ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検索市場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検索市場」に関する情報が集まったページです。

柔軟な働き方にニーズ:
求職者の意識は「時短」や「テレワーク」に、Indeedが過去6年間のデータを分析
Indeed Japanは「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査結果を発表した。2019年4月から働き方改革関連法が順次試行されることを受けた。Indeedで検索された柔軟な働き方に関連する単語の検索数は、6年間で約2.8倍に増加した。検索数が最も増えた単語は「時短」で約10.4倍。検索数第1位は「在宅」だった。(2019/4/22)

今日のリサーチ:
検索数から見える訪日外国人のトレンド――アウンコンサルティング調べ
アウンコンサルティングは、2018年の訪日外国人の年間動向調査結果と2019年の予測を発表しました。(2019/3/5)

インフルエンザ急拡大 ビッグデータによると「大流行した昨年のピーク並み、最警戒を」
インフルエンザに関連するワードの「Yahoo! JAPAN」での検索数を分析した結果、20日までの数値が過去の値と比べて非常に高くなっているという。「今が最も警戒しなければならない状況」とし、うがいや手洗いなどによる予防を呼び掛けている。(2019/1/21)

インフルエンザ、あす「流行入り宣言」か ヤフーがビッグデータ解析で予想
インフルエンザの患者数が増えており、14日にも「流行入り宣言」が出そうだ――ヤフーが、インフルエンザに関連するワードの「Yahoo! JAPAN」での検索数と、厚生労働省が公開している情報を解析した結果を発表した。(2018/12/13)

メルカリの“急上昇ワード”、1位は「アルミ玉」 なぜ伸びた?
フリマアプリ「メルカリ」内で、前年と比べて検索数が急上昇したワードの1位は「アルミ玉」だった。(2018/11/28)

レジスタンスラインは6800ドル:
ビットコイン、急落してもビヨンセより人気? 米投資機関、「サポートラインは6500ドル」
今年に入り「ビットコイン」のGoogle検索数が75%減少し、投資家が仮想通貨への関心を失っているのではという懸念が浮上している。(2018/6/13)

ウォレット開設数の伸び率も低下:
ビットコインへの関心が薄れてきている? グーグル検索件数が激減……
投資分析などを行う米DataTrek Researchの共同創設者であり、30年以上ウォールストリートで投資業務に従事してきた経験のあるニコラス・コラス氏は5月4日、米CNBCのインタビューの中で、ビットコインへの投資は避けるべきだと忠告した。(2018/5/7)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
仕事さがして関わりたい? オリンピック・パラリンピック関連の求人検索動向――Indeed Japan調査
Indeed Japanは、求人検索における「オリンピック・パラリンピック」というキーワードの検索件数の推移などを分析、その結果を発表しました。(2018/4/16)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
訪日台湾人の検索動向、インスタ映えする景勝地やあの映画の“聖地”が急上昇──アウンコンサルティング調査
アウンコンサルティングが訪日台湾人の日本旅行における検索のトレンドを調査しています。2017年に「天橋立」「小樽運河」などの検索数が著しく増えていた理由とは?(2018/3/29)

一時販売休止で検索増加:
「ピザポテト」、2017年のメルカリで“検索急上昇”
メルカリが2017年の「トレンドワード」を発表。前年と比較して検索数が急上昇したワードのランキングで1位となったのは「ピザポテト」。ジャガイモ不足による販売休止の影響が大きかった。(2017/12/8)

「Yahoo!検索大賞2017」先行発表 流行語部門は「忖度」、スペシャル部門はあの棋士と「僕やり」女優
2017年にヤフーの検索数で急上昇した人物や作品を表彰するアワード。(2017/11/27)

「ゼルダ」最新作の影響? 米国で「縄文時代」Google検索数が急増
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の開発スタッフが「縄文文化を参考にした」と話したことが理由かもしれない。(2017/3/24)

「Pokemon GO」の影響? 「キロをマイルに換算」Google検索数が急増
「Pokemon GO」の影響で、キロをマイルに換算する「5km to miles」などのフレーズのGoogle検索数が急増したと米メディアが報じている。(2016/7/12)

「GoogleのAndroid戦略は検索市場の支配強化狙い」──EUが異議告知書送付
欧州委員会が、GoogleがGoogle Play Storeを端末にプリインストールしたい端末メーカーにGoogle検索やChromeもプリインストールするよう義務付けたり、Google検索だけをプリンストールするメーカーに報奨金を提供することはEU競争法に違反する疑いがあるとして異議告知書を送付した。(2016/4/21)

トランプ氏圧勝でアメリカ脱出希望者が続出? Google検索「カナダに移住」が急上昇
米大統領選に向けた山場「スーパーチューズデイ」を終え、共和党のトランプ氏が圧勝したことで、「Move to Canada」(カナダに移住)のGoogle検索数が急上昇している。(2016/3/3)

Google検索の米国市場シェア、初の75%以下に──Firefoxの影響続く
StatCounterの定例検索エンジンシェア調査によると、Mozillaが12月にFirefoxの米国でのデフォルト検索エンジンをGoogleから米Yahoo!に変えた影響が2カ月連続で出ている。(2015/2/4)

独占禁止法違反の調査も
「独占企業Google」に分社化を迫る欧州議会
Googleは検索市場における独占的な地位を利用して、他の事業にトラフィックを誘導しているのではないか? 欧州議会はGoogleの検索事業とそれ以外の事業の分離を目指す決議を採択した。Googleの対応やいかに?(2015/1/23)

Google検索、米国市場でのシェアが過去最低に FirefoxのYahoo!移行で──StatCounter調べ
Mozillaが12月に米国版Firefoxのデフォルト検索エンジンをGoogleから米Yahoo!に切り替えた影響か、StatCounterの12月の米検索市場調査でGoogle検索のシェアが調査開始以来最低になり、一方のYahoo!のシェアは過去最高になった。(2015/1/9)

ヤフーで今年検索数が最も上昇したのは? 「Yahoo!検索大賞2014」大賞はフィギュアスケートの「羽生結弦」さん
「日本エレキテル連合」や「橋本環奈」「SEKAI NO OWARI」「HIKAKIN」「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」など受賞。(2014/12/8)

Googleは検索事業を分割すべし──欧州議会が決議
欧州議会が、欧州の検索市場で9割以上を占めるGoogleを念頭に、企業は検索エンジンを他の商業サービスから分離すべきという決議を採択した。法的拘束力はないが、欧州委員会によるGoogleの調査に影響しそうだ。(2014/11/28)

アジアの人が注目している「日本の観光地」はどこ?
アジアの人々は日本のどの観光地に興味を持っているのだろうか。アジア10カ国(地域を含む)の人々の検索数を調べたところ……。アウンコンサルティング調べ。(2014/8/1)

Google「ロリ」検索結果に変化 表示数回復、中小サイトもヒット アルゴリズム調整か
Google検索で「ロリ」を含むワードの検索数が激減し、大手サイトしか表示されなかった問題が解消した。Googleがアルゴリズムを調整したようだ。(2014/6/20)

日本VSコートジボワール戦、Twitterの関連ツイートは396万件 本田選手とドログバ選手が話題に
検索件数でも本田選手とドログバ選手が上位に。(2014/6/15)

ヤフー、「3.11」検索による寄付額2500万円超に 上限500万円を撤廃
ヤフーが実施した「3.11」の検索数に応じてユーザーに代わって寄付するプロジェクトの寄付額が2568万3250円に決まった。当初500万円としていた上限設定はとりやめた。(2014/3/12)

Yahoo!JAPANで「3.11」検索すると10円寄付 震災関連語の検索数を可視化する「ビジュアライザ」も
「Yahoo!検索」で3月11日に「3.11」を検索すると、1人につき10円をヤフーが被災地の財団に寄付する。震災関連のキーワードを分析・可視化した「ビジュアライザ」も公開した。(2014/3/10)

「3.11」を忘れない Yahoo!が検索数に応じた募金プロジェクト
Yahoo!検索は、3月11日の24時間内に「3.11」と検索すると1人につき10円が寄付されるプロジェクトを行う。(2014/3/5)

ソチ五輪、検索数最多はあの選手 「レジェンド」検索も急増 Yahoo!検索データより
ソチ五輪期間中にもっとも検索されたのは、あの選手だった。「レジェンド」の検索数も急増した。(2014/2/24)

インフルエンザ・ノロの流行と検索数の関係は? ヤフーがビッグデータ分析公開
Yahoo!JAPANの検索データを利用したインフルエンザの感染状況と拡大予測リポートを同社が公開。検索数の増加に伴って患者数が増え、全国的に流行が広がっていく様子が分かるという。(2014/1/23)

流行語大賞ノミネート語をネット検索数から見ると──1位はあのゲーム
今年の流行語大賞候補50ワードの検索ランキングをヤフーが公開。2位に8倍の大差を付けて1位だったのは……(2013/11/27)

昨日の敵は今日の友
対GoogleでAppleに急接近――MSバルマーCEO 最後の“口撃”
Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは投資家向け電話会議の席上で、Googleのビジネスを非難し、対抗策としてAppleとの協業を説明した。MicrosoftとGoogleは現在、検索市場やオフィススイート製品など、さまざまな分野で競合関係にある。(2013/9/25)

関心高い争点は「憲法」「原発」:
参院選で急上昇したGoogle検索ワードは「山本太郎」
ネット選挙運動解禁となった2013年の参議院選挙。Googleが選挙公示期間中に検索数が急上昇したキーワードのトップ10を発表した。(2013/7/22)

最も検索されている牛丼チェーンは? Yahoo!検索が都道府県別調査
Yahoo!検索の都道府県別検索数調査で、最も検索されている牛丼チェーンが判明した。(2013/6/20)

検索件数、約200億件:
2013年4月の検索市場――Googleは高水準を維持、MicrosoftとYahooは今一歩及ばず
米国における4月の検索件数約200億件のうち、Googleは133億件、Bingは35億件、Yahooが24億件、続いてASK Netoworkが5億3900万件、AOL2億9000万件と続いているという。(2013/5/23)

「きのこの山 vs.たけのこの里」論争にジャッジメント!? Yahoo!検索数で勝負あり
「きのこの山」と「たけのこの里」どっちが人気なのか――ネットで続く論争に決着が付いた、かもしれない。(2013/4/22)

インフルエンザ拡大、09年の大流行超えか 「Yahoo!ビッグデータ」検索数調査より
「インフルエンザ」の検索数が、2009年の大流行時を超えた――ヤフーがインフルエンザの検索数に関する分析を公表。検索数と患者発生には相関があり、「今年のインフルエンザが今まさに例年以上に拡大を続けている」としている。(2013/1/29)

FTCが“検索結果不平等”でGoogleを近く提訴か──Bloomberg報道
Googleが検索市場における優位性を不正に利用して競合他社に損害を与えているかどうかを1年以上調査している米連邦取引委員会が、数日中にGoogleを提訴する可能性が高まっているとBloombergが報じた。(2012/11/13)

Baidu、“競合より20%速い”Android版モバイルブラウザをリリース
中国の検索最大手Baidu(百度)が、モバイルでの検索エンジンシェア拡大を狙い、Android版モバイルブラウザの正式版をバージョ2.2にアップデートした。(2012/9/4)

「Facebookの人質開放を待っている」とGoogleのラリー・ペイジCEO
ペイジCEOはインタビュー番組で、Facebookが検索市場における脅威であることを認め、FacebookがGoogleとのユーザーデータ相互互換を受け入れるのを待っていると語った。(2012/5/23)

円環の理に導かれたから?:
やっぱりあのタイトルが強かった Google上半期検索ワードランキング・アニメ編
昨年と比べ今年上半期に検索数が急上昇したアニメタイトルをGoogleに聞いてみた。1位はやっぱりあのタイトル。ほむほむ……じゃなくて、ふむふむっなるほど!(2011/7/20)

Bing、米検索市場でGoogleからシェア奪う――米comScore調査
Googleはシェア65.6%と圧倒的な首位を保ってはいるが前月より1ポイント減っており、逆に3位のMicrosoft(Bing)が1.1ポイントシェアを拡大した。(2011/2/14)

米検索市場シェア、GoogleとMicrosoftが微増――comScore調査
10月の米検索市場では、1位のGoogleと3位のMicrosoftのみがシェアを伸ばした。「Google Instant」の影響をカウントに含めると、Googleのシェアは前月比で1.4ポイント増えたことになる。(2010/11/22)

GoogleのITA買収、Expediaら旅行検索企業が司法省に差し止め要求
Googleが航空券の検索・比較ソフトのITAを買収するのは旅行検索市場の独占につながるとし、ExpediaやKayakらが業界団体FairSearch.orgを結成した。(2010/10/27)

Microsoft、Facebookと提携――Bingの検索結果に「いいね!」を反映
Microsoftが検索市場でのシェア拡大を目指し、Facebookとの提携を拡大した。Facebookのソーシャルグループに基づいた人名検索結果や、友達の「いいね!」評価が表示されるなど、検索結果がよりソーシャルに、パーソナルになる。(2010/10/14)

「小さな差分を積み上げる」Baidu.jpの戦略 「てぃえば」を成長のカギに
強力なライバルがいる検索市場でBaidu.jpはどう戦うのか。コミュニティーサービス「てぃえば」などを通じ、「ほかのサービスとの小さな差分を積み上げていく」という。(2010/10/8)

Microsoftが米検索市場でYahoo!を抜いて初の2位に――Nielsen調査
Nielsenの検索市場調査では初めて、MicrosoftがYahoo!を抜いた。首位のGoogleのシェアはほぼ横ばいだった。(2010/9/15)

AOL、Googleとの検索関連提携を5年延長 モバイル検索と動画に拡大
米検索市場で5位のAOLは、Googleの検索エンジンと広告フォーマットを採用するこれまでの契約を5年間延長した。(2010/9/3)

Bingはコカ・コーラに対するペプシ――MS幹部
検索市場での競争はGoogleと競うゼロサムゲームではなく、Microsoftは独自の機能でパイ全体を拡大していくつもりだと、Bing担当ディレクターは語った。(2010/3/25)

世界検索市場、国別2位の中国は伸び率鈍化――comScore調べ
2009年12月の世界検索市場は、企業別ではGoogleが7割近いシェアを守り1位。国別シェアでは米国が17%で1位、中国が10%で2位だった。(2010/1/25)

MicrosoftのBing、米検索市場でシェア10%に
MicrosoftのBingの米市場シェアが、10月の9.9%から11月には10.3%に伸びた。(2009/12/18)

9月の米検索市場、Bingがシェア落とす
9月はGoogleがシェア71%でナンバーワンの検索エンジンとなった。(2009/10/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。