ニュース
» 2010年08月12日 16時11分 UPDATE

Googleマップに「不動産」モード 賃貸物件を検索可能に

Googleマップで賃貸物件の情報を検索できるようになった。

[宮本真希,ITmedia]
画像

 Google日本法人は8月12日、地図サービス「Googleマップ」で、賃貸物件を検索できる「不動産」モードを日本でも公開した。地図上から物件を選び、間取りや家賃などの詳細を確認できる。全国約100万件の情報を掲載した。

 検索オプションで「不動産」を選択すると物件の検索モードに。地名やスポット名、住所などの場所を表すキーワードを入力し、調べることができる。検索窓に、「不動産」「賃貸」といったキーワードと場所名を入力することで、調べることも可能だ。

 地図上に物件を赤い点で表示する。そこからさらに家賃や広さといった条件を指定し、絞り込める。赤い点をクリックして詳細画面に移動すると、間取りや家賃などを確認できるほか、ストリートビューへのリンクもあり、周囲の街並みを簡単に見られるようなっている。

画像 物件検索の結果に、周囲のコンビニの情報を重ねることも

 従来の物件検索サービスは、まず特定のエリアや路線を指定し、調べるのが一般的だが、Googleマップでは日本全体や都道府県といった広範囲から希望に合う物件を絞りこむ柔軟な探し方ができるのが特徴。コンビニや病院など近くにあったら便利な施設の場所をGoogleマップで調べ、物件検索結果に重ねることもできる。

 不動産情報サイト「The Earth」が、全国の物件データ約100万件を提供した。国内の賃貸市場では1日当たり約300万件の物件が流通しており、その3分の1をGoogleマップでカバーできる計算になるという。今後も物件情報を増やす計画で、The Earth以外からもデータを提供してもらえるよう、準備を進めている。

 契約済みの物件情報がGoogleマップから消えるまで現在は数日かかるが、近いうちに即時反映できるようになるとしている。

 Googleマップの物件検索機能は、米国やオーストラリア、インドなどですでに提供されており、日本は6カ国目。Googleでは、5回に1回、場所に関する言葉が検索されているなど、ローカル情報の検索ニーズが高く、今後も強化していく考えだ。

関連キーワード

物件 | Google | 地図 | Google Maps | 不動産 | 賃貸


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -