ニュース
» 2010年03月02日 08時59分 UPDATE

「iPadを無料でゲット」の宣伝に要注意 FacebookやTwitterで詐欺横行

「βテスターとして登録すればiPadが無料でもらえる」と称するページで携帯電話番号などを入力させようとする手口が横行しているという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の英Sophosは、「iPadが無料でもらえる」と称してユーザーをだまし、携帯電話番号などを入力させようとする手口が米大手SNSのFacebookやTwitterで横行していると伝えた。

ipadsagi01.jpg Twitterでの詐欺ツイート(Sophosより)

 Sophos研究者グラハム・クルーリー氏のブログによると、Facebookには「βテスターとして登録すればiPadが無料でもらえる」と称するページが開設され、詐欺サイトに誘導。さらに、「友達にもこのページのファンになってもらえば、あなたが選ばれる確率が高まります」と称して友達の紹介を促している。

 Appleの公式サイトに見せかけた詐欺サイトでは、さまざまなアンケートに答えさせる中で、「あなたはヒップホップのカニエ・ウェストと50セントのどちらに似ていますか」との問いに絡め、生年月日や携帯電話番号などの入力を求めてくる。実はこれは、1週間に約10ドルの料金を取る携帯電話の有料サービスに登録させるための手口だが、ユーザーはiPad欲しさに情報を入力してしまいがちだという。

ipadsagi02.jpg 誘導先の詐欺サイト(同)

 Sophosからの連絡を受けてFacebookはすぐに問題のページを削除したが、既に何千人ものユーザーがだまされている様子だといい、同じような詐欺ページはほかにも多数存在する。また、Twitterにも同様の詐欺ページに誘導するリンクが投稿されているという。

 Sophosでは、このようなページを見かけても安易に携帯電話番号などを入力したり、友達を紹介したりしてはいけないと忠告している。

関連キーワード

iPad | 詐欺 | Twitter | Facebook | Sophos | 無料


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -