ニュース
» 2009年12月02日 11時08分 UPDATE

AppleとMacクローンメーカー、訴訟で一部和解

PsystarはAppleに和解金を支払うが、Macクローンの販売はまだ続けているようだ。

[ITmedia]

 AppleがMacクローンメーカーのPsystarを訴えていた裁判で、両社が部分的に和解した。米メディア各社が報じた。

 PsystarはAppleに270万ドルを支払うことに同意し、Appleは商標権侵害や州法違反の訴えを取り下げると伝えられている。

 Appleは2008年に、Psystarを著作権侵害、DMCA(デジタルミレニアム著作権法)違反で提訴した。その後PsystarはAppleを独禁法違反で反訴したが、5月に破産保護を申請した。

 11月には、連邦判事がPsystarの著作権侵害を認める判決を下している

 Psystarはまだ自社サイトでMacクローンの販売を続けており、PCにMac OS Xをインストールするソフト「Rebel EFI」も提供している(追記:その後PsystarはMacクローンの販売をやめたもようだ、同社サイトでは現在、すべてのMacクローンが「在庫切れ」となっている)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -