ニュース
» 2010年03月26日 09時42分 UPDATE

Apple Storeをかたる詐欺メール、リンクからマルウェアに感染か

「Apple Storeの注文確認」と称して不正サイトへ誘導しようとするメールが見つかった。

[ITmedia]
applespam.jpg Apple Storeを名乗るメール(Trend Microより)

 iPad発売を控えてAppleへの注目が高まる中、直営店のApple Storeの名をかたって不正なサイトへ誘導しようとするスパムメールが出現している。

 セキュリティ企業の米WebsenseやTrend Microによると、Apple Storeをかたるメールは英文で、「Apple Online Storeであなたが注文した内容について確認できる」と称してリンクのクリックを促している。間もなくiPadが発売されるタイミングを狙ったものとみられるが、リンク先のサイトはApple Storeとは無関係だという。

 Websenseが伝えているケースでは、メールのリンクをクリックすると「visit」というリンク付きの文字のみを配したページが表示され、背後でユーザーのマシンを悪質ファイルに感染させる。「visit」のリンクをクリックすると、悪名高い医薬品不正販売サイト「Canadian Pharmacy」にリダイレクトされるという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -