったアプローチをしがちだという。(2015/7/6)

SAPPHIRE NOW 2015:
変化に強いのは、”小売企業であり、技術企業だから” 米Walmart CIOのトレル氏
積極的なIT投資で知られる米WalmartのCIOが、SAPの年次イベントでIT戦略に言及して注目を集めた。次々と出てくる課題にスピーディーに対応するためにも、技術企業であることが重要だと話す。(2015/5/14)

「常温で12時間置いても溶けないアイスクリームサンド」が海外で話題に
Wal-Martは「クリームを多く含むアイスは溶けるペースが遅い」と説明。(2014/7/30)

米スーパー大手・ウォルマートの新トレーラーがカッコよすぎ! 今すぐ日本も導入すべき
未来っぽいデザインです。(2014/6/30)

スマートショップ:
米ウォルマートが電力自給率100%へ、太陽光発電を倍増
世界最大の小売業である米国のウォルマートは2020年に向けて再生可能エネルギーの導入量を大幅に増やす。太陽光発電の導入プロジェクトを2倍に増やすなどして、年間に70億kWhにのぼる電力を確保する計画だ。一方で電力の使用量を20%削減して、自給率100%を目指す。(2014/5/14)

自然エネルギー:
急増する米国企業の太陽光発電、1位はウォルマート、4位にアップル
米国の民間企業で太陽光発電システムの導入が活発になってきた。業界団体の調査によると2012年から2013年にかけて発電規模が1.5倍に増えている。太陽光発電システムのコスト低下が大きな要因で、流通業を筆頭に食品・製薬・自動車の大手メーカーが積極的に導入量を増やしている。(2014/5/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。