ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「異議・反論」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「異議・反論」に関する情報が集まったページです。

整形失敗で鼻先が壊死した中国女優「美を求めるのは自然なこと」 「愚かな女」「自分の責任」など心ないコメントに反論
整形トラブルが頻発する現状を危惧。(2021/2/9)

有村藍里への“整形崩れてる”批判に反論多数  華麗なウエディングドレス姿に「めちゃくちゃ可愛い」と絶賛の声
有村さん「温かいお言葉をいただいて嬉しくて胸がいっぱいです」(2021/1/29)

楽天モバイル、社員逮捕巡りソフトバンクに反論 「営業秘密を業務に使った事実は確認していない」
楽天モバイルが社員の逮捕を受けコメント。「持ち出された情報がすでに業務に使われた可能性がある」とするソフトバンクの主張に反論した。(2021/1/12)

「逆転裁判」シリーズが500円から! カプコンのホリデーセールでDLソフトが最大87%オフ
ワンコインで「異議あり!」ができるぞ。(2021/1/6)

AI・機械学習の用語辞典:
中国語の部屋(Chinese room)とは?
用語「中国語の部屋」について説明。チューリングテストへの反論として提起された思考実験。中国語による質疑応答テストで、英語しか分からない人が中国語の質問に適切に回答できる方法を提示することで、この種のテストに合格しても「中国を理解していることは意味しない」という点を反論の根拠とする。(2020/12/17)

DV報道の小澤廉、相手女性に謝罪も事務所発表へ反論 その後に当該ツイートを削除
元所属事務所は、事実確認が取れたため、契約解除処分を下したと発表【訂正・追記あり】。(2020/12/15)

西川貴教「ガタガタ言いたいならこの体か、これ以上になってから言ってくれ」 マッチョ化嫌うアンチに反論
「フィットネスは歴としたスポーツ競技」(2020/12/2)

「昨今まれに見る最悪の意見」──デジタル庁の議論「データ共同利用権」に専門家が異議 “プライバシーフリーク”鈴木教授に論点を聞く
デジタル庁の創設に向け、政府が立ち上げた有識者会議で提案された「データ共同利用権」(仮称)を巡り、一部の学者が警鐘を鳴らしている。情報法を専門とする鈴木正朝教授(新潟大法学部)は「昨今まれに見る最悪の意見」と切る。この提案の問題点を聞いた。(2020/11/27)

CERO「『アサシン クリード ヴァルハラ』は流血表現アリで審査通っていた」 日本版の表現修正、UBIの説明に反論
CEROがユービーアイソフトの説明に反論しました。(2020/11/19)

EU、Amazon.comを独禁法で新たに正式調査
EUが米Amazon.comが米Amazon.comがオンライン小売りプラットフォームでの支配的な立場を悪用し、小売り市場の公正な競争を阻害しているとしてに異議告知書を送り、新たな正式調査も開始した。(2020/11/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
Google「乳がんAI検診」に異議を唱える研究者の言い分
Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人の診断よりも高い精度を示したと発表した。研究者はこの成果と製品化を慎重視する。その理由は。(2020/10/29)

Facebookの外部組織「監督委員会」、申し立て受け付けを開始
FacebookやInstagramで投稿を削除され、それを不服とするユーザーは、第三者機関「監督委員会」に異議申し立てできるようになった。Facebookは委員会の決定に従う必要がある。(2020/10/23)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:機械学習の誇大宣伝と現実
特集は機械学習の企業導入の現実とCI/CDパイプライン活用術。他にPowerPoint文化からの脱却を目指しアプリを活用するモレスキンの事例、オープンソースを搾取しているという批判へのAWSの反論などの記事をお届けする。(2020/10/16)

窪塚洋介、“伊勢谷友介を擁護した”報道に反論 「皆でよってたかって石を投げ……」と世論には苦言も
窪塚さん「法律上、犯罪は犯罪なのでそこに異論はありません」。(2020/9/11)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
TikTokがトランプ政権を訴えた理由
トランプ政権がTikTokを追い詰めるのに用いたツール、TikTok側の反撃、そして過去にTikTokの「悪さ」とされてきた出来事などを検討していく。しかしトランプ政権のやり方は「ずさん」であり、TikTok側に反論、反撃の余地を与えている。さらに、トランプ政権が出した命令には合衆国憲法違反の疑惑も出てきた。TikTokが米国資本に買収されることが、既定路線となっているように報じている記事も見かけるが、それはどうだろう。現時点で先はまだ読めないと筆者は考えている。(2020/8/25)

ハッシュタグ「漫画家は自分が体験したことしか描けない」に漫画家から反論続々 → そもそもそんな発言をしたのは誰?
一体みんな誰と戦っているんだ。(2020/8/19)

「子育てにぐちぐち言わないで」 シングルマザーの紅蘭、“子連れ出勤”への批判に猛反論
紅蘭さん「娘連れて仕事は可哀想すぎる? どこが?」(2020/8/4)

「嘘つきじゃないよ…!!!!」 元あいのり桃、“黒い種が届いたのはうそ”のコメントに証拠写真で反論
写真には7月25日19時42分という日時が記されています。(2020/8/3)

「その魚に食われたらええねん」 女子テニス・大坂なおみ選手、アスリートの政治的発言への批判に痛烈な反論
なおみ姉さん、さすがです。(2020/6/5)

「廃止する理由がない」 香川県、弁護士会のネット・ゲーム規制条例反対声明に反論
香川県議会は、ネット・ゲーム依存症対策条例の廃止を求める香川県弁護士会の声明について「廃止する理由がない」とする見方を示した。(2020/6/3)

アリアナ&ジャスティンのチャリティーシングルが全米トップに 不正疑う声に本人らが反論
不正の存在をめぐって6ix9ineと舌戦勃発。(2020/5/19)

経済学者の見解を知る:
中国は本当にAI先進国なのか
米国対中国のAI(人工知能)バトルは、どちらが勝者なのか。これはよく聞かれる質問だが、正しく答えられていないことがあまりにも多い。米国では、「AI技術では中国がリードしている」と広く信じられている。しかし、経済学者のDieter Ernst氏は、最近発表した中国のAIチップに関する研究論文の中で、その考えに異議を申し立てている。(2020/4/28)

大戸屋がコロワイドに反論「子会社化について正式かつ具体的な提案受けていない」
コロワイドによる株主向けアンケートは「金券と引き換えに行われた」。(2020/4/15)

緊急事態宣言後に発生:
世論誘導? ステマ関与? 一部SNSで拡散したデマにランサーズが反論
政府の緊急事態宣言に関する記者会見後、同じような内容のツイートが複数アカウントから行われていることについて一部SNSでデマが拡散。ランサーズの関与に言及したデマで、4月8日夜にランサーズ社が反論メッセージを発表した。同社は法的措置も辞さないとしている。(2020/4/9)

フマキラー、キッチン用エタノールの対・新型コロナウイルス効果を否定する報道に反論 「強い憤りを感じる」
事前取材もなしに一部有識者の見解を論拠とし、あたかも全キッチン用エタノールに効果がないような一方的な説明がなされたとして、強く抗議しています。(2020/3/11)

3商品で実験済み:
フマキラーが新型コロナを巡る一部報道に対する“強い憤り”を発表 「3商品でコロナウイルス科の不活化に効果あり」と反論
フマキラーが、キッチン用エタノールを巡る一部報道に真っ向から反論している。既に3商品でウイルスの不活化実験をしており、新型コロナウイルスと同じ構造を持つウイルスに対して効果を確認済みとのこと。事前取材をせず、一部専門家の見解のみで「キッチン用エタノールはコロナウイルスへの効果が科学的に証明されていない」と結論付けたことにも疑問を呈している。(2020/3/11)

NYTいわく「AWSはストリップマイニングしている」
オープンソース利用方法の批判報道にAWSが反論「全く筋違いの主張だ」
New York Timesが、AWSはオープンソースプロジェクトに貢献せずに利益だけを得ていると批判する記事を掲載。AWSは「全く筋違いの主張だ」と反論した。(2020/2/7)

「APIは著作権で保護されない」と主張:
AndroidはJavaのAPIを無断で利用してもよいのか? Oracle有利の決定にRed HatとIBMが異議
Red HatはIBMと共同で米国連邦最高裁判所に法廷助言書を提出し、OracleがGoogleに対して起こした訴訟で2018年に連邦巡回区控訴裁判所が下した「GoogleはAPIを複製した」という判決を覆すよう求めた。(2020/1/22)

Huawei、中国政府から特別な経済的支援を受けているというWSJの記事に反論
Huaweiへの中国政府による資金援助が累計で最愛750億ドルになるというWall Street Journalの記事は虚偽だとしてHuaweiが反論し、同メディアの提訴を検討してるとツイートした。(2019/12/27)

結局、安全なのか危険なのか:
「IQOS危険論」に異議あり? PMJが研究データを基に「紙巻たばこ」「電子たばこ」とIQOSの違いを強調
電子たばこの喫煙が原因とみられる肺疾患が米国で話題となっている。日本で高いシェアを誇るIQOSの安全性はどうなのだろうか。PMJがデータを基に、紙巻たばこや電子たばことIQOSの違いを説明した。(2019/12/26)

りゅうちぇる、「男は化粧せず男らしく」意見に反論 アナクロなジェンダー論が議論呼ぶ
時代は変わっている。(2019/12/12)

現代書館、石川優実さんの書籍『KuToo』を巡る「捏造」批判に反論 「クソリプ」掲載はあくまで「引用」「原文のまま」
ネット上では、引用しているツイートの一部を削除していることなどが「捏造(ねつぞう)」や「改ざん」にあたるのではないかと批判されていました。(2019/12/1)

「まじリアルに現場見てから言えよ」 中川友里、「バチェラー・ジャパン」のやらせ疑惑報道に反論 先代バチェラーも苦言
報道を受け出演者の見解が続々。(2019/11/28)

山口真帆、「暴行男性との私的交流」報道に反論 「もう関わりたくない」「酷すぎる」と嫌悪感あらわ
山口さん「写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる」。(2019/10/30)

“いま”が分かるビジネス塾:
ホリエモン「お前が終わっている」発言に見る、日本経済が「本当に終わっている」理由
ネット上の「日本終わっている」にホリエモンが「お前が終わっている」と反論、発言は賛否を呼んでいる。筆者はここに、日本の賃金水準がもたらす本質的な問題を見いだす。(2019/10/23)

「伝える人が美しくなければ」 Matt、“美意識批判”のネット記事に反論 メディア側の意識改善を求める
Mattさん「メディア側がタレントに対する発言や行動を見直すべきだよ」。(2019/10/18)

【追記あり】矢沢永吉、苦情へのメッセージを削除か 「人の揚げ足ばかり取ってて楽しいですか?」と反論
ライブ中止後の対応に苦情が寄せられていました。(2019/10/13)

「嫌がらせやモラハラ行為があり」「春頃から体調を崩すように」 織田信成、アイススケート部監督辞任について関大に反論
約2年半監督を務めていました。(2019/9/30)

ダイエットサプリ「ケトジェンヌ」の服用者に下痢などの体調不良 消費者庁が異例の商品名公表も販売会社は反論
健康商品に関して消費者庁が事業者名などを公表するのは初めてのケースです。(2019/9/10)

「GoogleがiPhoneユーザーの不安あおった」、iOSの脆弱性悪用報告にAppleが反論
Googleは修正前のiOSの脆弱性が攻撃に利用されていた実態を報告し、Appleはその報告に対して「GoogleがiPhoneユーザーの不安をあおった」と非難している。(2019/9/10)

Apple、iPhoneエクスプロイトを詳解したGoogleを非難「標的はウイグルコミュニティだけ」
Appleが、8月末にGoogleがiPhoneへのエクスプロイト攻撃について解説したことが、ユーザーに誤った印象を与えたとして反論した。(2019/9/9)

インドネシアのバーガーキング公式、耳の不自由なスタッフに対する否定的なツイートに反論 「平等な権利」だと返した行動に60万いいね集まる
「マーケティング戦略ではないか」と指摘したツイートに反論しています。(2019/9/8)

WhatsAppの脆弱性をセキュリティ企業が発表 Facebookは反論
セキュリティ企業Check Pointによると、脆弱性を悪用されれば個人が送ったメッセージやグループチャットの会話を傍受され、改ざんされる恐れがある。(2019/8/9)

ディルバート(616):
”新プロジェクト”の深い闇
ボスの理不尽な評価に反論するディルバート。その会話には、次々と現れる“新プロジェクト”に染み込んだ闇が……?(2019/8/8)

ヤフー「LOHACO譲渡の意向を聞いただけ」は「明らかに虚偽」とアスクルが再反論
ヤフーがLOHACOの切り離しと直営化を検討していたとして、具体的な経緯を明らかにしています。(2019/7/23)

アスクル、ヤフーに激しく反論 “LOHACO乗っ取り”画策は「明白」 主張は「明らかに虚偽」
ヤフーがECサイト「LOHACO」事業の“乗っ取り説”を否定したことに対し、アスクルが「ヤフーが主体的にLOHACO事業の移管を画策していることは明白」などと反論。(2019/7/22)

背後にソフトバンクの影も?:
ヤフーの言い分は「明らかに虚偽」 アスクルが「LOHACO問題」で再反論
アスクルが「LOHACO問題」についてヤフーの主張に反論。対立に至るまでの経緯の詳細を公開し、「ヤフーが主体的にLOHACO事業の移管を画策していることは明白だ」と批判している。(2019/7/22)

Instagram、アカウント削除前に警告し、異議申し立てしやすくする新機能
Instagramがコミュニティガイドライン違反で削除するアカウントに事前警告するようになった。「また違反投稿をしたらあなたのアカウントは削除されます」という警告とともに、過去に違反して削除された投稿が一覧表示される。(2019/7/19)

ヤフー、アスクル社長会見に反論 “LOHACO乗っ取り説”など否定 「黒字化に向けて協力する」
ヤフーが、アスクルの岩田彰一郎社長が記者会見を開き、共同運営するECサイト「LOHACO」事業を「このままでは乗っ取られてしまう」と発言した件などについて、反論のコメントを発表した。譲渡を打診したのは事実だが、アスクルの主張を受け入れており、「今後は譲渡を申し入れる方針はない」という。退任を求めている岩田社長の後任人事などについても言及した。(2019/7/18)

アスクルにヤフーが反論 「LOHACOの譲渡を申し入れる方針はない」
「LOHACOはアスクルが運営すべき」とヤフーは主張しています。(2019/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。