ニュース
» 2009年12月15日 12時50分 UPDATE

ビジネス利用向け:Twitter、グループ利用アカウントで投稿者名を表示する機能をテスト

企業が1つのアカウントを複数ユーザーで使っている場合、誰のツイートかを自動的に表示できる「Contributors」機能のテストが始まった。

[ITmedia]

 米Twitterは12月14日、ビジネスで使っているアカウント向け新機能として、投稿者名を明示する機能「Contributors」のテストを開始したと発表した。

 企業などがビジネスでTwitterを利用する場合、1つのアカウントを複数のユーザーで利用することが多い。投稿者のユーザー名をツイートの下に明記することで、企業は顧客とのコミュニケーションをより密接なものにできるとしている。

conributors

 この機能はAPIで対応する予定で、サードパーティーのアプリケーションでも利用できるようになるという。一部のユーザー向けのテストでフィードバックを得た後、全ユーザーに公開する計画だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Twitter | テスト | API | ビジネスユース | 新機能


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -