ニュース
» 2009年12月04日 17時18分 UPDATE

Shareノード数、一斉摘発後に大幅減少

Shareによる著作権侵害の一斉摘発以降、ノード数が大幅に減少。08年8月以来の数に減ったという。

[ITmedia]

 P2Pファイル共有ソフト「Share」による著作権侵害の疑いで10都道府県警が計11人を逮捕した11月30日以降、Shareノード数が大幅に減少している。ネットエージェントが12月4日発表した。

photo 11月30日を境に急減するShareノード数(同社サイトより)

 同社によると、摘発前の29日は17万9499だったが、30日には15万2421に急減。12月2日には13万6716にまで減り、摘発前から24%も減少したことになる。ノード数が13万台になるのは2008年8月以来という。

 全国一斉摘発のインパクトに加え、摘発たのがファイルを最初に公開する「1次配信」だけではなく、公開されたファイルを第三者がダウンロードしてアップロード状態にする「2次配信」も含まれていたことが大きな要因では、と同社は推測している。

 だが「Winny」や「PerfectDark」には特に目立った推移がなく、Shareの減少も一過性のものかどうかははっきりしないという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -