ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「批判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「批判」に関する情報が集まったページです。

元NMBプロデュースのアイドル、“1人解雇→2人脱退→Pアイドル復帰”の超波乱展開 批判の声にP「グループを守るため決断」
「自分が目立ちたいからとか、どうせまだやりたいんでしょ、とかそうゆうことじゃなくて」(2024/2/21)

高岡蒼佑、真木よう子の“暴走報道”を批判「週刊誌の方がよっぽどセクハラ」 “元仲間”の発信に本人感謝「人として好き」
真木さん「高岡くんは同じ事務所の頃から人として好きでした、ありがとう」(2024/2/20)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの不備と怠慢を暴いた、非常にシンプルなサイバー攻撃とは?
セキュリティ専門家たちは、Microsoftの幹部の電子メールがハッキングされたインシデントについて、同社のセキュリティ不備と怠慢の結果だとして批判している。(2024/2/18)

「これは……」 SBI証券のiDeCo加入者数グラフに「印象操作」と批判 → パンフレット差し替えへ
SBI証券に今後の対応などについて取材しました。(2024/2/16)

瓜田純士、遺体発見の“アウトロー系元生主”唯我さんを追悼も……“くすぶった奴等”の批判一蹴「何も知らない癖に」「パイセンも笑ってるはず」
同じ中学の先輩後輩だった2人。(2024/2/16)

アイドル、“不相応な金銭要求”“ライブボイコット”で批判受け…… 脱退決まる 「一向に改善されない」
「改善を試みましたが一向に改善されないため今回の決断に至りました」としています。(2024/2/14)

スピン経済の歩き方:
ワークマン「職人を軽視してる」批判は気にしなくていい、これだけの理由
「#ワークマン女子」などが好調なワークマンが、既存顧客である職人から叩かれているようだ。しかし同社としてはまったく気にする必要ないと考える。理由は……。(2024/2/14)

「これは酷い」 東京都、保育士ら有給取得率グラフが「印象操作」と批判…… 東京都が修正
SNS上で批判が集まっていました。(2024/2/6)

遠野なぎこ、“新恋人公表”巡るネットの声にピシャリ 「心配なさらないで」「優しい方々からのお言葉だけお受けします」
「知らない人に批判されなきゃいけない事かなぁ?」(2024/2/6)

「広島マツダ」会長、松本人志の報道巡り「私は圧倒的に味方」投稿に批判 「これはひどい」「吐きそうな内容でした」
ヒロマツHDに問い合わせました。(2024/2/6)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(9):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[後編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[後編]では昨今のデザイン思考に対する批判の論点やデザイン思考の功績について解説する。(2024/2/5)

木下優樹菜、“娘の悪口公開”との批判に反論「子育てのリアルを伝えただけ」 悪意ある指摘には「必死すぎでしょ」
次女「ママが悪口言うわけないもん」(2024/2/1)

スペインの復活祭、公式ポスターのキリストが「性的」「女性的」と批判殺到 作者は「ばかげている」「芸術が政治利用」と一蹴
アーティストの27歳息子がモデル。(2024/1/31)

「『セクシー田中さん』公式SNSは芦原さん脚本回の批判コメントだけ『いいね』している」 投稿拡散も……日テレ否定「全ての投稿にいいね」
SNSで情報が拡散されていました。(2024/1/31)

Spotify、AppleのDMA対策を「茶番」で「恐喝」と批判
Spotifyは、AppleがEUのDMA対策として発表した欧州圏における新たなiOSアプリストアに関するルールについて、「完全な茶番」だと批判した。特に人気アプリに課される「Core Technology Fee」は「はっきり言って恐喝」だとしている。(2024/1/29)

アジア杯日本代表・鈴木彩艶めぐる批判にJリーグOBが苦言「被シュート数が少ないから」 先輩西川は「GKにしかわからない事ある」
決勝トーナメント進出は決めたものの。(2024/1/27)

映画「バービー」を「ハリウッドの幼児化」と毒舌批判 オリバー・ストーンが過去の発言を謝罪「無知だった」
いまだ「言わされてる?」との邪推も。(2024/1/25)

ベッカム長男の妻、監督デビューも全米屈指の富豪令嬢が描く“貧困女子”に冷ややかな反応 いかにも要素全盛りに「世間知らずもいいとこ」
「ニコラは俳優で、出自は関係ない」と批判派の偏りを指摘する声も。(2024/1/19)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
大正製薬、創業家による「7000億円超のMBO」に、投資家の批判が集まるワケ
大正製薬ホールディングス(HD)は2023年11月24日、日本企業としては過去最大の経営陣主導の買収(MBO)を実施すると発表した。このMBOにおいて、創業家が代表を務める企業が株式公開買い付け(TOB)を実施することで市場から株式を買い集める。その総額は約7100億円に達する見込みだ。(2024/1/19)

レゴランドへの入場で不当な扱いを受けたとの投稿、社長の対応にさらなる批判 レゴランドは「事実確認中」
投稿主に送ったとするDMを公開するも、批判が集まったためかその後削除しました。(2024/1/17)

働き方の「今」を知る:
「初動が遅い」「企業は金を取るな」――震災対応への批判から見る、日本のGDPが上がらないワケ
元日に石川県能登地方を襲った最大震度7の大地震は、能登半島を中心に深刻な被害をもたらした。震災の対応に対し「初動が遅い、小規模だ」「企業は金を取るな」――といった意見が散見されるが、こうした「お客様マインド」ともいうべき態度がめぐりめぐって日本の生産性を下げてしまっているのではないか。どういうことかというと……。(2024/1/18)

「地震被害あり」→実は虚偽回答 LINE「安否確認機能」での“悪ふざけ行為”に批判の声「冗談でも面白くない」
本来の目的とは異なる使い方です。(2024/1/16)

粗品、元騎手からの批判に口座残高をさらして挑発 テロップに「なあ藤田伸二」
まず借金を返せと自身へのツッコミも。(2024/1/13)

プレミアムコンテンツ:
メインフレームの寡黙な担当者がクラウドに「ノー」を宣告
メインフレームを深く知る担当者は、メインフレームの価値をわざわざ主張しない。ただし根拠のないメインフレーム批判に対しては別だ。寡黙なメインフレーム担当者による“本気の反論“とは。(2024/1/9)

Google マップ、日本語の荒らし行為多数も削除…… 「これはひどい!」「迷惑極まりない」など批判の声
Google マップでは「改変、悪ふざけ」は禁止・制限されています。(2024/1/8)

“ペット機内持ち込み”巡って炎上の石田ゆり子、猛批判にも長文で感謝 「言葉が足りなかった」「一緒に脱出できるようになったら」
「たくさんの皆さんが一緒に考えてくださったこと心からありがとうございます」(2024/1/7)

石田ゆり子、“ペット犠牲”の羽田空港事故めぐり私見→一部から猛批判も…… 「どうかそんなに怒らないで」
機内へのペット持ち込みについての発信が議論になっています。(2024/1/5)

浜崎あゆみ、支援公表した著名人絡みの一部反応に首かしげる 1000万円寄付への“売名批判”に「名は苦しすぎるほど売れてるんじゃ?」
自身も1000万円を寄付していました。(2024/1/5)

【追記あり】防災情報の「特務機関NERV」、X(Twitter)での自動投稿が停止 「API使用回数が上限に達したため」
Xに批判の声が集まっています。(2024/1/1)

「前の奥さんが……」蜂谷晏海&井戸田潤のウエディングフォトに届いた批判の声 ファンは擁護「全然関係ない」
同日に安達さんが離婚を報告。(2023/12/30)

Mステ「ナチス風パフォーマンス」指摘で批判のLDHグループ、問題の楽曲が配信停止に 今後は歌詞や振付を変更
歌詞などが物議をかもしていました。(2023/12/27)

「Mステ」でナチス式敬礼の指摘、LDH所属グループに批判 「これは酷い」「倫理的にどうかしてる」
問題視する声が広がっています。(2023/12/25)

久保建英を“投げ飛ばした”相手MF、「潰す気か」インスタ大荒れ 家族への中傷・脅迫まで届く事態に
悪質な行為で批判を浴びたカディスCFのルベン・アルカラス選手。(2023/12/23)

GACKT、批判覚悟な“オトコだけのテキーラ祭り忘年会”が超豪華 酒豪たちの名明かし「あの2人はバケモン」「見た目で判断するものじゃない」
「『そんな時代じゃない』と言われるのは分かってる」(2023/12/21)

ミス・フランス史上初“ショートカット”の女性が優勝 「八百長」「美しくない」と容姿批判の声に向け「私たちはみんな唯一無二の存在」
強さもミスの証。(2023/12/21)

ZARA広告、“パレスチナの大量虐殺”連想させると大炎上 ボイコット呼びかけもトレンド入り「永遠にキャンセルします」「価値観も人間性もない」
モデルや写真家にも批判が集中。(2023/12/12)

Cybersecurity Dive:
Microsoftが批判を受けてサイバー戦略を全面的に見直し 3つの大きな変更とは?
Microsoftはセキュリティ・バイ・デフォルトを採用するためにサイバー戦略を大幅に刷新した。この計画は2023年のはじめに、同社がセキュリティ機能に関する追加の課金を顧客に対して行い、大きな反発を受けた後に発表された。(2023/12/9)

KADOKAWA、トランスジェンダーに関する書籍を発行中止 SNSで議論や批判
(2023/12/6)

KADOKAWA、差別扇動的との批判相次ぐ書籍を刊行中止 「トランスジェンダーの安全人権を脅かしかねない」との意見書も
刊行中止を発表しました。(2023/12/5)

オスカー俳優、発言が“反ユダヤ”と猛批判→事務所クビへ 2週間後謝罪も「後戻りできない」「圧力に屈するとはこういうこと」
「軽率」だという批判も。(2023/12/5)

KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど181者が意見表明 NTT法廃止は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判
KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなどの電気通信事業者や地方自治体など181者が12月4日、NTT法見直しに関する意見表明を行った。2025年の通常国会をめどに、NTT法の廃止を求めるとの報道があった。この決定は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判する。(2023/12/4)

“神ボディー”で大人気の米モデル、仏誌掲載ショットが「肥満体形への嫌悪」と猛批判 「『私の細さを見て』写真」「ル・ごみ」と散々
フェミニストも公言しているエムラタ。(2023/12/1)

強制労働は本当にないのか? 米IPO目指す「SHEIN」に集まる疑いと批判
中国発のファッションECサイト「SHEIN」(シーイン)が米ニューヨークで新規株式公開(IPO)を目指そうとしている。米議員からは「販売商品と強制労働の関連がないと証明されない限り、上場を認めるべきでない」との声が再び高まっている。SHEINに集まる厳しい批判とは?(2023/11/30)

ビヨンセ“白人化”批判に母親「負け犬どもにはもううんざり」 猛反論も、ダブスタ指摘する声も
娘には相談せず独断で投稿したとのこと。(2023/11/29)

ダレノガレ明美、一部SNSの批判的意見にチクリ 「ぐちぐち言わないで」「フォローもしてない人が」
「人のことぐちぐち言う暇があるならボランティアしてください!」(2023/11/28)

スピン経済の歩き方:
「大阪王将」会長が部下の言葉を遮って、ダメ出しをしたのはなぜか
バラエティ番組に登場した、「大阪王将」を運営するイートアンドホールディングスの文野直樹会長CEOが批判されている。部下の話を途中で遮ってダメ出ししたところ、ネット上で「パワハラではないのか」といった指摘が出ているのだ。(2023/11/28)

80年代のスター、ブリジット・ニールセン 60歳で5歳長女の子育て真っ最中 “年取りすぎ”批判に反論「デ・ニーロは79歳でパパに」
肩車も楽々。(2023/11/24)

トライストーン社長批判の高岡蒼佑、「クローズZERO」出演振り返り「出なければよかったと心の底から思ってる」「色々利用された」
怒りをあらわにした高岡さん。(2023/11/23)

ネットでサブスクを退会しようとしたら…… DAZNの退会手続きに「不親切」「意味不明」と批判
ネットサービスなのにオンラインで完結しない退会手続きに批判が寄せられています。(2023/11/21)

大阪王将の会長に“パワハラ”批判 人気番組「ジョブチューン」内で「不合格すぎ」「やめたほうがいい」と部下に怒り
「パワハラではないか」と批判が殺到。(2023/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。