ニュース
» 2010年07月12日 08時34分 UPDATE

Google、中国政府がネット事業免許を更新したと発表

中国政府がGoogleの中国でのネット事業継続を認めた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月9日(現地時間)、中国政府が同社のインターネットコンテンツプロバイダー(ICP)免許を更新したと発表した。

 同社は3月に、中国政府の検閲を理由にGoogle.cnを停止し、香港版へのリダイレクトで中国のユーザーに検索サービスを提供した。これに対し、中国政府がこの手法を続ければICP免許を更新しないとしたため、Googleは6月30日の免許更新日の前に、自動リダイレクトを中止し、香港版GoogleにリンクしたGoogle.cn内のランディングページに誘導する手法に変更した。この手法であれば「自主検閲をしない」という原則を守ったまま現地の法律にもかなうとし、この変更に基づいて更新申請を再提出していた。

 同社の最高法務責任者を務めるデビッド・ドラモンド氏は公式ブログで「中国政府がICP免許を更新したことを非常に嬉しく思う。中国のユーザーに向けてWeb検索をはじめとする各種サービスを提供し続けられることを期待している」と語った。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

中国 | Google | Google China | 政府 | 検閲 | 事業継続


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -