ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年04月27日 09時00分 UPDATE

Microsoft、次期「Windows Home Server」のβ版を公開

Microsoftの家庭およびホームオフィス向けサーバOS「Windows Home Server」は、次期版から64ビットOS版のみになる。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月26日(現地時間)、次期「Windows Home Server(WHS)」(コードネーム:Vail)のβ版を公開したと発表した。英語版をMicrosoft Connectのサイトからダウンロードできる。

 WHSは、「Windows Server」をベースにした家庭およびホームオフィス向けのサーバOS。写真や音楽、ビデオといったデータの管理、保護、共有が可能だ。Vailは64ビットOSのみの提供で、ハードウェア要件は、1.4GHzのx64プロセッサ、1Gバイトのメモリ、160GバイトのHDD。β版のため、メインで利用しているPCにはインストールしないよう勧めている。

 新機能としては、家庭やオフィスの外へのメディアストリーミング機能、複数のPCのバックアップとリストア、セットアップや操作の簡易化などを挙げている。また、パートナー向けの開発ツールを拡張したという。β版には新しいSDKも含まれている。正式版の公開時期は明示していない。

vail

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.