ニュース
» 2010年05月26日 07時39分 UPDATE

「Google Chrome 5」の安定版リリース Mac版とLinux版もβを卒業

2009年6月の開発者向けβ版リリースから約1年、MacおよびLinux向け「Google Chrome」からようやく「β」が消えた。

[ITmedia]

 米Googleは5月25日(現地時間)、Webブラウザ「Google Chrome 5」の安定版(Ver.5.0.375.55)をリリースしたと発表した。Windows向けのほか、これまでβ版のみだったMac向けとLinux向けも公開。GoogleのWebサイトからダウンロードできるほか、Windows向け安定版およびMac向けとLinux向けβ版ユーザーには自動アップデートの通知が届く。

 前版(Chrome 4)からの主な変更は以下の通り(直近のβ版からの変更はほとんどないようだ)。

  • 高速化:JavaScriptエンジン「V8」の改良によりWebアプリケーションの稼働を高速化した
  • HTML5対応:HTML5のジオロケーション、アプリケーションキャッシュ、Web Sockets、ファイルのドラッグ&ドロップといった機能に対応した。「ブックマークマネージャ」もHTML5を採用して改良した
  • 同期機能の拡大:これまでのブックマークに加え、テーマ、ホームページ、起動時の設定などのプリファレンスも同期できるようになった
  • プライバシー強化:Incognito(シークレット)モードでの拡張機能のインストールが可能になった
  • 脆弱性への対処:2件の「高リスク」を含む6件の脆弱性を修正した
chrome HTML5を利用した「ブックマークマネージャ」

 なお、予定していたFlash Playerプラグインの統合は、米Adobeによる「Flash Player 10.1」の正式版リリースを待って実装する予定だ。統合後、Flash Playerの最新版への更新は、Chromeの自動更新システムを通じて行えるようになる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -