ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows Home Server」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows Home Server」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
スマホ/タブレットをWindows PCと手軽に連携するには?――「OneDrive」使いこなしテク【モバイルOS編】
Windows標準のオンラインストレージ「OneDrive」は、Windows PCやMac以外のデバイスからも利用できる。Android、iOS、そしてWindows Phoneが搭載されたスマートデバイスでOneDriveを利用すれば、活用の幅はグッと広がるに違いない。(2014/8/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
目指せ“最強”構成――DDR-3000対応の16GバイトメモリやGTX 780 OCカードに注目集まる
DDR3-3000メモリやASUSTeKやMSIのGTX 780 OCカードなど、先週は各ジャンルで最強クラスのヒット候補が登場している。その中には、発売前の5GHz CPUへの対応をうたうマザーも……。(2013/7/22)

シン・ゼロから始めるQNAP 第1回:
初心者だってNASがしたい! でも何を買えばいいの……
今やPC初心者にとってもNASは興味のある機器となりつつある。しかし、どんなNASを選べばいいのか分からず、導入自体をためらっている人も多いはず。第1回はNAS選びのポイントを解説しよう。(2013/6/25)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第8回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows Server 2012の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/4/18)

XPは2014年4月にサポート終了:
あなたのOSはいつまで現役?――Windowsのサポート期限をまとめてみた
Windows XPのサポート終了日まで残り1年を切った。それではWindows Vista、Windows 7、Windows 8のサポートはいつまで受けられるのか、現状をまとめよう。(2013/4/9)

Windows 8レボリューション:
第14回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows 8の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/1/10)

Windows 8レボリューション:
第11回 クライアントHyper-V
従来はサーバOS向けに提供されていたHyper-Vが、クライアントOSであるWindows 8でも利用できるようになった。従来のWindows Virtual PCとの違いやサーバ版Hyper-Vとの違い、およびVirtual PCのディスク・イメージをクライアントHyper-Vで利用する方法を解説する。(2012/12/6)

「Windows Home Server」は終了:
Microsoft、「Windows Server 2012」のエディションを発表
次期サーバOSの「Windows Server 2012」は全4エディション。家庭用サーバOSとして提供してきた「Windows Home Server」は終了し、DLNA対応などの機能は425ドルのEsssentialsエディションに統合される。(2012/7/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「レア化の要素、そろいすぎ」――GTX 680最速モデルがASUSTeKから登場!
GeForce GTX 680カードにOC版が各社から登場する中、ASUSTeKから最強クロックの「GTX680-DC2T-2GD5」がデビュー。が、店員さんの「そりゃレア化しますわ」の声とともに、まもなく激レアに。(2012/5/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
「深夜販売もOK」――PC DIY SHOP FreeTが“パーツ通り”に移転
先週末にPC DIY SHOP FreeTが元クレバリー2号店のビルに移転した。PCパーツショップ密集エリアの盛り上がりが加速している。(2012/4/23)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第7回 ディスクを仮想化するストレージ・プール機能
ディスクを仮想化して大きなディスクに見せたり、RAID技術と組み合わせて耐障害性や性能を向上させるストレージ・プールについて解説。(2012/4/12)

クレバリー、Windows Home Server 2011を搭載したキューブ型PC
クレバリーは、BTOデスクトップPC「COORDY’S」シリーズとして、Mini-ITXのキューブ型ケースを採用したWindows Home Server 2011搭載モデルなど4製品を発売した。(2012/3/26)

超小型で省電力、価格も2万9820円から:
PR:ミニミニPC「Endeavor NP30S」の“新”活用事例──“メインPCのサポート役”としての活用方法を探る
OS込みで2万9820円からとするリーズナブルな価格が魅力のミニミニPC「Endeavor NP30S」。これがあると何が便利か──「セカンドPC」としての活用事例を紹介する。(2012/3/12)

週末アキバ特価リポート:
「トータル1万円の値引きも現実的」――新生活向けキャンペーンが目白押し
新生活応援フェアが目立つようになってきた2月。メーカー単位でお得な長期キャンペーンが展開されるなか、年度の切り替わりを待たず閉店する老舗ショップも……。(2012/2/11)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第3回 クライアントHyper-V
Windows 8では、従来のWindows Virtual PCに代わって新しくHyper-V 3.0がクライアント向けにも導入される。その概要を解説。(2012/2/9)

ニューテック、小規模オフィス向けの6ベイ搭載デスクトップ型NAS「SmartNAS」
ニューテックは、最大6基のHDDを内蔵可能なSMB/SOHO向けNAS「SmartNAS」の販売を開始する。(2011/12/12)

一家に1台:
日本エイサー、4万円の最新ホームサーバ「Revo Center RC111」
日本エイサーは、Windows Home Server 2011を採用した4ベイタイプのホームサーバ「Revo Center RC111」を発売する。実売価格は4万円前後。(2011/11/18)

facebook対応デジタルフォトフレーム「DFP-WA700」は「買い」か
今年に入り急激に利用者の増えた感のあるfacebook。ソニー「DFP-WA700」は無線LANでウォールに投稿された写真を自動的に取得、表示する機能を持つデジタルフォトフレームだが、果たして「買い」か。実際に利用した。(2011/11/17)

アイ・オー、WHS 2011搭載オールインワンNAS「HDL-Z2WH」シリーズ
アイ・オーから小規模ビジネスシーン向けのWindows Home Server 2011採用NAS、90Mバイト/秒のシングルドライブNASが登場する。(2011/11/16)

使ってもらえばきっと分かる──をまず訴求:
「OneNote使ってますか? 実はWP連携にぴったりです」──日本MS、Windows Phoneの普及活動に本腰
日本マイクロソフトがWindows Phone 7.5搭載スマートフォンの“現状”を説明。具体的な活用例とともに、新たに搭載する機能などを解説した。(2011/10/24)

ドスパラ、Atom/ION搭載の超小型デスクトップ「Prime MINI」を発売
サードウェーブは、デュアルコアAtomを内蔵した超小型デスクトップPC「Prime MINI」を発表した。(2011/10/21)

デジカメ画像を死蔵させない管理と保存:
「あの写真」を失わないための第1歩
カメラユーザーの撮影枚数は増え続け、そのデータも増え続ける。大切な画像を失わないためにもバックアップはしておきたい。「ああ」と嘆く事態が起こる前に、まずはWin/MacのOS標準機能でバックアップしよう。(2011/9/27)

PR:増え続けるデジカメ画像に効く――簡単!「Windows Home Server 2011」導入
増え続けるデジカメ画像、ノートPCのHDDに保管するだけでは何かあった時に大変。それに自分や家族の撮った写真もまとめて管理したい――そんな悩みに答えるのが、Windows Home Server 2011。導入も簡単だからこそ、デジカメ好きにはWHS 2011をお勧めしたい。(2011/9/26)

5分で分かった気になるアキバ事情:
安く広くに突き進んだ8月のアキバ
夏休みシーズンの特価キャンペーンだけでなく、OSからメモリまでさまざまなパーツが値下がりをみせた8月。その一方でニッチな需要を満たす新製品も多かった。(2011/9/7)

Fun Lounge produced by Windows Phone:
“中の人”が語る、Windows Phoneの魅力と使いこなし方
日本マイクロソフトが、一般ユーザーを招いてWindows Phoneの魅力を紹介するイベント「Fun Lounge produced by Windows Phone」を開催した。Windows Phoneの使いこなし方、覚えておくと便利な活用法なども披露され、すでにIS12Tを購入した人にも、これから購入を検討しようと思っていた人にも役立つ情報が多数提供された。(2011/8/29)

Windows Phone担当のベテラン幹部がMicrosoft退社へ
Microsoftに21年務め、現在Windows Phoneのアプリ開発者対応のジェネラルマネジャーを務めるチャーリー・キンデル氏が新会社立ち上げのために同社を去る。(2011/8/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
知られれば一気にブレイクしそうなアキバの注目アイテム
コストパフォーマンスや性能などをみるとお得なのに、売れ行きは地味。そんなアイテムをたずねたところ「よくぞ聞いた!」と目をむく店員さんが多かった。そんな店員さん期待の夏休みデビュー候補を紹介したい。(2011/8/8)

クレバリー、BTOデスクトップ「COORDY’S」にPentium G搭載のWHS2011導入モデルを追加
クレバリーは、Pentium G620Tを標準搭載したホームサーバ向け小型デスクトップ「COORDY’S I HomeServer Cube H67 [HSCH67-11G]」を発売した。(2011/7/15)

Windows 7時代のワークグループ・ネットワーク:
第4回 Windows Home Server 2011(中)
SOHO、家庭向けの簡易サーバWindows Home Server 2011。今回はディスクや共有フォルダの管理について解説。(2011/7/14)

もし、在宅業務することになったらどうするか:
PCフリーライターが普段実践する、モバイルオフィス環境──「データの分散保存」編
モバイルオフィス環境を実践しだすと、どうしようか少し迷ってくるのが「データの保存先」。PC内蔵ストレージだけでは容量が乏しいが、ネットワークストレージはどうか。万一時や安全性、利便性をあれこれ悩んだ結果、こう落ち着いた。(2011/7/14)

クレバリー、Windows Home Serverを導入したコンパクトPC「MiniSlim H67」
クレバリーは、同社製BTO対応デスクトップPC「COORDY’S」の新モデル「COORDY’S I HomeServer MiniSlim H67 [HSMSH67-11G]」を発表した。(2011/7/8)

ショップのダメ出し!:
いかがですか父上、アキバの店員があみ出した価格5万円! 小型ホームサーバです
アキバのベテランショップ店員に、自身が考えたPCの構成表を持ち込みダメ出しをもらうこの連載。今回はmini-ITXマザーを使ったホームサーバの構成を考え、「PC DIY SHOP FreeT」の中川氏にダメ出しをもらう。(2011/7/2)

5分で分かった気になるアキバ事情:
Sandy Bridgeが全力を出し切った5月のアキバ
大型連休明けにZ68マザーが登場し、Sandy Bridgeの機能をフル活用した究極構成のマシンが組めるようになった。一方、Windows Home Server 2011の深夜販売も行われており、自作の選択肢はますます広がっている。(2011/6/10)

なんと電球1個より省電力:
PR:“節電”をより実践できる2万9820円のミニミニPC、「Endeavor NP15」導入のススメ
省電力なWindows 7搭載PCが2万9820円から手に入る。机上にちょこんと置けるエプソンダイレクトの「Endeavor NP15」はかわいらしいボディながら、れっきとした家族向け/ビジネス向けのPCだ。(2011/5/30)

Windows 7時代のワークグループ・ネットワーク:
第3回 Windows Home Server 2011(前)
SOHOやホームネットワーク向けの簡易サーバ、Windows Home Server 2011。その概要とインストール方法を解説。(2011/5/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
「アキバの伝統を守る!」 クレバリーが挑んだ「Windows Home Server 2011」深夜販売
2008年8月に嵐の中の深夜販売を敢行したクレバリーが、5月21日0時に再び一店舗のみの深夜販売を行った。売り出したのは「Windows Home Server 2011」。3年前のリベンジなるか!?(2011/5/21)

日本マイクロソフト、「Windows Home Server 2011 日本語版」を5月21日より提供開始
日本マイクロソフトは、家庭向けホームサーバOS「Windows Home Server 2011 日本語版」を5月21日より提供開始すると発表した。(2011/4/26)

Windows 7時代のワークグループ・ネットワーク:
第2回 ワークグループ・ネットワークのファイル共有設定
ワークグループネットワークには手軽にファイルを共有する仕組みがある。OSごとに異なるその設定方法を解説。(2010/12/9)

HP、Microsoftの家庭用サーバOS「Windows Home Server」のサポートを中止
HPが家庭用サーバ「MediaSmart Server」の製造を中止することで、Microsoftの「Windows Home Server」のサポートも終了する。(2010/12/2)

自宅のPCをちょちょいと遠隔操作:
“リモートアクセスって何?”という人でもカンタンに──“どこでもPC”機能「Lui」の進化ポイントを探る
今まで専用ハードウェアとともに使う“やや上級者”志向の機能だったNECの「Luiリモートスクリーン」が、ソフトウェア化で「初心者でもすごくカンタン」になったという。そもそもLuiとは何か、そして何が変わったのかを検証する。(2010/11/26)

うほほっ、スゴく便利っす……:
個人ユーザーこそ使ってみよう──RAIDより簡単なストレージアレイ「Drobo」の実力検証(後編)
RAIDの欠点を補い、ほぼ“全自動”で管理できる工夫が魅力のストレージアレイ「Drobo」シリーズ。後編では、アドオン機能「DroboApps」とリビルド作業の使い勝手、データ転送速度などを検証する。(2010/11/11)

Windows 7時代のワークグループ・ネットワーク:
第1回 ワークグループ・ネットワークの基礎
Windowsネットワークの最も基本的な運用形態であるワークグループネットワークは、Win 7時代にどう進化したのか。(2010/10/28)

足りなくなったら「ベアHDDを買い足すだけ」:
簡単拡張ストレージ「Drobo」のデータロボティクス、日本市場に本格参入
ストレージアレイ「Drobo」シリーズを展開する米データロボティクスが日本市場に本格参入。既存RAIDシステムのデメリットを解消した独自技術で、簡単・安全を両立したストレージアレイ製品5モデルを発売する。(2010/9/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「小型PC関連に“いい風”吹きすぎ」――DDR3対応Atomマザーや1万円切りのWHSが目立つ
DDR3に対応する最新Atomを搭載したmini-ITXマザーが登場し、Windows Home ServerやSSDが低価格で販売されるなど、サーバ関連の選択肢がググッと魅力度をアップさせている。(2010/8/30)

iPhone/iPod touchでも使える:
WindowsもMacもこれ1台のホームサーバ――「HP MediaSmart Server EX490」を試す
「HP MediaSmart Server EX490」は、家庭内のデジタルコンテンツを1台に集約し、Windows PCだけでなく、MacやiPhone、ゲーム機にも配信できる多機能なホームサーバだ。(2010/7/21)

MacやiPhoneにも対応:
日本HP、省スペース筐体採用ホームサーバ「MediaSmart Server EX490」
日本ヒューレット・パッカードは、Windows Home Serverを導入した家庭用途向けホームサーバ「HP MediaSmart Server EX490」を発売する。(2010/7/13)

エイサー、パフォーマンスを強化したWindows Home Server搭載ホームサーバ「easyStore H342」
日本エイサーは、Windows Home Serverを採用したホームサーバ「Aspire easyStore」シリーズの新モデル「Aspire easyStore H342」を発表した。(2010/7/2)

日本HP、7万円台からのSOHO向けNAS「X510 Data Vault」
日本ヒューレット・パッカードは、小規模環境向けとなるコンパクトNAS「HP StorageWorks X510 Data Vault」を発表した。(2010/6/21)

Atom搭載ホームサーバ「TS mini」で、“Windows Home Server”を見直す
10台程度のPCで“簡単に”共有環境を構築できるWindows Home Server。2010年のトレンド“Atom搭載”のモデルがASUSから登場した。その使い勝手は?(2010/5/18)

ストーム、Windows Home Server搭載のキューブ型ホームサーバ
アイティーシーは、Windows Home Server Power Pack 3を標準搭載したキューブ型ホームサーバ「Storm Atlantis Cube Mini WHS Edition」の販売を開始した。(2010/5/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。