ニュース
» 2010年02月08日 07時50分 UPDATE

MicrosoftとFacebook、検索エンジンBingに関する提携を拡大

FacebookでのBing検索機能を強化し、世界のFacebookユーザー4億人にBingサービスを提供する。またMicrosoftはFacebookでのディスプレイ広告販売を終了する。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月5日、米Facebookとの提携を拡大すると発表した。両社は2006年8月から広告配信で提携しており、2007年10月にはMicrosoftがFacebookに2億4000万ドル出資している。

 まず、Microsoftの検索エンジン「Bing」の全機能をFacebook内で利用できるようにする。また、現在米国でのみBingがFacebookのデフォルト検索エンジンになっているが、これを世界規模に拡大し、4億人以上のFacebookユーザーにBingの機能を提供する。

 広告配信に関する提携も変更する。MicrosoftはFacebook上で独占的に広告を販売しているが、このうちディスプレイ広告の販売をFacebookに引き継ぐ。Microsoftは引き続き検索広告の販売を行う。

 Microsoftは、今回の提携変更により、Windows Live MessengerやHotmailなど、自社のソーシャルメディアやコミュニケーションツールにおける強力なキャンペーンの推進に集中できるようになるとしている。提携変更の成果は、数週間から数カ月のうちにFacebook上に反映されるという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -