ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年03月11日 13時44分 UPDATE

iPadの売り上げ予想は“過度に悲観的”?

iPadがヒットするかどうかについては悲観的な予測もあるが、販売台数が「2010年に700万台に近づくかもしれない」と強気な予想を立てているアナリストもいる。

[Michelle Maisto,eWEEK]
eWEEK

 AppleのiPadはいい製品だが、目を見張るほどのものではない――そうだろうか?

 判断を急いではいけない。Broadpoint AmTechのアナリスト、ブライアン・マーシャル氏は3月9日の投資家向けリサーチノートで、Appleの株価を押し上げる次の大きな要因はiPadの発売だと予想している。

  「このデバイスとその可能性についての総意(つまり、一部のメディアの見方)は過度に悲観的だ」と同氏は記している。

 「iPadに否定的な人の大半は、まだ同製品に直接触れる機会を得ていないということを指摘しておく。以前にも述べたように、われわれは15分使ってみて夢中になった」と同氏は続けている。「われわれの見解では、このデバイスのキモはメディア・コンテンツ(電子書籍、新聞・雑誌、アプリ・ゲーム、映画・テレビ番組など)にある。本質的に継続して収益をもたらすものだと確信している」

 Broadpoint AmTechは、2011年には、コンテンツ購入によるiPad関連の経常収益はiPad売り上げの約30%に近づくと予測している。

 数カ月にわたってメディアが憶測に沸いた後、スティーブ・ジョブズ氏は1月にiPadを発表した。3月上旬には、同製品を米国で4月3日に発売し、3月12日から予約を受け付けると明らかにした。

 Appleは2010年のiPad販売台数を1000万台と見込んでいるとうわさされているが、もっと控えめな予測もある。例えばRapid Repairのアーロン・ブロンコCEOは、iPad発表前に、iPhoneに取って代わることを目指していない電話機能なしのデバイスであれば、最初の1年の販売台数は100万〜500万台だろうと推測していた。

 さらに、家電販売サイトRetrevoのアンケート調査によると、Appleの発表後、iPadを買いたいという人は、同製品がまだうわさだったころに比べて減っていた

 しかし、提携や機能の発表が進み、iPadが伸びるという見込みが高まっている。 Associated PressとConde NastはiPad向けのコンテンツを開発しており、iPhone OSベースのVoIPソリューションもおそらく同製品に移植されるだろう。また同製品の電子書籍リーダー機能は、ソニーなどのライバルが次の手を考えているほどだと伝えられている。

 Broadpointは、2010年のiPadの販売台数予測を、当初の220万台から400万台に引き上げている。

 「iPadがポテンシャルを発揮したら、(2010年に)出荷台数が700万台に近づく可能性もあると確信している」とマーシャル氏は述べている。

 同氏はあらためてApple株を「買い」とし、次のような言葉――同氏のApple関連の報告書では、常套句のようだ――で締めくくっている。「われわれの見解では、Appleは依然、世界最高のテクノロジー企業だ。多数の上げ材料の兆しが見えている。今のところ、ビジネスモデルに問題はないと思う」

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.