ニュース
» 2010年06月08日 11時31分 UPDATE

Apple、Bingも選べる「Safari 5」をリリース 機能拡張の追加も可能に

Appleが約1年ぶりにWebブラウザの「Safari」をメジャーアップデートした。待望のアドオンが今夏公開の「Safari Extensions Gallery」からダウンロードできるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月7日(現地時間)、Webブラウザの新版「Safari 5」をMacとWindows向けにリリースしたと発表した。同社のSafariのページから無料でダウンロードできる。

 新版の最も大きな特徴は、拡張機能の追加が可能になったことだろう。開発者は「Safari Developer Program」に加入してSafari向け拡張機能を開発し、今夏スタート予定の「Safari Extensions Gallery」に登録できる。

 また、同日発表のモバイルOS「iOS 4」版Safariと同様に、検索エンジンとしてGoogleのほか、Yahoo!とBingを選択できるようになった。

 そのほかの新機能は以下の通り。

高速化

 JavaScriptエンジン「Nitro」の改良で、Safari 4より30%、米GoogleのChromeより3%、Firefox 3.6の2倍高速化したという。DNSのプリフェッチ機能でページの読み込みが速くなり、キャッシング機能の強化で既読ページの読み込みも速くなった。

Safari Reader

 ページ上の記事やコラムを、広告などを排除した画面で読めるようにする「Safari Reader」という機能が追加された。読みたいページを表示したまま「Smart Address Field」のSafari Readerアイコンをクリックすると、記事部分だけのポップアップ画面が表示される。この画面では記事の拡大/縮小、メール、印刷が可能だ。

reader

HTML5のサポート

 動画の全画面表示やジオロケーションなど、新たに17ものHTML5機能に対応した。

html5 対応するHTML5機能一覧

Smart Address Fieldの機能強化

 検索語をうろ覚えで入力すると、Safariがユーザーの履歴やブックマークから判断した候補を表示する。

タブ設定の変更

 これまでリンクを開く際、標準では新規ウィンドウが開いていたが、新規タブで開けるようになった。

Windows版のハードウェアアクセラレーション

 Windows版では、GPUを利用したハードウェアアクセラレーションによる表示の高速化が可能になった。

Web Inspectorの強化

 スタイルシートの確認などに使える「Web Inspector」にTimelineペインが追加され、Safariによるページの読み込みやレンダリングの様子を確認できるようになった。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Safari | Apple | iOS 4 | ブラウザ | HTML5 | Windows | Bing | タブ | JavaScriptエンジン | WWDC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -