ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年02月15日 14時34分 UPDATE

MicrosoftのRIM買収は得策にあらず

MicrosoftのバルマーCEOが、Mobile World CongressでBlackBerryのメーカーRIM買収を発表するのでは、といううわさが飛び交っている。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 ネット上で報じられているところによると、米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは、BlackBerryのメーカーであるカナダのResearch In Motion(RIM)の買収に関心を持っているようだ。だがこの買収には大きな障害も予想される。

 「All Things Digital」ブログの2月8日付の記事によると、バルマー氏は「これまでに何度もRIM買収に関心を示した(しかしPalmにはまったく関心を抱いていない)」らしい。この情報は、Microsoft社内の関係者から得たものだという。この記事を受け、スペインのバルセロナで開催のMobile World Congressにおいて、Microsoftは2月15日に予定されている記者会見でRIMの買収を発表するのではないかとの憶測がネット上で広がっている。

 しかし、RIM買収の可能性に対して否定的な見方をするアナリストもいる。

 米調査会社BroadPoint AmTechのアナリスト、マーク・マッケニー氏は2月11日付の調査メモで「MicrosoftはRIMの買収に関心があるのではないかという憶測がしきりに流れているが、われわれはその可能性は低いとみている。Microsoftの短期的な関心事は、近くリリースされるWindows Mobile 7プラットフォームへの支持を獲得することだ」と述べている。

 マッケニー氏によると、RIM買収に対する賛成論として「企業市場におけるRIMの支配的地位を、MicrosoftがExchangeビジネスを拡大するために利用することができ、会員数が1億人に到達すれば約50億ドルの継続的収入につながる」という議論がある。このような買収であれば、モバイル市場でGoogleとAppleに対するMicrosoftの競争力が高まる可能性があるという。

 「しかしRIMは買収を阻止しようとすると予想されるため、これは敵対的な買収にならざるを得ないだろう。加えて、RIMのOSはWindows環境に移植するのが難しいと思われるため、Microsoftにとってはさらに苦しい“終盤戦”になるだろう」とマッケニー氏は付け加える。RIMを買収すれば、Microsoftがこれまで行ってきた買収の費用が無駄になる可能性もある。これは半端な金額ではない。

 米調査会社comScoreによると、2009年9月から12月にかけてモバイル分野におけるRIMとMicrosoftの市場シェアはそれぞれ1ポイント減少し、RIMのシェアは41.6%、Microsoftのシェアは18%になった。一方、GoogleとAppleはともにシェアを拡大した。

 この数週間、MicrosoftがMobile World Congressにおいてスマートフォン関連で大きな発表をする予定だという報道が流れている。同社がモバイルOSの次期版「Windows Mobile 7」、もしくはWindows Mobile 6.5を大幅に改良したバージョンを発表するのではないかというのが大方の予測だ。Mobile 6.5は昨年10月にリリースされた

 Windows Mobile 6.5は、Google、Apple、RIMとの厳しい競争にさらされてきた。Microsoftはモバイル戦略の一環として、AppleのApp Storeに対抗する「Windows Marketplace for Mobile」を昨年10月に立ち上げた。Windows Marketplaceには、サードパーティー開発者がWindows携帯端末用のモバイルアプリケーションを登録できる。開設当初は、米国市場のMobile 6.x搭載スマートフォン向けに246本のアプリケーションが登録されていたが、その後、登録アプリケーションの数は718本に増えた。これに対し、AppleのApp Storeでは昨年、アプリケーション数が10万本以上に増加した

 一方、RIMはエンタープライズ市場とコンシューマー市場でのシェアを死守すべく、「BlackBerry Bold 9700」などの新機種を投入した。同製品はBlackBerry Bold 9000のデザインを改良したバージョン。さらに同社は「BlackBerry OS 5.0」も宣伝している。RIMによると、同OSではブラウザ動作が高速化されたほか、入力精度と選択機能が改善されたという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.