ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google China」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google China」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

世界スマスピ&スマートディスプレイ出荷調査、GoogleがAmazonとの差を縮める
Strategy Analyticsによると、2018年10〜12月に世界で出荷されたスマートスピーカーおよびスマートディスプレイは3850万台で、2017年通年より多かった。Google Home Miniが好調のGoogleが首位のAmazonとの差を前期より4ポイント縮めた。(2019/2/20)

Google、中国向け検閲可能検索サービス「Dragonfly」を断念か──The Intercept報道
Googleの中国向け検閲可能検索サービスプロジェクト「Dragonfly」が実質的に終了したとThe Interceptが報じた。社内外からの批判の高まりや社内のセキュリティ&プライバシーチームによる幹部への抗議が奏功したとしている。(2018/12/18)

スマートスピーカーの世界市場、Google出資の中国JD.comが4位に──Strategy Analytics調べ
Strategy Analyticsによる世界のスマートスピーカー市場調査の結果、米企業が参入していない中国でAlibabaとJD.comが急伸していることが分かった。Googleも伸びており、それぞれがAmazonのシェアを奪った。(2018/8/15)

Google、中国でグレートファイアウォール対応検索サービス「Dragonfly(コード名)」を準備中か
中国政府の検閲に反発し、事実上中国本土での検索サービス提供を停止していたGoogleが、中国政府による検閲・フィルタリングに準拠した検索アプリを早ければ半年後に提供するとThe Independetが報じた。(2018/8/2)

Google、中国ネット通販大手JD.com(京東商場)に5億5000万ドル出資
Googleが中国ネット通販大手のJD.comに5億5000万ドル(約610億円)を出資し、クラスA株式2700万株を取得する。GoogleはJD.comの技術をサポートし、JD.comはGoogleショッピングで市場を拡大する。(2018/6/19)

Google、中国の北京にアジア初のAIラボを開設
Googleが、アジア初のAI(人工知能)ラボを中国の北京に開設した。ラボを統括するフェイ・フェイ・リー博士は「AIに国境はない」と語る。(2017/12/14)

製品分解で探るアジアの新トレンド(5):
必要ならばデグレードも、中国メーカーの柔軟さ
今回焦点を当てるのはBaidu(百度)である。“中国のGoogle”とも呼ばれる同社の製品では、ネットワークメディアプレーヤー「影棒」が話題だ。その影棒を分解し、チップの性能を見てみると、中国メーカーの臨機応変さが浮かび上がってくる。(2016/5/11)

“中国のGoogle”、「Baidu」のサービスはどう使われているのか
中国の検索最大手「Baidu」(百度:バイドゥ)は単なる検索サイトという規模を超え、次から次へと新サービスを打ち出して利用者を増やしている。「中国のGoogle」ともいわれるBaiduには、どんなサービスがあるのだろうか。(2015/11/24)

Google、今秋にも中国市場に再参入か しかし困難も
中国市場から5年前に撤退したGoogleが今秋にも再参入するといううわさがある。しかし、その道のりは平坦ではなさそうだ。(2015/9/16)

自動運転技術:
アウディとBMWとダイムラーが3社連合でHEREを買収した理由
アウディ、BMW、ダイムラーのドイツ自動車メーカー3社連合が、ノキアの100%子会社で地図情報サービス大手のHEREを買収した。HEREを詳しく取材してきた桃田健史氏がその理由をひも解く。そして今回のHERE買収は、今後数年間で起こるであろう、自動車産業の構造大転換のプロローグにすぎないという。(2015/8/7)

注目度No.1のスマホメーカーといえば、ここ:
小米(シャオミ)創世記――粒ぞろいの経営者たち
今やサムスン、Appleに次ぐ世界第3位のスマートフォンメーカーとなった中国のXiaomi。だが2014年初頭は、世界的にはほとんど騒がれていなかった。Xiaomiの生い立ちを、7人の経営者のバックグランドとともに紹介する。(2014/11/20)

スマホの通信を支える基幹網の礎――KDDIの太平洋横断ケーブルが「IEEE マイルストーン」に認定
KDDI(旧KDD)、米AT&T、ハワイアンテレコムが1964年に運用を開始した太平洋横断ケーブルが、社会に大きく貢献した発明や技術開発をたたえる「IEEE マイルストーン」に認定された。(2014/11/12)

中国当局のネット締め付けが加速する2014年──香港デモきっかけにさらに強化
学生や市民が民主化を求めて続いている香港デモ。中国本土では中国政府に都合のいい報道ばかりが流れ、中国のネットユーザーが香港の実情を知ることは難しいという。今年は中国政府がネット規制を強めている──山谷氏による現地からのリポート。(2014/10/31)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
国産検索エンジン開発が頓挫した先にあるもの
かつては日本でも「検索エンジン」を自前で開発しようという機運があったものの、今ではほとんど無くなってしまった。検索エンジンを持たないことで、どんな未来が待ち受けているのだろうか。(2013/2/1)

知らないなんて言えないNoSQLまとめ(3):
カラム指向型データベース(HBase、Hypertable、Cassandra)編
カラム(列)指向データベースは大量データ分析などのニーズが増えていることから、注目を集めつつあります。ここで、ざっと各プロダクトごとの特徴をおさらいしておきましょう。(2013/1/11)

政治的思惑か、単なるミスか──中国から「.co.jp」サイトに一斉アクセス禁止の“なぜ?”
先週末の15日から17日にかけて、中国から「co.jp」ドメインの日本のサイトにアクセスできない事態が起き、現地の日本人に加え、日常的に閲覧していた中国人ユーザーも困惑。政治的思惑なのか、単なるミスなのか──(2012/6/18)

Google、中国での“外部要因による”検索不具合とその対策を発表
中国国内でGoogle検索で「江」や「周」など、接続遮断を引き起こす可能性のある言葉を検索すると、ピン音で検索し直すよう勧めるメッセージが表示されるようになった。(2012/6/1)

Googleサーバのハッキングは中国政府が指示――WikiLeaksが暴露
WikiLeaksが28日に公開した膨大な機密データには、年初に発覚したGoogleへのサイバー攻撃が中国政府の指示によるものだとする文書が含まれていた。(2010/11/30)

IEF2010:
緊張が走る中国・武漢で行われたe-sportsイベントグランドファイナル
一昨年の中国・武漢、昨年の韓国・水原に引き続き、今年も行われた中韓政府主催のe-sportsイベント「International E-sports Festival」に、日本代表選手団団長として行ってきました。試合会場となったのは、反日デモで話題になった武漢市……実際、そこらへんのところはどうだった?(2010/11/29)

「Twitterは中国に100%自由な言論空間を与えた」――トップツイーター安替氏の視点
「国内での言論活動が制限されている」と言われる中国だが、一方でTwitterなどのメディアを駆使して、自由に情報発信しているネットユーザーたちが存在していることはあまり知られていない。国際大学GLOCOMが行ったシンポジウムでは、そんな先駆的ネットユーザーの1人である安替氏が中国のネット言論空間の実情について語った。(2010/10/26)

せかにゅ:
中国のiPhone 4は“検閲版”、ユーザーが報告
中国で発売されたiPhone 4は、Googleマップでインドとの領土係争地が中国領として表示されたり、検索を実行すると常にGoogle.cnに転送されるなど、政府の規制の影響を受けているようだ。(2010/9/30)

Google、中国政府がネット事業免許を更新したと発表
中国政府がGoogleの中国でのネット事業継続を認めた。(2010/7/12)

Google、中国版サイトのアプローチ変更 政府の圧力で
Googleは検閲対策として、中国版サイトから香港版サイトへユーザーを自動的にリダイレクトしていたが、中国政府がこの手法に難色を示したという。(2010/6/30)

セキュリティの匠たちが注目する3つのトレンド
エフセキュア主催のパネルディスカッションにセキュリティ分野で活躍する国内外の専門家が参加し、「脆弱性攻撃」「プライバシー」「企業セキュリティ」について熱い議論を交わした。(2010/6/14)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
「中国炎上地図」まで掲載しちゃう“政府系”新聞サイト
国家主席直々の指導でネット世論の動静に敏感な中国当局。その分析に積極的な「人民日報」のWebページに「え、これ大丈夫?」な調査結果が公開されている。(2010/5/14)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
Twitterが使えない中国からフォローされたでござる、の巻
多くの中国人からほとばしる本能が“ある”日本人女優のTwitterを盛り上げている。あれ? 中国ってTwitter使えるんだっけ?(2010/4/22)

Google、中国版サービスを事実上停止――営業拠点は維持
Google.cnへの訪問者を無検閲の香港版Googleに転送するという形で中国版Googleの自主検閲を撤廃した。(2010/3/23)

「Googleを襲った攻撃コード、作者は中国の専門家」の報道
中国政府の関与が疑われている昨年のGoogleへのサイバー攻撃で、中国のセキュリティコンサルタントが作成した攻撃コードが使われていたことが分かったと報じられている。(2010/2/23)

オルタナブログ通信:
Twitter流行に異議アリ?
約240人のブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は「Twitter」「携帯電話」「経済」をテーマに紹介しよう。(2010/2/5)

オルタナブログ通信:
離陸する電子書籍ビジネス
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約230人のブロガーが、日々ITにまつわる時事ネタなどを発信している。今週は「Google」「iPhone」「Twitter」「電子書籍」をテーマに紹介しよう。(2010/1/29)

Appleタブレット登場で高額アプリも花開く?
Appleがタブレットを発表すれば、大きな画面を活用した、複雑で価格が高めの新種のアプリケーションが登場するとアナリストらは予想している。(2010/1/26)

米国務長官、Google問題で中国に警告
クリントン長官は演説の中で、ネット規制は世界人権宣言に反するとし、Googleへのサイバー攻撃に関する「中国政府による徹底的な調査を期待する」と語った。(2010/1/22)

Aurora攻撃で株を上げるセキュリティベンダー
セキュリティ業界が大騒ぎになっているAurora攻撃。修正パッチはMicrosoftから間もなく提供される予定だが、この攻撃に対するセキュリティベンダーの姿勢の違いが興味深い。(2010/1/21)

Googleが中国市場から撤退すればAndroidはどうなる?
Googleが中国事業を閉鎖すれば、Android携帯の販売機会が大きく損なわれる恐れがある。だがオープンソースのAndroidには、中国で生き延びる道もあるとアナリストは言う。(2010/1/19)

中国の検閲に反対するGoogle――「Google邪悪論」は消えるか
Googleは中国の検閲に反対する姿勢を打ち出したことで、「Googleが邪悪になっている」という説を幾らか覆すことができたかもしれない。だが、同社が中国から撤退すれば、同社に依存していた中国ユーザーには邪悪と受け取られるだろう。(2010/1/19)

IEの脆弱性を狙うコードが出回る、Google攻撃にも利用
Google攻撃に使われたIEの脆弱性悪用コードがインターネットで公開され、攻撃拡大の恐れが強まった。(2010/1/18)

MicrosoftがIEの脆弱性を報告 IE 6狙った攻撃も
Microsoftが報告したIEのリモートコード実行の脆弱性は、Googleなどの企業を狙った中国のサイバー攻撃に利用されたものだ。(2010/1/15)

Googleへのサイバー攻撃はIEの脆弱性を悪用――McAfeeが調査
Googleに使われた悪質コードを調べたところ、IEの一般には知られていない脆弱性を突いたものが見つかったという。(2010/1/15)

Googleに対する標的型攻撃
Googleに続いてAdobeも、標的型攻撃、すなわちスパイ型トロイの木馬の攻撃に遭っていたことを明らかにした。今、何が起こっているのだろうか?(2010/1/14)

山谷剛史の「アジアンアイティー」:
Googleは撤退し百度はクラックされる──混迷する中国検索サイト事情
1月13日のGoogle公式ブログ発言に端を発する中国撤退騒動。結末はまだ見えてこないが、中国ユーザーの動揺と、同時に起きた百度トラブルを現地から速報する。(2010/1/14)

せかにゅ:
Googleがさっそく中国で検閲解除 中国政府はGoogleのブログを遮断
Googleが検閲中止を発表してから数時間後に、中国で禁止されているコンテンツを検索できるようになった。これに対して、中国政府はGoogleの公式ブログを遮断した。(2010/1/14)

Adobeもサイバー攻撃の標的に、ネットワークに組織的な攻撃か
Googleに続いてAdobeも、サイバー攻撃に遭っていたことを明らかにした。両社の事件の関連は不明だ。(2010/1/14)

Google、中国事業閉鎖の可能性 言論の自由の問題めぐり
Googleは「検閲は続けない」としており、中国語版検索エンジンや中国オフィスを閉鎖することもやむなしと考えているようだ。(2010/1/13)

Googleの中国法人社長カイ−フー・リー氏、退任へ
Googleが2005年にMicrosoftから引き抜いた中国法人社長が退任し、中国で起業すると発表した。(2009/9/7)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(9):
Netbookにも広まるAndroidで、かつてないWeb体験を
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Marketでの配布を目指しましょう(2009/9/3)

キングソフト、Googleと共同開発の無料辞書ソフト 翻訳機能も搭載
キングソフトが無料の辞書ソフトを公開した。中国本社とGoogle中国が共同開発したソフトの日本語版で、単語の意味や発音の確認、Google翻訳を使った翻訳などが可能だ。(2009/3/26)

Google、中国の大手ポータルSINAと提携
提携により、GoogleはSINAのサイトに検索エンジンや広告システムを提供。将来的には、ニュースやほかのコンテンツ分野へも提携を拡大する計画だ。(2007/6/12)

中国でオンラインゲームがはやる理由――中国ITビジネスの行方
現在では国内の常識が通用しない中国におけるソフトウェア事情。ショップ事情から見える今後のITビジネスの行方は? 事例から見る、現代版の傾向と対策を紹介しよう。(2007/6/1)

Baidu決算、売上高・利益とも2倍以上に
「中国のGoogle」Baidu.comの1〜3月期は、売上高は前年同期比103%増、純利益は同143%増と大幅な増収増益を達成した。(2007/4/28)

Google、中国でモバイル検索サービス提供へ――China Mobileと提携
Googleが中国の携帯通信業者China Mobileとの提携を発表。中国でのモバイル検索サービスの提供に乗り出す。(2007/1/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。