ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「批判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「批判」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Mステ」出演予定のMrs. GREEN APPLE、新曲「コロンブス」の演奏がなくなる MVに“差別的”と批判……番組「急遽の変更が発生」
新曲のMVが物議をかもしていました。(2024/6/13)

「懸念当初から感じていた」 “人種差別的”と批判のMVめぐりミセス大森元貴が謝罪 「我々の配慮不足」
動画は公開停止となっていました。(2024/6/13)

X(旧Twitter)から「いいね」欄消える ユーザーから批判で「Twitter改悪」「ほんと改悪」トレンド入り
(2024/6/13)

ロデオ界のスター、3歳長男が事故死 “1人で遊ばせていた”両親へ寄せられる批判へ母が「一生苦しむ」と自責の念吐露
悲し過ぎる事故。(2024/6/7)

「顔面めっちゃディスられて」アイドルが公開した自撮り写真に反響、誹謗中傷も 本人の訴えが議論呼ぶ展開に「“正しい批判”なの?」
黒乃さんはX上で“反論”。(2024/6/6)

それぞれの角度から見るメインフレーム【前編】
なぜ「メインフレーム」はいつも“時代遅れ”だと見なされるのか
メインフレームの“独特の話題”には、熟練の筆者でさえも動揺してしまうことがある。その話題は、メインフレームが「時代遅れだ」と批判される状況にも関係している。メインフレームが誤解される理由を説明する。(2024/6/3)

光上せあら、子の“公園水道遊び”が「迷惑行為」と批判も…… 語気荒げ猛反論「子供は国で育てる!」「これが日本に必要な姿なんだよ!」
ユーザーと激論。(2024/5/31)

OpenAIを「限界点に達した」と退社したライケ氏、競合Anthropicで安全チーム結成へ
OpenAIが安全性を軽視していると批判して退社したヤン・ライケ氏が競合のAnthropic入りし、製品の安全性を監視するチームのトップになる。(2024/5/29)

運行してるのに「運転見合わせ」――Yahoo!乗換案内アプリの運行状況“投票”での悪ふざけに「迷惑」「やめてほしい」
「駅着くまで騙されてた」「真実のみを伝えてほしいのに」など批判が。(2024/5/29)

カンヌ映画祭、スタッフの言動が“人種差別”と批判 ケリー・ローランドを発端に「少女時代」ユナの動画も拡散
最初の風向きとは真逆に。(2024/5/27)

Cybersecurity Dive:
Microsoftはあくまで例外 連邦政府がベンダーを名指しで批判しない理由
連邦政府当局は、テクノロジー企業のミスが攻撃につながったとしても、それを批判しない。CSRBがMicrosoftを強く批判したことは例外であり、通常では考えられないものだった。(2024/5/26)

Cybersecurity Dive:
Microsoftがセキュリティ大変革に“本腰” 報酬体系を変更して6つの領域を強化
Microsoftはハッキング被害に遭い顧客情報が漏えいしたことで厳しい批判にさらされたことを受けて、CISOの下で管理職の役割を強化し、報酬の一部をセキュリティの実績と連動させると発表した。変革の6つの柱についても明らかになった。(2024/5/25)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがMicrosoftを痛烈批判 Google Workspaceの優位性を主張
Googleは新しいホワイトペーパーでMicrosoftのセキュリティ問題を指摘し、Google Workspaceのセキュリティとプライバシー基準の優位性を強調した。これにはCSRBの報告も引用されており、サイバー安全性を推進する内容となっている。(2024/5/23)

FC東京のイベントに出演予定のYouTuberがセクハラ動画を投稿 出演取り消しに
出演予定だったYouTuberがFC東京のユニフォームを着て女性の胸を触る動画を投稿していたとして批判されていました。(2024/5/21)

ヒップホップ界の大物、元恋人へ暴行加える衝撃映像が流出 謝罪動画を50セントが堂々批判「うまくいくはずがない」
3月には性的人身売買で家宅捜査も。(2024/5/20)

NEWS Weekly Top10:
言語の壁をぶっ壊すAI AppleのCM動画批判は「日本から英語で」始まった
iPad ProのCM動画が炎上した件について、筆者は当初、炎上が「日本から」起きていることに気付かなかった。批判のほとんどが流ちょうな英語だったからだ。それを可能にしていたのは、言語の壁をぶっ壊すAIの存在だ。(2024/5/20)

OpenAI、退社したライケ氏のAGI警鐘に応じるも具体策は明示せず
OpenAIでAIの安全性に取り組んできたライケ氏が退社に当たって投稿した警鐘に対し、ブロックマン社長がアルトマンCEOと連名の長文をポストした。アルトマン氏は別途、同社の退社合意書について高まる批判に対し「知らなかったが、知っておくべきだった」とポストした。(2024/5/19)

「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
批判集めた背景は。(2024/5/18)

「入賞作品の著作権は主催者が取得」──生成AIアートコンテストが物議 ワコム協賛の記述も削除に【追記あり】
大阪市の学校法人清風明育社が主催する、生成AIアートのコンテストが物議を醸している。規約には「入賞作品の著作権は主催者に帰属する」と記載。さらに募集ページの公開当初、協賛社にワコムの記載があったため、ネットではワコムに対する批判の声も上がっている。(2024/5/13)

インスタで露呈、生田斗真“言葉の危機管理” ジャニーズ時代できなかった個人発信、出産巡る発言で批判集まる
世間がうきうきする大型連休中に炎上に見舞われた。旧ジャニーズ事務所出身の俳優、生田斗真(39)が不用意発言をし、すぐさま謝罪に追い込まれた。(2024/5/13)

ドコモ前田新社長、「通信品質の不満に誠実に向き合う」 速度低下などの指摘が相次ぎ、対策継続へ
「通信品質の不満に誠実に向き合う」──。こう話したのは、NTTドコモの井伊基之現社長からのバトンを引き継ぎ、新社長に就任予定の前田義晃現副社長だ。「遅い」「つながらない」と批判が相次いだドコモは、社長交代後も通信品質の改善に努めるという。(2024/5/10)

Apple、新型iPad Proの紹介映像めぐり謝罪 楽器などプレス機でつぶす映像に批判
「的外れだった」として謝罪しました。(2024/5/10)

Apple、新iPad Proの動画「Crush!」について「的外れだった」と謝罪
Appleは、新iPad Proの多機能性と薄さを表現した動画「Crush!」が多数の批判を招いたことを受け、この動画が「的外れだった」として謝罪した。(2024/5/10)

Cybersecurity Dive:
身代金の支払い禁止は“おとぎ話”か? 完全禁止派 vs. 禁止措置緩和派の論争
安全保障技術研究所はランサムウェアによる身代金の支払い禁止について非現実的だとして批判している。主張の背景には何があるのか。(2024/5/10)

新iPad Proの動画「Crush!」炎上、世界に広がる
Appleが新iPad発表に合わせて公開したプロモーションビデオ「Crush!」への批判が高まっている。当初は主に日本のユーザーが不快感をXにポストしていたが、24時間以上経過し、ティム・クックCEOのポストには9000件以上の批判的な返信が欧米からも寄せられている。(2024/5/9)

「Appleに失望」新iPad Proの動画炎上 楽器やカメラをプレス機で破壊
楽器やカメラがプレス機に挟まれてぐちゃぐちゃに圧砕され、iPad Proだけが残る――Appleが公表した新型「iPad Pro」のプロモーションビデオが日本のユーザーから批判を浴びている。(2024/5/8)

ソフトバンク始球式のユニフォーム捨てるドッキリ 「風呂に牛丼200人前」批判に続き…… 「酷い」「さすがに笑えん」とYouTuberが物議
ソフトバンクの又吉克樹選手も苦言。(2024/5/3)

「いじめではないか」と批判が寄せられた中央大学の部会が謝罪 ボールを次々と人に当てて大爆笑の投稿は「レクリエーション」
「これが面白いと思ってるのか?」と物議をかもしていた。(2024/5/21)

“闇オークション”騒動で批判受けたブランドの商品がキャンペーン景品に ロッテ免税店銀座が経緯を説明
(2024/4/25)

「普通に気持ち悪い」 お笑い芸人の“キス風”動画に批判の声→父が「皆さん安心して下さい」と言及
プチ炎上していました。(2024/4/24)

「虎に翼」、モラハラ夫の言動に「クソすぎる」 「花子とアン」でもクズ役に「お兄様役だった方ね」
梅子をこき下ろす言動が批判を集めました。(2024/4/23)

この頃、セキュリティ界隈で:
「Twitter.com」を「X.com」に自動変換 Xが仕様変更も、批判相次ぎすぐ撤回 ネット失笑
Xでポストした「Twitter.com」の文字列が自動的に「X.com」に変換されてしまう――。4月上旬、Xでそんな現象が発生し、詐欺に利用されかねないとしてユーザーが警戒を呼びかけた。間もなく問題は解消されたが、Xの混乱ぶりにあきれる声などが相次いでいる。(2024/4/22)

Google Map、削除の基準は? 巨大IT責任問う集団訴訟
インターネットの地図サービス「グーグルマップ」の口コミを巡って、医師らがグーグルに損害賠償を求める集団訴訟を起こした。人気サービスだけに批判的な投稿の影響は大きく、原告側は「権利侵害の大きさは個人サイトと比較にならない」と訴える。(2024/4/19)

「なめてんの?」前澤友作さん怒りあらわに Metaの「著名人なりすまし広告」についての声明に批判続出
「中身がない」「ひどい声明」「ゼロ回答」など批判が。(2024/4/17)

「美人女子大生も大歓迎!!」「初体験遅れてる」広告にセクハラ批判 不動産会社が取材に「反論の余地はございません」と謝罪
同社に背景について取材しました。(2024/4/16)

「美人女子大生も大歓迎!!」「初体験遅れてる」広告に批判 不動産会社がのぼり撤去で謝罪 「時代錯誤」「セクハラ」の声
公式X(Twitter)で撤去を明らかにし、謝罪しました【追記あり】(2024/4/15)

「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
混乱や批判の声が相次ぎました。(2024/4/15)

「いきなり!ステーキ」元社長が店を始めた ワタミの渡邉氏「挑戦してもいない人が批判するのはおかしい」
「いきなり!ステーキ」でおなじみのペッパーフードサービス創業者の一瀬邦夫さんとお会いした。古い付き合いだ。(2024/4/10)

「ローチケ」アプリ変更、「機種変で電子チケット削除」に批判 その後「チケット再表示」の案内を追加 「誤解を招く表現」と謝罪
(2024/4/4)

静岡・川勝知事の失言は「癖」? 繰り返す人は3つの特徴がある
新規採用職員への訓示で職業差別ともとれる発言をしたことなどを理由に、2日に突如、辞意を表明した静岡県の川勝平太知事。これまでも物議を醸す発言を繰り返し、内外から批判を浴びてきた。心理学の専門家は「自身を省みることができず、失言が癖のようになっている」と指摘する。(2024/4/3)

静岡の川勝知事、職業差別と批判受けた発言めぐり謝罪も撤回はせず
(2024/4/3)

静岡県の川勝知事が辞職の意向を明らかに 新人職員への訓示で不適切発言
新人職員への訓示が「職業差別だ」などと批判されていました。(2024/4/2)

むやみな「THE MODEL」導入の落とし穴 失敗企業に共通する“犯人”とは
セールスフォース・ジャパンが提唱するTHE MODEL、今や関連ある職種の方なら誰もが耳にしたことがあるだろう。しかし「THE MODELを導入したがうまくいかない」「THE MODELの分業体制で弊害が起こっている」など、最近は批判的な指摘も目立つ。THE MODELそのものが悪いのか、それともむやみに導入することが間違いだったのか、犯人探しをしていきたい。(2024/4/2)

Cybersecurity Dive:
CI/CDツール「TeamCity」に新たに2つの脆弱性 修正版リリースも批判の声
JetBrainsのCI/CDツール「TeamCity」に新たに2つの脆弱性が見つかった。同社はこれを受けて早期に修正版をリリースしたが、この対応が批判された。一体なぜだろうか。(2024/3/31)

「意地悪ベンチ」報道に新宿区長反論 「30年前から近隣住民の要望を受けてこの形状」「苦情はありません」
ベンチの形が露骨な行政の悪意だと批判が寄せられたとの記事を受けて。(2024/3/29)

シャープ公式Xアカウント「不躾な言葉を反省」 レシピ募集企画めぐり謝罪 「まずまずうまい」の表現物議
投稿者の記載がないことや「まずまずうまい」の表現に批判が寄せられていました。(2024/3/28)

小林製薬、遅きに失した決断 「ブランドに悪影響」紅麹原材料の納入先企業からも批判
小林製薬が製造・販売した「紅麹(こうじ)」のサプリメントを摂取したとみられる1人が腎疾患で死亡していたことが分かった。因果関係は不明だが、健康被害への不安が急速に広がっている。(2024/3/27)

競泳選手の妻・おのののか、レースの観戦マナーに批判覚悟で意見 一発失格の実例示し「なかなか声が届かない」
「選手でもないくせに、と思われても仕方ないと思います」(2024/3/26)

Xが非営利団体CCDHを提訴した裁判、Xの訴えは全面却下 Xは控訴へ
イーロン・マスク氏がオーナーのXが非営利団体CCDHを提訴した裁判で、連邦地裁はXの訴えを却下した。CCDHによる不正確な報告書のせいで数千万ドルの収入が失われたという訴えだったが、判事は提訴の目的は将来の批判の抑止だと指摘した。(2024/3/26)

『ラブライブ!ニジガク』と駄菓子屋のコラボ企画グッズ、あと2カ月あるのに初日売り切れ→終売という事態に批判
【追記】3月22日から5月26日まで実施予定でした。(2024/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。