ニュース
» 2010年04月20日 12時33分 UPDATE

Microsoftの「KIN」、CMに「セクスティング奨励」と批判

若者向け携帯電話「KIN」のCMに、男性が自分のセミヌード写真を女性に送る場面があったことが問題になった。

[ITmedia]

 米Microsoftが先週、若者向けの携帯電話「KIN」を発表したが、同製品のCMが「セクスティングを奨励している」として批判された。

ah_kin.jpg

 セクスティングとは、携帯電話で性的な写真を送信すること。米国の若者の間で流行しており、社会問題となっている。

 今回問題となったのは、KIN特設サイトに掲載された動画広告。若い男性がKINをシャツの中に入れて自分の胸の写真を取り、それを女性に送るシーンが含まれている。米消費者団体誌Consumer Reportsなどが、この場面は「セクスティングを奨励しているのではないか」と批判した。

ah_kincm.jpg 問題のシーン

 Microsoftは批判を受けて問題の場面を削除した。同社のSaferOnlineチームはTwitterで謝罪し、「Kinの動画から不適切な部分を削除した。当社はセクスティングの問題を深刻に受け止めており、今回の件について申し訳なく思っている」とコメントしている。

関連キーワード

KIN | Microsoft | 批判 | 携帯電話 | CM | SNS | 広告


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -