ニュース
» 2010年06月10日 07時47分 UPDATE

ワールドカップに便乗する攻撃が急増、不正サイトやスパムに注意せよ

W杯関連用語の検索結果に不正サイトを表示させる手口や、関連ニュースを装うスパムメールに注意する必要がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米SymantecやF-Secuereは、サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を目前に控え、これに便乗した攻撃が急増していると注意を呼び掛けた。コンピュータユーザーをだまそうとするスパムメールや、関連用語の検索結果に不正サイトを表示させるSEOポイズニング攻撃が横行しているという。

 Symantecによれば、検索サイトで「World Cup 2010」の関連用語を検索すると、偽ウイルス対策プログラムを仕込んだページにおびき寄せようとするリンクが多数表示されるという。

 リンク先の不正サイトでは、Windows 7、XP、Vistaのインタフェースに見せかけた画面に「あなたのコンピュータはウイルスに感染しています」という偽の警告メッセージを出してユーザーを脅し、ウイルス削除のためと称して悪質なファイルをダウンロードさせようとする。

fake scan Windows XPに似せた偽のウイルススキャン画面(Symantecより)

 Symantecは、「Googleなどの検索サイトが対策に乗り出した効果から、検索結果を悪用するSEOポイズニング攻撃はここ数カ月で目に見えて減ったものの、攻撃が成功してしまうケースは依然として多い」と警告する。W杯関連の情報は慎重に検索し、できるだけFIFAの公式サイトを直接利用した方が良いとアドバイスする。

 一方F-Secureは、W杯に便乗したスパムメールの流通量が急増していると指摘し、選手のスキャンダルやセンセーショナルなニュース、チケット販売などを装った手口にだまされることのないよう、注意を促した。

Spam W杯関連スパムの増減の推移(F-Secure調べ)

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -